メインメニューを開く

2014年カナダグランプリは、2014年のF1世界選手権第7戦として、2014年6月8日サーキット・ジル・ヴィルヌーヴで開催された。

カナダの旗 2014年カナダグランプリ
レース詳細
Île Notre-Dame (Circuit Gilles Villeneuve).svg
日程 2014年シーズン第7戦
決勝開催日 6月8日
開催地 サーキット・ジル・ヴィルヌーヴ
カナダ モントリオール
コース長 4.361km
レース距離 70周(305.270km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:14.874
ファステストラップ
ドライバー ブラジルの旗 フェリペ・マッサ
タイム 1:18.054(Lap 58)
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

予選編集

展開編集

ニコ・ロズベルグが2戦連続のポールポジションを獲得。ハミルトンはQ3でのアタック失敗が響き、2番手に終わった。3番手はベッテル。僅差の3番手争いを制した。4、5番手はボッタス、マッサのウィリアムズ勢。モナコでは2台そろってQ2敗退を喫したが、ここでは上位に上がってきた[1]。6番手はリカルドがつけ、レッドブルとウィリアムズ勢が入り乱れる形となった[2]

結果編集

Pos. No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 Grid
1 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:16.471 1:15.289 1:14.874 1
2 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:15.750 1.15.054 1:14.953 2
3 1   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 1:17.470 1:16.109 1:15.548 3
4 77   バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 1:16.772 1:15.806 1:15.550 4
5 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 1:16.666 1:15.773 1:15.578 5
6 3   ダニエル・リチャルド レッドブルルノー 1:17.113 1:15.897 1:15.589 6
7 14   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:17.010 1:16.131 1:15.814 7
8 25   ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソルノー 1:17.178 1:16.255 1:16.162 8
9 22   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 1:16.631 1:16.214 1:16.182 9
10 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:17.013 1:16.245 1:16.214 10
11 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 1:16.897 1:16.300 11
12 20   ケビン・マグヌッセン マクラーレンメルセデス 1:16.446 1:16.310 12
13 11   セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 1:18.235 1:16.472 13
14 8   ロマン・グロージャン ロータスルノー 1:17.732 1:16.687 14
15 26   ダニール・クビアト トロロッソルノー 1:16.938 1:16.713 15
16 99   エイドリアン・スーティル ザウバーフェラーリ 1:17.519 1:17.314 16
17 13   パストール・マルドナド ロータスルノー 1:18.328 17
18 4   マックス・チルトン マルシャフェラーリ 1:18.348 18
19 17   ジュール・ビアンキ マルシャフェラーリ 1:18.359 19
20 10   小林可夢偉 ケータハムルノー 1:19.278 21
21 9   マーカス・エリクソン ケータハムルノー 1:19.820 20
107% time: 1:21.052
NC 21   エステバン・グティエレス ザウバーフェラーリ No time PL

[3]

  • No.10はギアボックス交換により10グリッド降格[4]
  • No.21はフリー走行中のクラッシュによりマシンを破損させ、修復が間に合わず予選への出走はせず。ただしフリー走行時のタイムを元にレースへの出走は許可された。なおギアボックスとサバイバルセルの交換が必要となったためピットレーンからのスタートとなった[5]

決勝編集

展開編集

日曜日午後2時、決勝レースのスタート時に気温は27度、路面温度は50度まで上昇し、週末で一番の暑さとなった。スタートでは2番手のハミルトンが好スタートを決めてロズベルグに並んだが、やや強引に押し出されてしまい、逆にベッテルに抜かれて3番手に後退した。直後のターン3でチルトンがスピン。これでチームメイトのビアンキを巻き込んでしまい両者リタイヤ。コースにはセーフティカーが導入された。8周目にレースが再開され、DRSの使用が可能になると、ハミルトンはあっさりベッテルをかわし、トップのロズベルグ追撃体制に入った。メルセデスの2台は異次元のペースで周回を重ねていった。しかし、37周目にロズベルグのペースが一気に3秒近く落ちると翌周にはハミルトンも同様のペースとなってしまう。この2台はパワーユニットにトラブルを抱えていた。これで後続との差が縮まりだす。44周目にロズベルグがピットイン。この時に左フロントの交換に時間がかかってしまい、次の周にピットインしたハミルトンに抜かれてしまう。しかし、その直後ヘアピンでハミルトンがコースオフし、ロズベルグが再び前に出る。ハミルトンはブレーキにも問題を抱えており、リタイヤとなってしまう。この間ピットインを引っ張ってトップを走っていたマッサが48周目にピットイン。これでロズベルグが再びトップに立つが、1ストップ作戦を遂行して2位に上がっていたペレスを先頭に続々と後続が迫っていた。しかし、ペレスもブレーキに問題を抱えており、なかなか抜くことができずにいた。そこに6番手スタートのリカルドが追いつき、66周目にペレスをオーバーテイクすると、68周目にはロズベルグをオーバーテイクし、トップに立った。その後ろでも激しいバトルが展開され、3番手に下がったペレスを今度はベッテルがパス。さらに最終ラップにマッサがペレスを抜きにかかるが、ブレーキに問題を抱えていたペレスはマッサに接触してしまい、両者リタイヤとなる。大荒れのカナダグランプリを制したのは、レッドブルのリカルドで、キャリア初優勝を果たした。2位にはロズベルグ。パワーユニットのトラブルで苦しい展開となったものの、ノーポイントに終わったハミルトンとの差を大きく広げることに成功した。3位はベッテル。今季2度目の表彰台を獲得したが、1回目のピットストップでリカルドに逆転されるなど戦略面で反省が残った[1]。4位にはバトン。終盤のヒュルケンベルグや、アロンソとのバトルを制した[6]

