メインメニューを開く

国際バスケットボール連盟(こくさいバスケットボールれんめい、フランス語: Fédération Internationale de Basketball Association、略称FIBA)は、バスケットボール(5人制、3x3)の国際競技連盟。本拠地はスイスジュネーヴ

国際バスケットボール連盟
略称 FIBA
設立年 1932年
本部 スイスの旗 スイスジュネーヴ
事務総長 ギリシャの旗 Andreas Zagklis[1]
会長 アルゼンチンの旗 ホラシオ・ムラトーレ
ウェブサイト https://www.fiba.basketball/

概要編集

1932年ジュネーヴにて国際アマチュアバスケットボール連盟として結成。原加盟国はアルゼンチンチェコスロバキアギリシャイタリアラトビアポルトガルルーマニアスイスの8ヶ国であった。2014年8月現在、214協会が加盟しており、これは国際サッカー連盟の208協会をも上回る数字である。日本バスケットボール協会の加盟は1936年。

2003年以降、各大陸連盟をFIBAの完全支配下として五つのゾーン(アジアアメリカヨーロッパアフリカオセアニア)ごとに地域を分割して統括され、本部は国際大会運営などを担う。

1934年には国際オリンピック委員会に加盟し、1936年ベルリンオリンピックよりバスケットボール競技が開催されている。

FIBAの主催する最も大きな大会は1950年以来開催している4年に1度のFIBAバスケットボール・ワールドカップの開催である。2006年8月日本埼玉県さいたま市を中心会場とし、札幌仙台浜松広島を加えた5都市で開催された。1953年からはFIBA女子バスケットボール・ワールドカップも開催されている。

1989年にオリンピックを始めとする国際大会にプロ選手の出場が解禁されると、名称を「国際バスケットボール連盟」(略称変わらず)に改称した。

1991年にはFIBA殿堂も設立された。

2020年東京オリンピックから3x3が正式種目に。

主な主催大会編集

FIBAランキング編集

FIBAでは、過去8年間の主要国際大会での成績を元に各国のナショナルチームのランキングであるFIBAランキングを発表している。詳細はFIBAランキングを参照。

クリーンスタジアム編集

FIBA主催大会(W杯予選含む)の期間中は、FIBA管理エリア(スタジアムおよび大会関連施設)内において掲げられる広告は、公式パートナー・サプライヤーの出稿するものだけに制限され、それ以外のすべての企業名が排除され、使えなくなる。そのため、FIBA主催大会で使われるすべての会場は、大会期間中に限り、通常の広告看板はすべて目隠しされ、または一時的に撤去される。この状態を「クリーンスタジアム」という。

またこのルールはネーミング・ライツを採用しているスタジアム名にも適用され、同じく一時的な名称変更(施設の正式名称などで表示)が行われる。なお、夏季オリンピックでは大会ロゴをあしらった横断幕のみが観客席最前列に掲げられており、FIBAパートナー・IOC公式スポンサーであっても広告は一切掲示できない。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集