メインメニューを開く

1979年の西武ライオンズでは、1979年の西武ライオンズにおける動向をまとめる。

1979年の西武ライオンズ
成績
パシフィック・リーグ6位
45勝73敗12分 勝率.381[1]
本拠地
都市 埼玉県所沢市
球場
西武ライオンズ球場
Seibukyujo-931023-1.jpg
球団組織
オーナー 堤義明
経営母体 西武鉄道
監督 根本陸夫
« 1978
1980 »

1979年の西武ライオンズは、ライオンズが福岡野球(スポンサーはクラウンライター)から国土計画西武グループ)に身売りされ、所沢に移転した1年目のシーズンであり、根本陸夫監督の2年目のシーズンである。

目次

概要編集

クラウンライターは1977年のドラフト会議で、江川卓の指名権を獲得しており、球団買収時点で独占交渉期限が残っていたことから、西武は買収直後から江川獲得に攻勢をかけた。しかし、最終的にはいわゆる空白の一日により、江川は巨人に入団した。

その後も、西武は積極的なチーム改編を進め、阪神から田淵幸一古沢憲司真弓若菜竹之内とトレード)、ロッテから野村克也(自由契約)・山崎裕之倉持古賀とトレード)を獲得した。さらに、ドラフト会議で4球団指名の森繁和の獲得に成功、江川事件によりドラフトに参加しなかった巨人がドラフト外での獲得を狙った松沼兄弟(博久雅之)の獲得にも成功し[2]、チーム編成を一新した[3]。 しかし、チームは開幕から引き分けを挟んだ12連敗を喫し、前期を6位、後期を5位と低迷した[1][4]

この年から松崎しげるによる新球団歌「地平を駈ける獅子を見た」が採用された。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー[5]
1 マルーフ
2 山村善則
3 土井正博
4 田淵幸一
5 ミューサー
6 野村克也
7 金城致勲
8 立花義家
9 伊原春樹
投手 東尾修
1979年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 近鉄 -- 近鉄 -- 近鉄 --
2位 日本ハム 3.0 阪急 7.0 阪急 1.0
3位 阪急 3.5 日本ハム 7.5 日本ハム 6.0
4位 ロッテ 5.0 ロッテ 13.5 ロッテ 14.0
5位 南海 7.5 南海 15.0 南海 18.0
6位 西武 11.0 西武 23.0 西武 21.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 日本ハム 3.5 ロッテ 3.5 近鉄 2.0
3位 南海 日本ハム 4.5 ロッテ 6.5
4位 ロッテ 4.0 近鉄 7.0 日本ハム 9.0
5位 近鉄 4.5 南海 7.5 西武 9.5
6位 西武 5.5 西武 10.5 南海 12.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 39 19 7 .672 --
2位 阪急ブレーブス 39 21 5 .650 1.0
3位 日本ハムファイターズ 34 26 5 .567 6.0
4位 ロッテオリオンズ 26 34 5 .433 14.0
5位 南海ホークス 23 39 3 .371 18.0
6位 西武ライオンズ 18 40 7 .310 21.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 36 23 6 .610 --
2位 近鉄バファローズ 35 26 4 .574 2.0
3位 ロッテオリオンズ 29 29 7 .500 6.5
4位 日本ハムファイターズ 29 34 2 .460 9.0
5位 西武ライオンズ 27 33 5 .450 9.5
6位 南海ホークス 23 34 8 .404 12.0
1979年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 74 45 11 .622
2位 阪急ブレーブス 75 44 11 .630
3位 日本ハムファイターズ 63 60 7 .512
4位 ロッテオリオンズ 55 63 12 .466
5位 南海ホークス 46 73 11 .387
6位 西武ライオンズ 45 73 12 .381

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定 [1]

できごと編集

選手・スタッフ編集

オールスターゲーム1979編集

選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
投手 松沼博久
捕手 田淵幸一 10
外野手 土井正博 15
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。

表彰選手編集

リーグ・リーダー
選手名 タイトル
松沼博久 新人王
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 鴻野淳基 内野手 名古屋電気高 入団
2位 田鎖博美 投手 盛岡工業高 入団
3位 大石友好 捕手 河合楽器 入団
4位 蓬莱昭彦 外野手 西南学院大学 入団

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 年度別成績 1979年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2015年8月2日閲覧。
  2. ^ 【8月23日】1983年(昭58) 指揮官はおカンムリも西武の仲良し兄弟合わせて100勝達成”. スポニチアネックス (2008年8月23日). 2015年8月4日閲覧。
  3. ^ Number PLUS 20世紀スポーツ最強伝説③p54
  4. ^ 西武屈辱36年ぶり11連敗 引き分け無しでは初”. 日刊スポーツ (2015年8月3日). 2015年8月3日閲覧。
  5. ^ 『読売新聞』1979年4月8日付朝刊、14版、16面
  6. ^ a b c d 日付は公示日。ベースボール・マガジン社刊「ライオンズ60年史―獅子の記憶ー「西鉄」から「埼玉西武」まで」116-117ページ
  7. ^ 『読売新聞』1979年4月15日付朝刊、14版、16面
  8. ^ 『読売新聞』1979年4月25日付朝刊、14版、16面
  9. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」147ページ
  10. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」1077-1082ページ
  11. ^ 西武ライオンズ公式HP 背番号の歴史”. 埼玉西武ライオンズ. 2015年8月2日閲覧。