結果編集

Pos. No. ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 3   ダニエル・リチャルド レッドブルルノー 70 1:39:12.830 6 25
2 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 70 +4.236 1 18
3 1   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 70 +5.247 3 15
4 22   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 70 +11.755 9 12
5 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 70 +12.843 11 10
6 14   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 70 +14.869 7 8
7 77   バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 70 +23.578 4 6
8 25   ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソルノー 70 +28.026 8 4
9 20   ケビン・マグヌッセン マクラーレンメルセデス 70 +29.254 12 2
10 7   キミ・ライコネン フェラーリ 70 +53.678 10 1
11 11   セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 69 接触 13
12 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 69 接触 5
13 99   エイドリアン・スーティル ザウバーフェラーリ 69 +1 Lap 16
14 21   エステバン・グティエレス ザウバーフェラーリ 64 パワーユニット PL
Ret 8   ロマン・グロージャン ロータスルノー 59 リアウィング 14
Ret 26   ダニール・クビアト トロロッソルノー 47 ドライブシャフト 15
Ret 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 46 ブレーキ 2
Ret 10   小林可夢偉 ケータハムルノー 23 サスペンション 21
Ret 13   パストール・マルドナド ロータスルノー 21 パワーユニット 17
Ret 9   マーカス・エリクソン ケータハムルノー 7 オイル漏れ 20
Ret 4   マックス・チルトン マルシャフェラーリ 0 接触 18
Ret 17   ジュール・ビアンキ マルシャフェラーリ 0 接触 19

[7]

ラップリーダー
  • ニコ・ロズベルグ(1-17,19-43,48-67)
  • ルイス・ハミルトン(18,44-45)
  • フェリペ・マッサ(46-47)
  • ダニエル・リチャルド(68-70)

第7戦終了時のランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

[8]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 鈴木賢志、高橋浩司「F1速報 2014年総集編」『F1速報』第26巻第1号、株式会社三栄書房、2015年2月5日、 119,120。
  2. ^ “ロズベルグが2戦連続ポール!”. espnf1.com. (2014年6月8日). http://ja.espnf1.com/canada/motorsport/story/161757.html 2018年11月19日閲覧。 
  3. ^ “【結果】F1第7戦カナダGP予選/2014年6月7日”. topnews.jp. (2014年6月8日). http://www.topnews.jp/f1-canada-qualify-2014 2018年11月21日閲覧。 
  4. ^ 2014 CANADIAN GRAND PRIX”. FIA (2014年6月7日). 2018年11月21日閲覧。
  5. ^ “グティエレス、シャシー交換により予選不参加”. espnf1.com. (2014年6月8日). http://ja.espnf1.com/sauber/motorsport/story/161739.html 2018年11月20日閲覧。 
  6. ^ “波乱のレースでリカルドが初優勝!”. espnf1.com. (2014年6月9日). http://ja.espnf1.com/canada/motorsport/story/162023.html 2018年11月19日閲覧。 
  7. ^ “カナダGP 2014 / Results”. espnf1.com. http://ja.espnf1.com/canada/motorsport/race/138617.html?noredir=1 2018年11月20日閲覧。 
  8. ^ “F1世界選手権 2014 / ランキング”. espnf1.com. http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/season/138549.html?date=2014-06-08;template=standings 2018年11月19日閲覧。 
前戦
2014年モナコグランプリ
FIA F1世界選手権
2014年シーズン
次戦
2014年オーストリアグランプリ
前回開催
2013年カナダグランプリ
  カナダグランプリ次回開催
2015年カナダグランプリ