バスケットボールアルゼンチン代表

バスケットボールアルゼンチン代表は、アルゼンチンにおけるバスケットボールナショナルチームである。

 Basketball pictogram.svgバスケットボールアルゼンチン代表
国または地域 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
協会 アルゼンチンバスケットボール連盟
ヘッドコーチ アルゼンチンの旗 セルヒオ・エルナンデス
FIBAランキング 4位(2021年3月2日版)[1]
オリンピック
出場回数 8回
初出場 1948 ロンドン
最高成績 Med 1.png金メダル(2004)
ワールドカップ (男子) / (女子)
出場回数 14回
初出場 1950 世界選手権
最高成績 Med 1.png金メダル(1950)
アメリカ選手権
最高成績 優勝
ユニフォーム
Kit body skybluesides.png
ホームのジャージ
Kit shorts skybluesides.png
チームカラー
ホーム
Kit body skybluesides.png
アウェイのジャージ
Kit shorts skybluesides.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示

歴史編集

アルゼンチンはFIBA創設メンバーである。

1950年に開催された第1回世界選手権に開催国として出場し、初代王者となる。

オリンピックは1952年のヘルシンキで4位になったが、これを最後に遠ざかり、1996年のアトランタ大会で44年ぶり出場を果たした。

2002年世界選手権は予選リーグから8連勝で決勝に進出した。決勝はユーゴスラビアに敗れて銀メダルを獲得。

2004年アテネオリンピックでは予選リーグ3勝2敗の3位通過だったが、準々決勝でギリシャ、準決勝でアメリカを破って決勝進出。決勝ではイタリアを84-69で破って金メダルを獲得した。

2006年世界選手権は予選リーグ全勝、決勝トーナメント、準々決勝も勝ち上がったが準決勝でスペイン、3位決定戦でアメリカに敗れて4位。

2008年北京オリンピックは3位決定戦でリトアニアを破って銅メダル。オリンピック後にFIBAランキング1位となった。

2019年ワールドカップで4大会ぶりの銀メダル。

2021年開催の東京オリンピックは2連敗スタートとなったが3戦目で日本を破って予選リーグを突破。準々決勝はオーストラリアに敗れた。

主な国際大会成績編集

  • アメリカ選手権
    • 優勝:2001年、2011年
    • 準優勝:1995年、2003年、2005年、2007年、2015年、2017年
    • 3位:1980年、1993年、1999年、2009年、2013年

現在の選手編集

主な歴代選手編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集