メインメニューを開く

野球アメリカ合衆国代表

野球アメリカ合衆国代表(やきゅうアメリカがっしゅうこくだいひょう)は、アメリカにおける野球ナショナルチーム

野球アメリカ合衆国代表
George W. Bush with US baseball team at 2008 Summer Olympics 2008-08-11.jpg
国または地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
協会 アメリカ野球協会
監督 アメリカ合衆国の旗 ジム・リーランド
WBSC世界ランキング {{{WBSC世界ランキング}}}
オリンピック
出場回数 6回 (初出場は1984年)
最高成績 金メダル (1988年2000年)
ワールド・ベースボール・クラシック (WBC)
出場回数 4回 (初出場は2006年)
最高成績 優勝 (2017年)
WBSCプレミア12
出場回数 1回 (初出場は2015年)
最高成績 準優勝 (2015年)
ワールドカップ
出場回数 24回 (初出場は1938年)
最高成績 優勝 (1973年・1974年・2007年2009年)
インターコンチネンタルカップ
出場回数 12回 (初出場は1973年)
最高成績 優勝 (1975年・1981年)
パンアメリカン競技大会
出場回数 15回 (初出場は1951年)
最高成績 優勝 (1967年)
  

かつては大学生中心でチーム編成をしていた。国際大会においてプロ選手の参加が解禁されてからは、マイナーリーグ独立リーグの選手中心で編成されている。ワールド・ベースボール・クラシックが開催してからは、MLBでプレーするメジャーリーガーが参加している。

目次

概説編集

野球アメリカ代表は、夏季オリンピックで1回、WBCで1回、IBAFワールドカップで4回、IBAFインターコンチネンタルカップで2回の優勝を誇る強豪国である。

プロ選手の参加が初めて認められた2000年シドニーオリンピックでは、元ロサンゼルス・ドジャース監督のトミー・ラソーダが指揮を執り、金メダルを獲得した。しかし2004年アテネオリンピックは大陸予選で敗退し、本大会出場はならなかった。

2006年に初めて開催されたワールド・ベースボール・クラシックに出場。だが、2次リーグで日本は破ったものの、韓国メキシコに連敗を喫して敗退した。

2008年に開催された北京オリンピックは3位で通過した。準決勝でキューバに敗れるも3位決定戦で日本に勝ち銅メダルを獲得した。

2009年第2回WBCでは準決勝で日本に敗れ、4位となった。

2013年第3回WBCでは2次ラウンドでドミニカ共和国プエルトリコに敗れ、2次ラウンド敗退となった。

2015年7月の2015年パンアメリカン競技大会における野球競技に男女で出場した。男子は決勝戦でカナダに敗れ2位となり[1]、女子は優勝を果たした。8月から9月にかけては2015 WBSC U-18ワールドカップに出場している。11月には2015 WBSCプレミア12に出場し、決勝で韓国に敗れ準優勝だった。

2017年3月に開催された第4回WBCでは、準決勝で日本を下し、決勝ではプエルトリコを破り初優勝を果たした[2]

国際大会編集

ワールド・ベースボール・クラシック編集

大会 開催年 結果 監督 代表 大会詳細
1 2006年 第2ラウンド敗退   バック・マルティネス 代表メンバー 大会詳細
2 2009年 ベスト4   デービー・ジョンソン 代表メンバー 大会詳細
3 2013年 第2ラウンド敗退   ジョー・トーリ 代表メンバー 大会詳細
4 2017年   優勝   ジム・リーランド 代表メンバー 大会詳細

オリンピック編集

大会 開催年 結果 監督 代表 大会詳細
1 1984年 2  銀メダル   不明 代表メンバー 大会詳細
2 1988年 1  金メダル   不明 代表メンバー 大会詳細
3 1992年 4位   ロン・フレイザー 代表メンバー 大会詳細
4 1996年 3  銅メダル   スキップ・バートマン 代表メンバー 大会詳細
5 2000年 1  金メダル   トミー・ラソーダ 代表メンバー 大会詳細
6 2004年 予選敗退   フランク・ロビンソン - 大会詳細
7 2008年 3  銅メダル   デービー・ジョンソン 代表メンバー 大会詳細

WBSCプレミア12編集

大会 開催年 結果 監督 代表 大会詳細
1 2015年 2  銀メダル   ウィリー・ランドルフ 代表メンバー 大会詳細

ワールドカップ編集

大会 開催年 結果 監督 大会詳細
1 1938年 2  銀メダル   レス・マン -
2 1939年 3  銅メダル - -
3 1940年 2  銀メダル - -
4 1941年 6位 - -
5 1942年 5位 - -
17 1969年 2  銀メダル - -
18 1970年 2  銀メダル   ジャック・スターリングス -
20 1972年 2  銀メダル - -
22 1973年 1  金メダル   ジャック・スターリングス -
23 1974年 1  金メダル - -
24 1976年 不参加
25 1978年 2  銀メダル   トム・チャンドラー -
26 1980年 4位 - -
27 1982年 3  銅メダル - -
28 1984年 3  銅メダル   ロッド・デドゥー -
29 1986年 4位   ボブ・ベネット -
30 1988年 2  銀メダル   マーク・マルケス 大会詳細
31 1990年 7位   ジム・モリス 大会詳細
32 1994年 8位   チャック・アンダーソン 大会詳細
33 1998年 8位   ロン・ポーク 大会詳細
34 2001年 2  銀メダル   テリー・フランコーナ 大会詳細
35 2003年 5位   マーティ・スコット 大会詳細
36 2005年 7位   デービー・ジョンソン 大会詳細
37 2007年 1  金メダル 大会詳細
38 2009年 1  金メダル   エディ・ロドリゲス 大会詳細
39 2011年 4位   アーニー・ヤング 大会詳細

