1997年世界柔道選手権大会

柔道の国際大会

1997年世界柔道選手権大会(第20回世界柔道選手権大会)はフランスパリ1997年10月9日から10月12日まで開催された。

メダリスト編集

男子編集

階級
60kg以下級   野村忠宏   ゲオルギ・レワジシビリ   フルビオ・ミヤタ
  セドリック・タイマンス
65kg以下級   金赫   ラルビ・ベンブダウ   ゲオルギ・ワザガシビリ
  ビクトル・ビボル
71kg以下級   中村兼三   クリストフ・ガグリアーノ   ギリェルメ・ベンテス
  フセヴォロドス・ゼリョニース
78kg以下級   趙麟徹   ジャメル・ブーラ   クァク・オクチョル
  パトリック・ライター
86kg以下級   全己盈   マルコ・スピットカ   ブライアン・オルソン
  ミケーレ・モンティ
95kg以下級   パウエル・ナツラ   アウレリオ・ミゲル   中村佳央
  ジスラン・ルメール
95kg超級   ダビド・ドゥイエ   篠原信一   タメルラン・トメノフ
  潘松
無差別級   ラファウ・クバツキ   真喜志慶治   デニス・ファンデルヘースト
  ハリー・ファンバルネベルト

女子編集

階級
48kg以下級   田村亮子   アマリリス・サボン   モニカ・クーラト
  ペ・ドンスク
52kg以下級   マリー=クレール・レストゥー   ケー・スンヒ   ニコル・フラゴティエ
  玄淑姫
56kg以下級   イサベル・フェルナンデス   ドリュリス・ゴンサレス   立野千代里
  マガリ・バトン
61kg以下級   セブリーヌ・バンデネンド   ジェラ・バンデカバイエ   サラ・アルバレス
  鄭成淑
66kg以下級   ケイト・ホーウェイ   アニャ・フォン・レコフスキー   エマヌエーラ・ピエラントッツィ
  曺敏仙
72kg以下級   阿武教子   ディアデニス・ルナ   ウラ・ウェルブルック
  エディナンシ・シルバ
72kg超級   クリスティーヌ・シコ   二宮美穂   ベアタ・マクシモフ
  孫福明
無差別級   ダイマ・ベルトラン   ラケル・バリエントス   二宮美穂
  袁華

各国メダル数編集

順位 国・地域
1   日本 4 3 3 10
2   フランス 4 3 2 9
3   韓国 3 0 3 6
4   ポーランド 2 0 1 3
5   キューバ 1 3 0 4
6   スペイン 1 1 1 3
7   イギリス 1 0 0 1
8   ドイツ 0 2 0 2
9   ベルギー 0 1 4 5
10   ブラジル 0 1 2 3
  北朝鮮 0 1 2 3
12   ジョージア 0 1 1 2
13   中国 0 0 3 4
14   イタリア 0 0 2 2
15   オーストリア 0 0 1 1
  アメリカ合衆国 0 0 1 1
  ラトビア 0 0 1 1
  モルドバ 0 0 1 1
  オランダ 0 0 1 1
  ロシア 0 0 1 1
  スイス 0 0 1 1
  ポルトガル 0 0 1 1

ドーピング違反編集

今大会男子78kg級で2位になったフランスのジャメル・ブーラは大会前のドーピング検査で筋肉増強剤のナンドロロンが検出された。また、女子48kg級で3位になった北朝鮮のペ・ドンスクは大会後のドーピング検査で尿から筋肉増強剤などの使用を隠す作用を有する禁止薬物のフロセミドが検出された。これによりIJFは、両者の大会記録を抹消するとともに、2年間の出場停止処分を科すことに決めた[1][2]

脚注編集

  1. ^ [ペ・ドンスク 「陽性」] 毎日新聞 1997年12月4日 21面
  2. ^ [薬物使用の2選手 2年間の出場停止] 毎日新聞 1998年2月27日 25面

外部リンク編集