1979年のロードレース世界選手権

1979年の
FIMロードレース世界選手権
前年: 1978 翌年: 1980

1979年のロードレース世界選手権は、FIMロードレース世界選手権の第31回大会となる。

シーズン概要編集

500ccクラスを大きく様変わりさせたアメリカ人、ケニー・ロバーツは、そのロバーツを倒すべくコーナリング性能を高めてきたスズキのマシンをものともせずに、2年連続でタイトルを奪い取った。また、アメリカンライダーの隆盛のきっかけになる出来事としてランディ・マモラのデビューも印象的であった。

ディフェンディングチャンピオンのロバーツはシーズン前のテストで大怪我を負って開幕戦を欠場し、タイトル防衛が危ぶまれたが、第2戦には早くも復帰して勝利を飾り周囲を驚かせた。一方で彼のライバル達は不運に泣かされ続けていた。オーストリアGPでは予選でビル・ハートッグが腕を怪我し、ジョニー・チェコットは膝に深刻な負傷を負ってしまう。バリー・シーンはマシン・トラブルに悩まされ続けた。

イギリスGPでは、ロバーツがシーンに100分の3秒差で競り勝つという、近年稀に見るデッドヒートが繰り広げられた。また、この年はホンダ楕円ピストン4ストロークマシンNR500を擁して500ccクラスに復帰した年としても記憶される。

ベルギーGPでは、コースの安全性の問題に端を発し、FIMのレース運営に対する不満からトップライダーたちがレースをボイコットするという事態にまで発展した。トップライダーたちはこの後も団結し、シーズン終盤近くにはグランプリとは別の選手権である「ワールド・シリーズ」を立ち上げる構想を発表した。結局このワールド・シリーズ構想が実現することはなかったが、彼らのこの行動はFIMを動かし、レース運営におけるライダーの発言力を増すことに成功した。FIMは翌年以降、ライダーへの賞金を増加することを発表したのである。これらの出来事は、グランプリがよりプロフェッショナルなスポーツとして変革していくきっかけとなった。

カワサキコーク・バリントンは、前年に引き続いて350ccと250ccの両クラスでタイトルを獲得した。

125ccクラスのアンヘル・ニエトミナレッリのマシンで通算9度目のチャンピオンに輝いた。

50ccクラスでは、エウジーニョ・ラッツァリーニが出走した5レース全てに勝利してタイトルを獲得した。

グランプリ編集

Rd. GP サーキット 50ccクラス優勝 125ccクラス優勝 250ccクラス優勝 350ccクラス優勝 500ccクラス優勝
1   ベネズエラ サン・カルロス   A.ニエト   W.ヴィッラ   C.ラバード   B.シーン
2   オーストリア ザルツブルクリンク   A.ニエト   K.バリントン   K.ロバーツ
3   西ドイツ ホッケンハイム   G.ワイベル   A.ニエト   K.バリントン   J.エクロード   W.ハートッグ
4   イタリア イモラ   E.ラッツァリーニ   A.ニエト   K.バリントン   G.ハンスフォード   K.ロバーツ
5   スペイン ハラマ   E.ラッツァリーニ   A.ニエト   K.バリントン   K.バリントン   K.ロバーツ
6   ユーゴスラビア オパティヤ   E.ラッツァリーニ   A.ニエト   G.ロッシ   K.バリントン   K.ロバーツ
7   オランダ(ダッチTT) アッセン   E.ラッツァリーニ   A.ニエト   G.ロッシ   G.ハンスフォード   V.フェラーリ
8   ベルギー[1] スパ   H.v.Kessel   B.スミス   E.Stoellinger   D.アイルランド
9   スウェーデン カールスコーガ   P.P.ビアンキ   G.ロッシ   B.シーン
10   フィンランド イマトラ   R.トルモ   K.バリントン   G.ハンスフォード   B.v.ドルメン
11   イギリス シルバーストン   A.ニエト   K.バリントン   K.バリントン   K.ロバーツ
12   チェコスロバキア ブルノ   G.ベルタン   K.バリントン   K.バリントン
13   フランス ル・マン   E.ラッツァリーニ   G.ベルタン   K.バリントン   P.フェルナンデス   B.シーン