インターコンチネンタルカップ編集

大会 開催年 結果 監督 大会詳細
1 1973年 3  銅メダル   ジャック・スターリングス -
2 1975年 1  金メダル   ディック・バークィスト -
3 1977年 2  銀メダル - -
4 1979年 3  銅メダル - -
5 1981年 1  金メダル - -
6 1983年 2  銀メダル   ボブ・ベネット -
7 1985年 6位   デュアン・バンクス -
8 1987年 2  銀メダル   ロン・フレイザー -
9 1989年 6位 - -
10 1993年 2  銀メダル   ジョン・アンダーソン -
11 1995年 不参加
12 1997年 4位   ボブ・ミラノ 大会詳細
13 1999年 4位   マイク・クワーディ 大会詳細
14 2002年 不参加
15 2006年 不参加
16 2010年 不参加

パンアメリカン競技大会編集

大会 開催年 結果 監督 代表 大会詳細
1 1951年 2  銀メダル - -
2 1955年 2  銀メダル - -
3 1959年 3  銅メダル   J. カイル・アンダーソン -
4 1963年 2  銀メダル   アーチー・アレン -
5 1967年 1  金メダル   マーティ・カロー -
6 1971年 2  銀メダル   チャック・ブレイトン -
7 1975年 2  銀メダル - -
8 1979年 4位 - -
9 1983年 3  銅メダル   ボブ・ベネット -
10 1987年 2  銀メダル   ロン・フレイザー -
11 1991年 3  銅メダル - -
12 1995年 9位 - -
13 1999年 2  銀メダル   バディ・ベル -
14 2003年 2  銀メダル - - 大会詳細
15 2007年 2  銀メダル   マイク・ウェザーズ - 大会詳細
16 2011年 2  銀メダル   アーニー・ヤング - 大会詳細
17 2015年 2  銀メダル   ジム・トレーシー 代表メンバー 大会詳細

ハーレムベースボールウィーク編集

大会 開催年 結果 大会詳細
12 1982年 1  金メダル -
20 2000年 1  金メダル -
21 2002年 1  金メダル -
23 2006年 3  銅メダル 大会詳細
24 2008年 1  金メダル 大会詳細
26 2012年 3  銅メダル 大会詳細
27 2014年 1  金メダル 大会詳細

ワールドポート・トーナメント編集

大会 開催年 結果 大会詳細
11 2007年 3  銅メダル 大会詳細

ユニバーシアード編集

大会 開催年 結果 大会詳細
1 1993年 5位 -
2 1995年 4位 -
3 2015年 4位 大会詳細

世界大学野球選手権大会編集

大会 開催年 結果 大会詳細
1 2002年 2  銀メダル 大会詳細
2 2004年 1  金メダル 大会詳細
3 2006年 1  金メダル 大会詳細
4 2008年 1  金メダル 大会詳細
5 2010年 2  銀メダル 大会詳細

WBSC U-18ワールドカップ編集

大会 開催年 結果 代表 大会詳細
1 1981年 2  銀メダル -
2 1982年 1  金メダル -
3 1983年 2  銀メダル -
4 1984年 2  銀メダル -
5 1985年 2  銀メダル -
6 1986年 3  銅メダル -
7 1987年 2  銀メダル -
8 1988年 1  金メダル -
9 1989年 1  金メダル -
10 1990年 3  銅メダル -
11 1991年 3  銅メダル -
12 1992年 2  銀メダル -
13 1993年 2  銀メダル -
14 1994年 2  銀メダル -
15 1995年 1  金メダル -
16 1996年 3  銅メダル -
17 1997年 3  銅メダル -
18 1999年 1  金メダル -
19 2000年 2  銀メダル -
20 2002年 3  銅メダル -
21 2004年 4位 - 大会詳細
22 2006年 2  銀メダル - 大会詳細
23 2008年 2  銀メダル - 大会詳細
24 2010年 5位 - 大会詳細
25 2012年 1  金メダル - 大会詳細
26 2013年 1  金メダル - 大会詳細
27 2015年 1  金メダル 代表メンバー 大会詳細

歴代監督編集

歴代代表選手編集

脚注編集

  1. ^ Costly errors sink U.S., Canada wins Pan Am baseball gold in wild final Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) (2015年7月19日) 2015年7月21日閲覧
  2. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集