メインメニューを開く
フォロ・イタリコ水泳場

2009年世界水泳選手権(2009ねんせかいすいえいせんしゅけん)は、2009年7月17日から8月2日までイタリアローマのフォロ・イタリコ水泳場で開催された第13回世界水泳選手権である。

目次

概要編集

史上最多の185の国と地域から2556選手が参加する最大規模の大会になった[1]1994年大会と同じ屋外プールで行われた。

2005年モントリオールで行われたFINA理事会でアテネギリシャ)・モスクワロシア)・横浜日本)を破り、ローマでの開催が決定した。同大会には日本の横浜市も名乗りを挙げていた。メイン会場は横浜アリーナで、横浜国際プールなどにも会場に設ける予定だった。この失敗を受けて、第50回世界卓球選手権個人戦の誘致へと進んだ。

高速水着の影響で今大会では、競泳で史上最多となる43の世界新記録が誕生した。

日程編集

 ●  開会式  ●  予選  ●  決勝  ●  閉会式
7月/8月 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2
式典
競泳 4 4 5 4 5 5 6 7 40
オープンウォータースイミング 2 2 2 6
飛込競技 1 2 2 2 1 1 1 10
水球 1 1 2
シンクロナイズドスイミング 1 1 1 1 1 1 1 7
決勝 1 2 3 1 5 3 2 2 4 4 4 5 4 5 6 7 7 65

競技結果編集

競泳編集

男子編集

種目
自由形
50m セーザル・シエロ
  ブラジル
21秒08
大会新
フレデリク・ブスケ
  フランス
21秒21 アモリ・ルボー
  フランス
21秒25
100m セーザル・シエロ
  ブラジル
46秒91
世界新
アラン・ベルナール
  フランス
47秒12 フレデリク・ブスケ
  フランス
47秒25
200m パウル・ビーデルマン
  ドイツ
1分42秒00
世界新
マイケル・フェルプス
  アメリカ合衆国
1分43秒22 ダニラ・イゾトフ
  ロシア
1分43秒90
400m パウル・ビーデルマン
  ドイツ
3分40秒07
世界新
ウサマ・メルーリ
  チュニジア
3分41秒11 張琳
  中国
3分41秒35
800m 張琳
  中国
7分32秒12
世界新
ウサマ・メルーリ
  チュニジア
7分35秒27 ライアン・コクラン
  カナダ
7分41秒92
1500m ウサマ・メルーリ
  チュニジア
14分37秒28 ライアン・コクラン
  カナダ
14分41秒38 孫楊
  中国
14分46秒84
背泳ぎ
50m リアム・タンコック
  イギリス
24秒04
世界新
古賀淳也
  日本
24秒24 ゲハルド・ザンドバーグ
  南アフリカ共和国
24秒34
100m 古賀淳也
  日本
52秒26
大会新
ヘルゲ・ミーウ
  ドイツ
52秒54 アシュウィン・ウィルデブール
  スペイン
52秒64
200m アーロン・ピアソル
  アメリカ合衆国
1分51秒92
世界新
入江陵介
  日本
1分52秒51 ライアン・ロクテ
  アメリカ合衆国
1分53秒82
平泳ぎ
50m キャメロン・ファンデルバーグ
  南アフリカ共和国
26秒67
世界新
フェリペ・フランサ・シウバ
  ブラジル
26秒76 マーク・ギャングロフ
  アメリカ合衆国
26秒86
100m ブレントン・リカード
  オーストラリア
58秒58
世界新
ユーグ・デュボス
  フランス
58秒64 キャメロン・ファンデルバーグ
  南アフリカ共和国
58秒95
200m ダニエル・ジュルタ
  ハンガリー
2分07秒64 エリック・シャントゥ
  アメリカ合衆国
2分07秒65 ギエドリウス・ティテニス
  リトアニア
クリスチャン・スプレンガー
  オーストラリア
2分07秒80
バタフライ
50m ミロラド・チャビッチ
  セルビア
22秒67
大会新
マシュー・ターゲット
  オーストラリア
22秒73 ラファエル・ムニョス
  スペイン
22秒88
100m マイケル・フェルプス
  アメリカ合衆国
49秒82
世界新
ミロラド・チャビッチ
  セルビア
49秒95 ラファエル・ムニョス
  スペイン
50秒41
200m マイケル・フェルプス
  アメリカ合衆国
1分51秒51
世界新
パベル・コルゼニオフスキ
  ポーランド
1分53秒23 松田丈志
  日本
1分53秒32
個人メドレー
200m ライアン・ロクテ
  アメリカ合衆国
1分54秒10
世界新
ラースロー・シェー
  ハンガリー
1分55秒24 エリック・シャントゥ
  アメリカ合衆国
1分55秒36
400m ライアン・ロクテ
  アメリカ合衆国
4分07秒01 タイラー・クラリー
  アメリカ合衆国
4分07秒31 ラースロー・シェー
  ハンガリー
4分07秒37
フリーリレー
4×100m マイケル・フェルプス
ライアン・ロクテ
マット・グレイバーズ
ネイサン・エイドリアン