最終成績編集

500ccクラスランキング編集

順位 ライダー 車両 VEN
 
AUT
 
GER
 
ITA
 
ESP
 
YUG
 
HOL
 
BEL
 
SWE
 
FIN
 
GBR
 
FRA
 
ポイント
1   ケニー・ロバーツ ヤマハ 1 2 1 1 1 8 DNS 4 6 1 3 113
2   バージニオ・フェラーリ スズキ 2 2 3 2 4 2 1 DNS Ret 15 4 Ret 89
3   バリー・シーン スズキ 1 12 Ret 4 Ret Ret 2 DNS 1 3 2 1 87
4   ビル・ハートッグ スズキ Ret 3 1 Ret 2 4 3 DNS Ret 10 3 18 66
5   フランコ・ウンチーニ スズキ 4 6 6 Ret 5 3 6 DNS Ret Ret 7 4 51
6   ブット・ファン・ドルメン スズキ Ret Ret Ret 6 5 4 DNS 3 1 5 Ret 50
7   ジャック・ミドルブルグ スズキ 15 7 7 7 Ret 7 DNS 2 4 Ret 36
8   ランディ・マモラ スズキ 13 DNS 6 2 Ret 2 29
9   フィリップ・クーロン スズキ Ret 5 8 8 Ret 5 DNS Ret 8 8 6 29
10   トム・ヘロン スズキ 3 4 Ret 3 DNS 28
11   クリスチャン・サロン ヤマハ 7 8 Ret 7 9 DNS 9 5 6 Ret 26
12   スティーヴ・パリッシュ スズキ Ret 7 9 11 11 9 10 DNS 5 11 Ret 7 19
13   マイク・ボールドウィン スズキ 14 10 5 3 17
14   デニス・アイルランド スズキ 10 18 11 Ret 17 15 1 Ret Ret Ret Ret 16
15   ミシェル・ルージュリー スズキ 5 Ret Ret 9 6 Ret DNS Ret Ret Ret 8 16
16   ベルナール・フォウ スズキ 11 4 6 Ret Ret DNS 13
17   ケニー・ブレーク ヤマハ 2 Ret 12
18   マルコ・ルッキネリ スズキ 9 Ret Ret 10 Ret Ret DNS 7 8 9 Ret 11
19   ゲーリー・リングハム スズキ 3 Ret 10
20   ジョニー・チェコット ヤマハ Ret Ret Ret Ret DNS Ret 7 Ret 5 10
21   グスタフ・レイナー スズキ 20 Ret Ret DNQ 4 Ret Ret Ret 8
22   ヘンク・デ・フリース スズキ 13 13 Ret 5 18 12 6
23   河崎裕之 スズキ 5 Ret DNS Ret 6
24   ゲルハルト・フォークト スズキ 8 Ret 14 14 17 8 14 DNQ 16 6
25   ロベルト・ピエトリ スズキ 6 Ret 15 5
26   ヨセフ・ヘーグ スズキ 6 Ret Ret 5
27   ジャッキー・マターニュ スズキ 7 4
28   マックス・ヴィーナー スズキ 8 Ret 12 10 Ret DNQ Ret 16 Ret 4
29   カルロ・ペルジーニ スズキ Ret Ret Ret 8 DNS 11 Ret 3
30   高井幾次郎 ヤマハ Ret 14 DNS 8 Ret Ret 3
31   グラツィアーノ・ロッシ モルビデリ Ret 9 Ret Ret 12 DNQ Ret Ret Ret Ret 2
32   セルジオ・ペランディニ スズキ 9 17 15 18 DNS Ret 2
33   ジョン・ウッドレイ スズキ Ret 9 2
34   ギ・クーアマン スズキ 9 2
35   セッポ・ロッシ スズキ 22 15 Ret 12 Ret DNQ 10 Ret Ret 11 1
36   ジョヴァンニ・ペルティエ スズキ Ret Ret 10 12 15 DNS Ret Ret 1
37   ペーター・ショーストロム スズキ 17 Ret DNQ Ret 14 Ret Ret 13 13 10 1
38   マイク・グラント スズキ Ret 10 Ret 1
39   ジョン・ニューボールド スズキ DNQ 10 1
40   ディーター・ハイネン ヤマハ 10 1
41   ジャンニ・ローランド スズキ Ret Ret Ret Ret 11 DNS 12 14 0
42   レナート・バックストロム スズキ Ret 11 Ret Ret Ret 0
