1926年1月14日の日食

1926年1月14日に起こった日食

1926年1月14日の日食は、1926年1月14日に観測された日食である。フランス領赤道アフリカ、ベルギー領コンゴ、英埃領スーダン、イギリス領ウガンダ、イギリス領ケニア、イタリア領ソマリランド、イギリス領セーシェル、オランダ領東インド、英領北ボルネオ、アメリカ領フィリピンで皆既日食が観測され、アフリカ中東部、アジア中南部及び以上の地域の周辺の一部で部分日食が観測された[1]

通過した地域 編集

皆既帯が通過した、皆既日食が見えた地域はフランス領赤道アフリカ(現在の中央アフリカ東部)、ベルギー領コンゴ(現在のコンゴ民主共和国)北東部、英埃領スーダン南端のごく小さい部分(現在の南スーダン南端)、イギリス領ウガンダ英語版(現在のウガンダ)北部、イギリス領ケニア英語版(現在のケニア)、イタリア領ソマリランド南端(現在のソマリア南端)、イギリス領セーシェル(現在のセーシェル)、オランダ領東インド(現在のインドネシア)のスマトラ南部とカリマンタン北部、英領北ボルネオ(現在マレーシア東マレーシア)南部、アメリカ領フィリピン英語版(現在のフィリピン)南部だった[2][3]

また、皆既日食が見えなくても、部分日食が見えた地域は北アフリカ東部、西アフリカ東部、中部アフリカ全部、南部アフリカ中北部、東アフリカ全部、ギリシャ南東部、西アジア中南部、南アジア中南部、中国南東の半分、朝鮮半島日本東南アジアオーストラリア北西の半分、メラネシア中西部、ミクロネシア西部だった[1][4]

観測 編集

オランダ王立芸術科学アカデミーは1924年春に委員会を設立し、1924年4月5日から皆既日食の観測について議論していた。オランダ領東インドのスマトラ島パレンバン北西部15キロ郊外を観測地として選び、他の観測隊も島の西部にある天気がもっと良く、皆既食の持続時間がもっと長いブンクルに派遣する計画だった。1925年11月10日、観測隊はフランスマルセイユで船に乗り、シンガポール経由で12月4日にパレンバンに着いた。パレンバン滞在の約6週間、天気は変わり続け、地元の天気データを事前に調べた隊員も意外だと感じた。1926年1月14日の皆既日食当日、朝は空に薄い雲があり、正午直前は雲が西の空を覆い、部分食の始まりの約30分前は通り雨が降り始め、その後は一旦天気が改善し、まもなく太陽が巻積雲に覆われた。皆既食の全段階で太陽が肉眼で雲を通して見えたが、コロナスペクトルの観測は結局全て失敗した。1月16日、観測隊は再び船に乗り、オランダ領東インドの行政所在地バタヴィア(現在のインドネシア首都ジャカルタ)に着いた。ほとんどの隊員はジャワ島とスマトラ島東部のデリ(現在のメダン)に数日滞在して船で帰途につき、2月14日にオランダに戻った。もう1人はジャワ島西部のボスカ天文台で南天の銀河を観測し、5月19日までジャワ島に滞在した[5]

脚注 編集

  1. ^ a b Fred Espenak. “Total Solar Eclipse of 1926 Jan 14”. NASA Eclipse Web Site. 2016年3月30日閲覧。
  2. ^ Fred Espenak. “Total Solar Eclipse of 1926 Jan 14 - Google Maps and Solar Eclipse Paths”. NASA Eclipse Web Site. 2016年3月30日閲覧。
  3. ^ Xavier M. Jubier. “Eclipse Totale de Soleil du 14 janvier 1926 - Cartographie Interactive Google (1926 January 14 Total Solar Eclipse - Interactive Google Map)”. 2016年3月30日閲覧。
  4. ^ Fred Espenak. “Catalog of Solar Eclipses (1901 to 2000)”. NASA Eclipse Web Site. 2016年3月30日閲覧。
  5. ^ J. van der Bilt, M. G. J. Minnaert, W. J. H. Moll, A. Pannekoek. “Report on the expedition to Sumatra for observing the total solar eclipse of 1926 Jan. 14th”. 2016年4月1日閲覧。