  アメリカ合衆国
3分09秒21
大会新
エフゲニー・ラグノフ
アンドレイ・グレチン
ダニラ・イゾトフ
アレクサンドル・スホルコフ
  ロシア
3分09秒52 ファビアン・ジロ
アラン・ベルナール
グレゴリー・マレ
フレデリク・ブスケ
  フランス
3分09秒89
4×200m マイケル・フェルプス
リッキー・ベレンズ
デビッド・ウォルターズ
ライアン・ロクテ

  アメリカ合衆国
6分58秒55
世界新
ニキータ・ロビンツェフ
Michail Polishuk
ダニラ・イゾトフ
アレクサンドル・スホルコフ
  ロシア
6分59秒15 ケンリック・モンク
ロバート・ハーリー
タマソ・ドルソーニャ
パトリック・マーフィー
  オーストラリア
7分01秒65
メドレーリレー
4×100m アーロン・ピアソル
エリック・シャントゥ
マイケル・フェルプス
デビッド・ウォルターズ

  アメリカ合衆国
3分27秒28
世界新
ヘルゲ・ミーウ
ヘントリク・フェルトヴェール
ベンヤミン・シュタルケ
パウル・ビーデルマン
  ドイツ
3分28秒58 アシュリー・デラニー
ブレントン・リカード
アンドリュー・ローターステイン
マシュー・ターゲット
  オーストラリア
3分28秒64

