メインメニューを開く

1992年バルセロナオリンピックの野球競技・アメリカ合衆国代表

1992年バルセロナオリンピックの野球競技・アメリカ合衆国代表は、1992年7月26日から8月5日までスペインバルセロナ県ロスピタレート・デ・リョブレガート市内にあるカンプ・ミュニシパル・フェイシャ・リャルガとバルセロナ県ビラデカンス市内にあるカンプ・ミュニシパル・デ・ベイスボル・デ・ビラデカンスで開催されたバルセロナオリンピック野球競技に出場した野球アメリカ合衆国代表である。

プロ選手の参加は認められていなかったため、30年もの長期に渡ってマイアミ大学野球部のヘッドコーチを務めたロン・フレイザーを代表監督に擁し、大学生のみで編成された。大学野球では金属バットが使用されていた。予選リーグでは7戦中2戦で完封による7回コールドゲームを達成し、キューバ日本以外には全勝の5勝2敗で予選リーグを突破した。準決勝ではキューバに再び敗れた。3位決定戦でも日本に再び敗れ、4位に終わった。

目次

試合結果編集

4位(大会通算成績:5勝4敗)

予選リーグ編集

  • 7月26日 ゲーム4、試合開始時刻:18:00
  スペイン(1敗) 1 - 4   アメリカ合衆国(1勝)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカ合衆国 1 0 2 1 0 0 0 0 0 4 5 0
スペイン 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 3 2
  1. : アルキル(1勝)  : カノ(1敗)  S: カークライト(1S)  
  • 7月27日 ゲーム6、試合開始時刻:15:00
  チャイニーズタイペイ(1勝1敗) 9 - 10   アメリカ合衆国(2勝)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカ合衆国 0 3 0 0 3 1 3 0 0 10 14 1
チャイニーズタイペイ 0 0 0 4 0 1 4 0 0 9 9 1
  1. : ビローン(1勝)  : 蔡明宏(1敗)  S: ドライフォート(1S)  
  • 7月28日 ゲーム9、試合開始時刻:15:00
  アメリカ合衆国(3勝) 10 - 0(8回コールド)   イタリア(3敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 R H E
イタリア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 4
アメリカ合衆国 1 0 1 0 1 1 5 5 10 15 1
  1. : ウォレス(1勝)  : チェッカロリ(1敗)  
  • 7月29日 ゲーム15、試合開始時刻:21:00
  キューバ(4勝) 9 - 6   アメリカ合衆国(3勝1敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカ合衆国 5 0 0 0 0 0 1 0 0 6 9 5
キューバ 0 0 4 2 0 3 0 0 - 9 13 4
  1. : アヘテ(1勝)  : カークライト(1敗1S)  
  • 7月31日 ゲーム20、試合開始時刻:21:00
  アメリカ合衆国(4勝1敗) 2 - 8   プエルトリコ(2勝3敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
プエルトリコ 0 1 0 0 1 0 0 0 0 2 15 3
アメリカ合衆国 3 0 3 0 0 0 1 1 - 8 9 1
  1. : グリーン(1S)  : センセール(2敗)  S: ドライフォート(2S)  
  • 8月1日 ゲーム24、試合開始時刻:21:00
  アメリカ合衆国(5勝1敗) 10 - 0(7回コールド)   ドミニカ共和国(1勝5敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
ドミニカ共和国 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3
アメリカ合衆国 0 3 0 1 4 1 1 10 11 1
  1. : アルキー(2勝)  : ノバ(3敗)  
  • 8月2日 ゲーム27、試合開始時刻:21:00
  アメリカ合衆国(5勝2敗) 1 - 7   日本(5勝2敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本 0 1 0 0 0 4 1 0 1 7 14 0
アメリカ合衆国 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 7 0
  1. : 杉浦(1勝)  : ウォレス(1勝1敗)  

準決勝編集

  • 8月4日 試合開始時刻:21:00
  キューバ(8勝) 6 - 1   アメリカ合衆国(5勝3敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカ合衆国 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 7 1
キューバ 0 0 0 1 1 2 0 2 - 6 11 1
  1. : フェルナンデス(2勝)  : ヘリング(1敗)  S: アヘテ(1勝1S)  

3位決定戦編集

  • 8月5日 試合開始時刻:15:00
  アメリカ合衆国(5勝4敗) 3 - 8   日本(6勝3敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本 0 4 0 0 0 4 0 0 0 8 14 1
アメリカ合衆国 0 0 0 2 1 0 0 0 0 3 6 2
  1. : 杉浦(2勝1敗)  : ビローン(1勝1敗)  

出場選手編集

野手スタメンまたは途中出場の試合数、投手先発またはリリーフ登板の試合数を記載。

ポジション 背番号 氏名 所属大学 備考 起用法
監督 ロン・フレイザー --- -- --
コーチ ブラッド・ケリー --- -- --
デーブ・スノウ --- -- --
ジェリー・ワインスタイン --- -- --
投手 20 B.J.ウォレス ミシシッピ州立大学 先×2、リ×1
25 ウィリー・アダムズ スタンフォード大学 リ×2
29 ロン・ビローン マサチューセッツ大学アマースト校 先×3
31 クリス・ロバーツ フロリダ州立大学 リ×3
32 リック・グリーン ルイジアナ州立大学 リ×5
34 リック・ヘリング スタンフォード大学 先×2
35 ジェフ・アルキル マイアミ大学 先×2
36 ダロン・カークレイト カリフォルニア大学リバーサイド校 リ×2
37 ダレン・ドライフォート ウィチタ州立大学 リ×5
捕手 30 ジェイソン・バリテック ジョージア工科大学 ス×3、途×3
42 チャールズ・ジョンソン マイアミ大学 ス×6
内野手 5 ノマー・ガルシアパーラ ジョージア工科大学 ス×6、途×1
8 クリス・ウィマー ウィチタ州立大学 ス×9
11 クレイグ・ウィルソン カンザス州立大学 ス×3、途×2
21 ジェイソン・ジアンビ カリフォルニア州立大学ロングビーチ校 ス×9
23 フィル・ネビン カリフォルニア州立大学フラトン校 ス×9
外野手 7 カルビン・マレー テキサス大学オースティン校 ス×9
12 ジェフリー・ハモンズ スタンフォード大学 ス×9
19 マイケル・タッカー ロングウッド大学 ス×9
38 チャド・マッコーネル クレイトン私立大学 ス×9

外部リンク編集