43   フランク・グロス スズキ 11 DNS Ret 0
44   アラン・ノース ヤマハ / スズキ 16 12 0
45   エルマー・レンネ スズキ Ret 12 DNS 0
46   マルク・マティカイネン スズキ Ret 12 0
47   ヴィレム・ゾエ スズキ 13 Ret DNS 13 Ret 19 0
48   アレックス・ジョージ スズキ / カジバ-スズキ 13 Ret 13 Ret DNS Ret 0
49   エルブ・ギュイ Buton 13 0
50   ヴェルナー・ネニング スズキ 14 Ret 0
51   スティーヴ・ワード スズキ 14 0
52   ハンス=オットー・ビューテヌス スズキ 15 0
=   キース・ヒューウェン ヤマハ 15 0
54   マックス・ノシガー スズキ 16 16 0
=   ラッファエーレ・パスカル スズキ 16 16 0
56   ペーター・スコルド スズキ Ret 16 0
57   ディック・アルブラス スズキ 16 0
58   ジョージ・フォガティ スズキ 17 0
=   アラン・ロスリスベルガー スズキ 17 0
=   ヒューベルト・シーファーレック スズキ 17 0
61   ボッセ・グラナス ヤマハ Ret 18 DNQ 0
62   ユルゲン・スタイナー スズキ 19 DNQ Ret 0
63   ディディエ・デ・ラディゲス スズキ / ヤマハ 19 Ret 0
64   コラード・ツージ スズキ DNQ 19 0
65   キン・ウォン・コン スズキ 19 0
66   ヨッヘン・シュミット スズキ 23 20 0
67   ミシェル・ラステル スズキ 20 0
=   ミハエル・シュミット スズキ 20 0
69   カルロス・デ・サン・アントニオ スズキ Ret 21 DNS 0
70   リヒャルト・シュルツ スズキ 21 0
=   ステファノ・ボネッティ スズキ 21 0
-   ボルグ・ニールセン スズキ Ret Ret Ret Ret NEL Ret Ret 0
-   レアンドロ・ベチェローニ ヤマハ / スズキ Ret Ret 0
-   ロレンツォ・ギゼッリ スズキ Ret Ret 0
-   トニー・ヘッド ヤマハ Ret Ret 0
-   セッポ・オヤラ スズキ Ret Ret 0
-   カルロ・プラティ スズキ Ret Ret 0
-   トニー・ガルシア スズキ Ret DNS DNQ DNQ 0
-   オリヴィエ・シュヴァリエ ヤマハ Ret DNS 0
-   エディ・グラント スズキ Ret DNQ 0
-   サンドロ・モロ スズキ Ret DNQ 0
-   ティモ・ポーヨラ スズキ DNQ Ret 0
-   デイヴ・ポッター ヤマハ DNQ Ret 0
-   グレッグ・バルスドルフ スズキ Ret 0
-   ジョン・エクロード ヤマハ Ret 0
-   クリス・フィスカー スズキ Ret 0
-   ロン・ハスラム ホンダ Ret 0
-   片山敬済 ホンダ Ret 0
-   キモ・コプラ ヤマハ Ret 0
-   オッド・アルネ・ランデ スズキ Ret 0
-   カルロ・パガニーニ スズキ Ret 0
-   エリック・ビヨルン・ポールゼン スズキ Ret 0
-   ルイジ・リモルディ パトン Ret 0
-   トニー・ラター スズキ Ret 0
-   ハンス・ショーファー ヤマハ Ret 0
-   ロッド・サイヴィヤー ホンダ Ret 0
-   マックス・スタイナー スズキ Ret 0
-   ケヴィン・ストウ スズキ Ret 0
-   ピエト・ヴァン・デル・ヴァル ヤマハ Ret 0
-   ラッセル・ウッド スズキ Ret 0
-   スタン・ウッズ スズキ Ret 0
-   オリビエ・リエジョワ ヤマハ DNS 0
-   アラン・ニーズ ヤマハ DNS 0
-   浅見貞男 ヤマハ DNQ 0
-   フェリペ・シャルタン スズキ DNQ 0
-   エティエンヌ・ゲーラルド ヤマハ DNQ 0
-   スティーヴ・マンシップ スズキ DNQ 0
-   グレゴリオ・マリアーニ スズキ DNQ 0
-   ロジャー・マーシャル スズキ DNQ 0
-   Mullender ヤマハ DNQ 0
-   Oosterijk スズキ DNQ 0
-   エジド・シュヴェマー ヤマハ DNQ 0
-   バリー・ウッドランド ヤマハ DNQ 0
順位 ライダー 車両 VEN
 
