2012年ロンドンオリンピックのレスリング競技

Wrestling pictogram.svg

2012年ロンドンオリンピックレスリング競技(2012ねんロンドンオリンピックのレスリングきょうぎ)は8月5日から12日までエクセル展覧会センターで開催された[1]。前回同様男子フリースタイル・グレコローマン、女子フリースタイルの3種目で行われた。

競技日程編集

 
男子フリースタイル96kg級のメダリストたち。左から順にバレリ・アンドリツェフ(銀)、ヤコブ・バーナード(金)、ゲオルギ・ゴグチェリーゼ(銅)、ヘタグ・ガジュモフ(銅)。

時間はイギリス夏時間(UTC+1)[2]

グレコローマン編集

時間 種目
8月5日 13:00-15:45 55kg & 74kg準決勝まで
17:45-20:15 55kg & 74kg3位決定戦および決勝
8月6日 13:00-15:45 60kg, 84kg & 120kg準決勝まで
17:45-20:15 60kg, 84kg & 120kg3位決定戦および決勝
8月7日 13:00-15:45 66kg & 96kg準決勝まで
17:45-20:15 66kg & 96kg3位決定戦および決勝

女子編集

時間 種目
8月8日 13:00-15:45 48kg & 63kg準決勝まで
17:45-20:15 48kg & 63kg3位決定戦および決勝
8月9日 13:00-15:45 55kg & 72kg準決勝まで
17:45-20:15 55kg & 72kg3位決定戦および決勝

男子フリースタイル編集

時間 種目
8月10日 13:00-15:45 55kg & 74kg準決勝まで
17:45-20:15 55kg & 74kg3位決定戦および決勝
8月11日 13:00-15:45 60kg, 84kg & 120kg準決勝まで
17:45-20:15 60kg, 84kg & 120kg3位決定戦および決勝
8月12日 08:30-11:15 66kg & 96kg準決勝まで
12:45-15:15 66kg & 96kg3位決定戦および決勝

競技結果編集

男子編集

フリースタイル編集

階級
55kg級   ジャマル・オタルスルタノフ
ロシア (RUS)
  ヴラディメル・ヒンチェガシヴィリ
グルジア (GEO)
  ヤン・ギョンイル
北朝鮮 (PRK)
  湯元進一
日本 (JPN)
60kg級   トグラル・アスガロフ
アゼルバイジャン (AZE)
  ベシク・クドゥホフ
ロシア (RUS)
  コールマン・スコット
アメリカ合衆国 (USA)
  ヨゲシュワル・ドゥット
インド (IND)
66kg級   米満達弘
日本 (JPN)
  スシル・クマール
インド (IND)
  アジュレク・タナタロフ
カザフスタン (KAZ)
  リバン・ロペス
キューバ (CUB)
74kg級   ジョーダン・ブローシュ英語版
アメリカ合衆国 (USA)
  サデグサイード・グダルジ
イラン (IRI)
  ハトシュ・ガボル
ハンガリー (HUN)
  デニス・チャーグシュ
ロシア (RUS)
84kg級   シャリフ・シャリホフ
アゼルバイジャン (AZE)
  ハイメ・エスピナル
プエルトリコ (PUR)
  ダト・マルサジシビリ
グルジア (GEO)
  イーサン・ラシュガリ
イラン (IRI)
96kg級   ジェイク・バーナー英語版
アメリカ合衆国 (USA)
  バレリ・アンドリツェフ
ウクライナ (UKR)
  ゲオルギ・ゴグチェリーゼ
グルジア (GEO)
  ヘタグ・ガジュモフ
アゼルバイジャン (AZE)
120kg級   コメイル・ガセミ
イラン (IRI)
  ビリャル・マホフ
ロシア (RUS)
該当者なし   ダウレット・シャバンベイ
カザフスタン (KAZ)
  テルベル・ドラグネフ
アメリカ合衆国 (USA)