女子編集

種目
自由形
50m ブリッタ・シュテフェン
  ドイツ
23秒73
世界新
テレーズ・アルシャマー
  スウェーデン
23秒88 マルリーン・フェルトハイス
  オランダ
ケイト・キャンベル
  オーストラリア
23秒99
100m ブリッタ・シュテフェン
  ドイツ
52秒07
世界新
フランセスカ・ハルサル
  イギリス
52秒87 リスベス・トリケット
  オーストラリア
52秒93
200m フェデリカ・ペレグリニ
  イタリア
1分52秒98
世界新
アリソン・シュミット
  アメリカ合衆国
1分54秒96 ダナ・ボルマー
  アメリカ合衆国
1分55秒64
400m フェデリカ・ペレグリニ
  イタリア
3分59秒15
世界新
ジョアン・ジャクソン
  イギリス
4分00秒60 レベッカ・アドリントン
  イギリス
4分00秒79
800m ロッテ・フリース
  デンマーク
8分15秒92
大会新
ジョアン・ジャクソン
  イギリス
8分16秒66 アレシア・フィリピ
  イタリア
8分17秒21
1500m アレシア・フィリピ
  イタリア
15分44秒93
大会新
ロッテ・フリース
  デンマーク
15分46秒30 カメリア・ポテク
  ルーマニア
15分55秒63
背泳ぎ
50m 趙菁
  中国
27秒06
世界新
ダニエラ・サムルスキ
  ドイツ
27秒23 高暢
  中国
27秒28
100m ジェマ・スポフォース
  イギリス
58秒12
世界新
アナスタシア・ズエワ
  ロシア
58秒18 エミリー・シーボーム
  オーストラリア
58秒88
200m カースティ・コベントリー
  ジンバブエ
2分04秒81
世界新
アナスタシア・ズエワ
  ロシア
2分04秒94 エリザベス・バイゼル
  アメリカ合衆国
2分06秒39
平泳ぎ
50m ユリア・エフィモア
  ロシア
30秒09
世界新
レベッカ・ソニ
  アメリカ合衆国
30秒11 サラ・カソリス
  オーストラリア
30秒16
100m レベッカ・ソニ
  アメリカ合衆国
1分04秒93 ユリア・エフィモア
  ロシア
1分05秒41 ケーシー・カールソン
  アメリカ合衆国
1分05秒75
200m ナジャ・ヒグル
  セルビア
2分21秒62 アンナメイ・ピアース
  カナダ
2分21秒84 ミルナ・ユキッチ
  オーストリア
2分21秒97
バタフライ
50m マリーク・ゲラー
  オーストラリア
25秒48 周雅菲
  中国
25秒57 イングヴィル・スニールダル
  ノルウェー
25秒58
100m サラ・ショーストレム
  スウェーデン
56秒06
世界新
ジェシカ・シッパー
  オーストラリア
56秒23 焦劉洋
  中国
56秒86
200m ジェシカ・シッパー
  オーストラリア
2分03秒41
世界新
劉子歌
  中国
2分03秒90 カティンカ・ホッスー
  ハンガリー
2分04秒28
個人メドレー
200m アリアナ・クーカーズ
  アメリカ合衆国
2分06秒15
世界新
ステファニー・ライス
  オーストラリア
2分07秒03 カティンカ・ホッスー
  ハンガリー
2分07秒46
400m カティンカ・ホッスー
  ハンガリー
4分30秒31
大会新
カースティ・コベントリー
  ジンバブエ
4分32秒12 ステファニー・ライス
  オーストラリア
4分32秒29
フリーリレー
4x100m インヘ・デッカー
ラノミ・クロモウィジョジョ
フェムカ・ヘームスケルク
マルリーン・フェルトハイス

  オランダ
3分31秒72
世界新
ブリッタ・シュテフェン
ダニエラ・サムルスキ
ペトラ・ダルマン
ダニエラ・シュライバー
  ドイツ
3分31秒83 リスベス・トリケット
マリーク・ゲラー
シェーン・リース
フェリシティ・ガルベス
  オーストラリア
3分33秒01
4x200m 楊雨
朱倩蔚
劉京
龐佳穎

  中国
7分42秒08
世界新
ダナ・ボルマー
レイシー・ナイマイヤー
アリアナ・クーカーズ
アリソン・シュミット
  アメリカ合衆国
7分42秒56 ジョアン・ジャクソン
ジャスミン・カーリン
ケイトリン・マクラチェイ
レベッカ・アドリントン
  イギリス
7分45秒51
メドレーリレー
4x100m 趙菁
陳慧佳
焦劉洋
李哲思

  中国
3分52秒19
世界新
エミリー・シーボーム
サラ・カソウリス
ジェシカ・シッパー
リスベス・トリケット
  オーストラリア
3分52秒58 ダニエラ・サムルスキ
サラ・ポーエ
アニカ・メールホルン
ブリッタ・シュテフェン
  ドイツ
3分55秒79

飛込競技編集

種目
男子
1m 板飛び込み 秦凱
  中国
449.00 張新華
  中国
445.90 マシュー・ミッチャム
  オーストラリア
440.20
3m 板飛び込み 何衝
  中国
505.20 トロイ・デュメーズ
  アメリカ合衆国
498.40 アレクサンダー・ディスパティエ
  カナダ
490.30
10m 高飛び込み トーマス・デーリー
  イギリス
539.85 邱波
  中国
532.20 周呂鑫
  中国
530.55
3m シンクロ板飛び込み 秦凱
王峰