AUT
 
GER
 
ITA
 
ESP
 
YUG
 
HOL
 
BEL
 
SWE
 
FIN
 
GBR
 
FRA
 
ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字ポールポジション
斜体:ファステストラップ

350ccクラスランキング編集

順位 ライダー 車番 国籍 マシン ポイント 勝利数
1   コーク・バリントン 1 南アフリカ カワサキ 99 5
2   パトリック・フェルナンデス フランス ヤマハ 90 1
3   グレッグ・ハンスフォード 3 オーストラリア カワサキ 77 3
4   アントン・マンク 16 西ドイツ カワサキ 64 0
5   Michel Frutschi スイス ヤマハ 47 0
6   ミシェル・ルージュリー 6 フランス ヤマハ 47 0
7   ローラント・フライモント 27 スイス ヤマハ 40 0
8   ジャン・エクロード 4 南アフリカ ヤマハ 34 1
9   浅見貞男 日本 ヤマハ 27 0
10   ジェフ・セイル オーストラリア ヤマハ 24 0

250ccクラスランキング編集

順位 ライダー 車番 国籍 マシン ポイント 勝利数
1   コーク・バリントン 1 南アフリカ カワサキ 141 7
2   グレッグ・ハンスフォード 2 オーストラリア カワサキ 81 0
3   グラツィアーノ・ロッシ イタリア モリビデリ 67 3
4   ランディ・マモラ アメリカ ヤマハ 64 0
5   パトリック・フェルナンデス 3 フランス ヤマハ 63 0
6   アントン・マンク 5 西ドイツ カワサキ 56 0
7   ウォルター・ヴィッラ 16 イタリア ヤマハ 39 1
8   ジャン=フランソワ・バルデ 13 フランス カワサキ 29 0
9   Edi Stöllinger オーストリア カワサキ 28 1
10   ローラント・フライモント 22 スイス ヤマハ 22 0

125ccクラスランキング編集

順位 ライダー 車番 国籍 マシン ポイント 勝利数
1   アンヘル・ニエト 2 スペイン ミナレッリ 120 8
2   マウリツィオ・マッシミアーニ 6 イタリア MBA 53 0
3   ハンス・ミューラー 7 スイス MBA 50 0
4   ティエリー・エスピエ 5 フランス モトベカン 48 0
5   ゲルト・ベンダー 西ドイツ GBベンダー 47 0
6   ギィ・ベルタン フランス モトベカン 40 2
7   リカルド・トルモ 8 スペイン ブルタコ 39 1
8   Harald Bartol 4 オーストリア モリビデリ 36 0
9   ブルーノ・クノイビューラー スイス MBA 36 0
10   ピエール・パオロ・ビアンキ 3 イタリア ミナレッリ 35 1

50ccクラスランキング編集

順位 ライダー 車番 国籍 マシン ポイント 勝利数
1   エウジーニョ・ラッツァリーニ 2 イタリア クライドラー 75 5
2   ロルフ・ブラッター 5 スイス クライドラー 62 0
3   パトリック・プリッソン 3 フランス ABF 32 0
4   ゲルハルト・ワイベル 西ドイツ クライドラー 31 1
5   Peter Looijensteijn 8 オランダ クライドラー 30 0
6   ハーゲン・クライン 17 西ドイツ クライドラー 26 0
7   ヘンク・バン・ケッセル 12 オランダ クライドラー 23 1
8   Jacques Hutteau フランス クライドラー 27 0
9   インゴ・エメリッヒ 西ドイツ クライドラー 8 0
10   ステファン・ドルフリンガー スイス クライドラー 6 0

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ コースの安全性の問題により、トップライダーはベルギーGPをボイコットした。

外部リンク編集