グレコローマンスタイル編集

階級
55kg級   ハミド・スーリヤン
イラン (IRI)
  ロフシャン・バイラモフ
アゼルバイジャン (AZE)
  モドス・ペーテル
ハンガリー (HUN)
  ミンギヤン・セメノフ
ロシア (RUS)
60kg級   オミド・ノルージ
イラン (IRI)
  レバズ・ラシヒ
グルジア (GEO)
  ザウル・クラマゴメドフ
ロシア (RUS)
  松本隆太郎
日本 (JPN)
66kg級   金炫雨英語版
韓国 (KOR)
  レーリンツ・タマシュ
ハンガリー (HUN)
  マヌチャー・ツカダイア
グルジア (GEO)
  スティーブ・ゲノ
フランス (FRA)
74kg級   ロマン・ブラソフ英語版
ロシア (RUS)
  アーセン・ジュルファラキャン
アルメニア (ARM)
  アレクサンドル・カザケビッツ
リトアニア (LTU)
  エミン・アマドフ
アゼルバイジャン (AZE)
84kg級   アラン・クガエフ英語版
ロシア (RUS)
  カラム・イブラヒム
エジプト (EGY)
  ダニャル・ガジエフ
カザフスタン (KAZ)
  ダミアン・ジャニコースキー
ポーランド (POL)
96kg級   グハセム・レザエ
イラン (IRI)
  ルスタム・トトロフ
ロシア (RUS)
  アルツル・アレクサンヤン
アルメニア (ARM)
  ジミー・リドベリ
スウェーデン (SWE)
120kg級   ミハイン・ロペス
キューバ (CUB)
  ヘイキ・ナビ
エストニア (EST)
  リザ・カヤルプ
トルコ (TUR)
  ヨハン・エウレン
スウェーデン (SWE)

女子編集

フリースタイル編集

階級
48kg級   小原日登美
日本 (JPN)
  マリア・スタドニク
アゼルバイジャン (AZE)
  キャロル・ハイン
カナダ (CAN)
  クラリサ・チャン
アメリカ合衆国 (USA)
55kg級   吉田沙保里
日本 (JPN)
  トーニャ・バービーク
カナダ (CAN)
  ジャクリン・カスティージョ
コロンビア (COL)
  ユリア・ラトケビッチ
アゼルバイジャン (AZE)
63kg級   伊調馨
日本 (JPN)
  景瑞雪
中国 (CHN)
  バトチェチェグ・ソロンゾンボルド
モンゴル (MGL)
  リュボフ・ボロソワ
ロシア (RUS)
72kg級   ナタリア・ボロベワ
ロシア (RUS)
  スタンカ・ズラテバ
ブルガリア (BUL)
  グゼル・マニュロワ
カザフスタン (KAZ)
  マイデル・ウンダ
スペイン (ESP)

国・地域別のメダル獲得数編集

 
男子グレコローマンスタイル120kg級のメダリストたち。左から順にミハイン・ロペス(金)、ヘイキ・ナビ(銀)、リザ・カヤルプ(銅)、ヨハン・エウレン(銅)。
 
男子フリースタイル66kg級のメダリストたち。左から(1人おいて)順にスシル・クマール(銀)、アジュレク・タナタロフ(銅)、米満達弘(金)、リバン・ロペス(銅)。
国・地域
1   ロシア (RUS) 5 2 4 11
2   イラン (IRI) 4 1 1 6
3   日本 (JPN) 4 0 2 6
4   アゼルバイジャン (AZE) 2 2 3 7
5   アメリカ合衆国 (USA) 2 0 3 5
6   キューバ (CUB) 1 0 1 2
7   韓国 (KOR) 1 0 0 1
8   グルジア (GEO) 0 2 3 5
9   ハンガリー (HUN) 0 1 2 3
10   アルメニア (ARM) 0 1 1 2
  カナダ (CAN) 0 1 1 2
  インド (IND) 0 1 1 2
13   ブルガリア (BUL) 0 1 0 1
  中国 (CHN) 0 1 0 1
  エジプト (EGY) 0 1 0 1
  エストニア (EST) 0 1 0 1
  プエルトリコ (PUR) 0 1 0 1
  ウクライナ (UKR) 0 1 0 1
19   カザフスタン (KAZ) 0 0 4 4
  スウェーデン (SWE) 0 0 2 2
21   コロンビア (COL) 0 0 1 1
  フランス (FRA) 0 0 1 1
  リトアニア (LTU) 0 0 1 1
  モンゴル (MGL) 0 0 1 1
  北朝鮮 (PRK) 0 0 1 1
  ポーランド (POL) 0 0 1 1
  スペイン (ESP) 0 0 1 1
  トルコ (TUR) 0 0 1 1
合計 17 17 36 70

ドーピング騒動編集

  • 男子フリースタイル74㎏級は当初ウズベキスタンのソスラン・ティギエフが銅メダルを獲得したものの、禁止薬物のメチルヘキサンアミンが検出されたため失格。3位決定戦でティギエフに敗れたハンガリーのハトシュ・ガボルが銅メダルに繰り上がった[3]

脚注編集

外部リンク編集