  中国
467.94 トロイ・デュメーズ
クリスティアン・イプセン
  アメリカ合衆国
445.59 アレクサンダー・ディスパティエ
ルーベン・ロス
  カナダ
428.64
10m シンクロ高飛び込み 火亮
林躍

  中国
482.58 デービッド・ボウディア
トーマス・フィンチャム
  アメリカ合衆国
456.84 ホセ・アントニオ・グエラ・オリバ
Jeinkler Aguirre
  キューバ
456.60
女子
1m 板飛び込み ユリア・パハリナ
  ロシア
325.05 呉敏霞
  中国
311.90 王涵
  中国
303.95
3m 板飛び込み 郭晶晶
  中国
388.20 エミリー・ハイマンズ
  カナダ
346.45 タニア・カニョット
  イタリア
341.25
10m 高飛び込み パオラ・エスピノサ
  メキシコ
428.25 陳若琳
  中国
417.60 康麗
  中国
410.35
3m シンクロ板飛び込み 郭晶晶
呉敏霞

  中国
348.00 タニア・カニョット
フランチェスカ・ダラッペ
  イタリア
329.70 ユリア・パハリナ
アナスタシア・ポズニャコワ
  ロシア
310.80
10m シンクロ高飛び込み 王鑫
陳若琳

  中国
361.32 メアリー・ベス・ダニチェー
ヘイリー・イシマツ
  アメリカ合衆国
324.00 Pandelela Rinong Pamg
Mun Yee Leong
  マレーシア
306.63

シンクロナイズドスイミング編集

種目
フリールーティンコンビネーション   スペイン 98.333   中国 97.677   カナダ 96.167
ソロ・テクニカルルーティン ナタリア・イーシェンコ
  ロシア
98.667 ヘマ・メングアル
  スペイン
97.883 マリーピエール・ブドローガニョン
  カナダ
96.000
デュエット・テクニカルルーティン アナスタシア・ダビドワ
スベトラーナ・ロマシナ

  ロシア
98.677 ヘマ・メングアル
アンドレア・フエンテス
  スペイン
95.677 蒋婷婷
蒋文文
  中国
94.333
チーム・テクニカルルーティン   ロシア 98.833   スペイン 97.833   中国 96.667
ソロ・フリールーティン ナタリア・イーシェンコ
  ロシア
98.883 ヘマ・メングアル
  スペイン
98.333 ベアトリチェ・アデリッツィ
  イタリア
95.500
デュエット・フリールーティン ナタリア・イーシェンコ
スベトラーナ・ロマシナ

  ロシア
98.833 ヘマ・メングアル
アンドレア・フエンテス
  スペイン
98.333 蒋婷婷
蒋文文
  中国
97.000
チーム・フリールーティン   ロシア 99.167   スペイン 98.167   中国 97.167

水球編集

種目
男子   セルビア   スペイン   クロアチア
女子   アメリカ合衆国   カナダ   ロシア

オープンウォータースイミング編集

種目
男子
5km トーマス・ルルツ
  ドイツ
56分26秒9 スピリドン・ヤニオティス
  ギリシャ
56分27秒2 チャド・ホー
  南アフリカ共和国
56分41秒9
10km トーマス・ルルツ
  ドイツ
1時間52分06秒9 アンドルー・ゲメル
  アメリカ合衆国
1時間52分08秒3 フラン・クリッペン
  アメリカ合衆国
1時間52分10秒7
25km バレリオ・クレリ
  イタリア
5時間26分31秒6 トレント・グリムセイ
  オーストラリア
5時間26分50秒7 ウラジーミル・ディヤチン
  ロシア
5時間29分29秒3
女子
5km メリッサ・ゴーマン
  オーストラリア
56分55秒8 ラリーサ・イルチェンコ
  ロシア
56分56秒3 ポリアナ・オキモト
  ブラジル
56分59秒3
10km ケリアン・ペイン
  イギリス
2時間1分37秒1 エカテリーナ・セリベルストワ
  ロシア
2時間1分38秒0 マルティナ・グリマルディ
  イタリア
2時間1分38秒6
25km アンゲラ・モイラー
  ドイツ
5時間47分48秒0 アンナ・ウワロワ
  ロシア
5時間47分51秒9 フェデリカ・ヴィターレ
  イタリア
5時間47分52秒7

