1998年バスケットボール世界選手権

1998年FIBAバスケットボール世界選手権は1998年にギリシャアテネで行われた第13回バスケットボール世界選手権。ギリシャでの開催は初めて。今大会よりネイスミス・トロフィーが一新された。

日本が31年ぶりに出場を果たした大会である。この大会にアメリカは、NBA選手を送らなかった。(ロックアウトのため)

1次予選編集

16カ国が4つのグループに分けられて戦った。1位から3位のチームが2次ラウンドに、4位のチームが13位から16位決定戦に回った。

  • 予選Aグループ
    • ギリシャ
    • イタリア
    • カナダ
    • セネガル
  • 予選Bグループ
    • ロシア
    • ユーゴスラビア
    • プエルトリコ
    • 日本
  • 予選Cグループ
    • リトアニア
    • アメリカ合衆国
    • ブラジル
    • 韓国
  • 予選Dグループ
    • アルゼンチン
    • オーストラリア
    • ナイジェリア
    • スペイン

2次予選編集

12カ国が2グループに分かれて3試合ずつ(1次予選の未対戦国と)対戦した。

  • 予選Eグループ(予選Aグループ、Bグループの勝ち上がり)
    • ロシア
    • ユーゴスラビア
    • ギリシャ
    • イタリア
    • プエルトリコ
    • カナダ
  • 予選Fグループ(予選Cグループ、Dグループの勝ち上がり)
    • アメリカ合衆国
    • スペイン
    • リトアニア
    • アルゼンチン
    • オーストラリア
    • ブラジル

決勝トーナメント編集

 
準々決勝準決勝決勝
 
          
 
7 August 1998
 
 
  ロシア82
 
8 August 1998
 
  リトアニア67
 
  ロシア66
 
7 August 1998
 
  アメリカ64
 
  イタリア77
 
9 August 1998
 
  アメリカ80
 
  ロシア62
 
7 August 1998
 
  ユーゴスラビア64
 
  ユーゴスラビア70
 
8 August 1998
 
  アルゼンチン62
 
  ユーゴスラビア (OT)78
 
7 August 1998
 
  ギリシャ73 3位決定戦
 
  ギリシャ69
 
9 August 1998
 
  スペイン62
 
  アメリカ84
 
 
  ギリシャ61
 


決勝編集

9 August
20:00
ユーゴスラビア   64–62   ロシア
ハーフ・スコア: 30–35, 34–27
Pts: Rebrača 16
Rebs: Rebrača 11
Asts: Bodiroga 2
Pts: Kudelin 14
Rebs: Kisurin 5
Asts: Kisurin 2
Athens Olympic Indoor Hall, Marousi, Attica
入場者数: 20,000
審判員: Reuven Virovnik (ISR), Juan Figueroa (PUR)

最終順位編集

  1.   ユーゴスラビア(2大会ぶり3回目の優勝)
  2.   ロシア
  3.   アメリカ合衆国
  4.   ギリシャ
  5.   スペイン
  6.   イタリア
  7.   リトアニア
  8.   アルゼンチン
  9.   オーストラリア
  10.   ブラジル
  11.   プエルトリコ
  12.   カナダ
  13.   ナイジェリア
  14.   日本
  15.   セネガル
  16.   韓国