国別メダル受賞数編集

順位 国・地域
1   アメリカ合衆国 11 11 7 29
2   中国 11 7 11 29
3   ロシア 8 8 4 20
4   ドイツ 7 4 1 12
5   オーストラリア 4 5 10 19
6   イギリス 4 3 2 9
7   イタリア 4 1 5 10
8   セルビア 3 1 0 4
9   ハンガリー 2 1 3 6
10   ブラジル 2 1 1 4
11   スペイン 1 7 3 11
12   日本 1 2 1 4
13   チュニジア 1 2 0 3
14   デンマーク 1 1 0 2
  スウェーデン 1 1 0 2
  ジンバブエ 1 1 0 2
17   南アフリカ共和国 1 0 3 4
18   オランダ 1 0 1 2
19   メキシコ 1 0 0 1
20   カナダ 0 4 5 9
21   フランス 0 3 3 6
22   ギリシャ 0 1 0 1
  ポーランド 0 1 0 1
24   オーストリア 0 0 1 1
  クロアチア 0 0 1 1
  キューバ 0 0 1 1
  リトアニア 0 0 1 1
  マレーシア 0 0 1 1
  ノルウェー 0 0 1 1
  ルーマニア 0 0 1 1
合計 65 65 67 197

その他の話題編集

飲みもの戦争編集

この大会では、公式飲料の提供社がどこになるかにも注目が集まっていた。

2005年Finaは世界水泳など、オリンピック等の総合大会を除くFina主催・主轄大会における公式飲料提供社にヤクルト本社を選び、コカ・コーラグループの独占を崩した。しかし、これは4年契約であり、2009年4月、さらに3年の契約を更新した。競泳会場には、巨大なヤクルトの容器を模ったオブジェが置かれていたが、公式スポーツドリンクは、改良型「ソーピード」であった。

高速水着問題編集

競技と並行して、Finaの総会も行われ、Speedoレーザー・レーサーに端を発した「高速水着問題」に関する審議が行われた。

7月28日、米国の提案による以下の事項が了承され、2010年から実施に移されることとなった。今後細目を詰めて秋までに発表するが、当初1月としていた実施時期は、各水着メーカーに対応の時間を与えるため、春に延期された。

  • 素材は、水を通す織物製に限り、水を弾く性質の素材(ラバーなどシート状のもの)は、たとえ部分的であっても使用禁止
  • 最大許容形状は、下は男女とも膝上まで。上は男が腰まで、女は肩まで。それ以上の面積を覆う水着の着用は禁止

「フジヤマのトビウオ」客死編集

大会最終日の8月2日、Fina副会長で日本水泳連盟名誉会長の元自由形世界記録保持者の古橋廣之進が滞在していたローマ市内のホテルにおいて急性心不全のため死去。満80歳没。

古橋は大会開催期間中の7月24日に現地で行われたFina総会において、副会長として再任されたばかりであった。この日の午後の決勝戦で、会場に半旗の日本国旗が掲げられ、Fina役員や選手、観客合同で競技開始前に1分間の黙祷が捧げられた。

日本での放送編集

脚注編集

  1. ^ 世界水泳に過去最多の2556選手が参加
  2. ^ 7月31日(日付上8月1日)放送の男子200m背泳ぎのレースは一部インターネット報道で結果が先に出た(ピアソルが世界新記録・1分51秒92で優勝。入江2位ながら日本新記録・1分52秒51)ため、結果的にネタバレ放送となった。

外部リンク編集