ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット

シルキュイ・ジル・ヴィルヌーヴ: Circuit Gilles Villeneuve, ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット)はカナダケベック州モントリオールセント・ローレンス川のノートルダム島にあるサーキット。全長4,361m[1]

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット
Circuit Gilles Villeneuve
Circuit Gilles-Villeneuve, May 29, 2018 SkySat (cropped).jpg
2018年の空撮より
所在地 カナダ・ケベック州モントリオール
標準時 GMT -5
座標 北緯45度30分2.08秒 西経73度31分20.86秒 / 北緯45.5005778度 西経73.5224611度 / 45.5005778; -73.5224611座標: 北緯45度30分2.08秒 西経73度31分20.86秒 / 北緯45.5005778度 西経73.5224611度 / 45.5005778; -73.5224611
収容人数 100,000
所有者 モントリオール市
オープン 1978
旧名 Île Notre-Dame Circuit (1978-1982)
主なイベント FIA フォーミュラ1
カナダグランプリ
NASCAR ネイションワイド・シリーズ
NAPA Auto Parts 200
グランプリコース
Circuit Gilles Villeneuve.svg
コース長 4.361 km (2.71 mi)
コーナー数 13
レコードタイム 1:10.240 (ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル, フェラーリ, 2019)

概要編集

ノートルダム島は1967年のモントリオール万博の会場となった人工島で、セント・ローレンス川の中洲に地下鉄工事で掘った土砂を埋め立てて造成された。その後は公園として利用され、1976年のモントリオールオリンピックではボート競技の会場にもなった。モントリオール中心街から地下鉄でアクセスすることができ[2]、レースウィーク以外は市民の憩いの場となっている。自転車や自家用車でコースを周る事も出来[注釈 1]、島内には公営のモントリオール・カジノ(万博のフランス館)もある。

1978年よりモスポート・パークに代わってF1カナダGPの開催地となり、1987年と2009年を除いて毎年開催されている。F1以外ではNASCARネイションワイドシリーズのレースが行われ、以前はWSPCチャンプカーも行われていた。

 
"Salut Gilles"と書かれたスタートライン

サーキットが建設された当初の名称はその中州の名からサーキット・イル・ノートルダム(Circuit Île Notre-Dame)と呼ばれていたが、1982年に地元ケベック出身のF1ドライバーのジル・ヴィルヌーヴがベルギーGPで事故死したため、業績を讃えてその名を冠することとなった。スタートライン上には"Salut Gilles"(やあ、ジル)とペイントされている。

水と緑に囲まれた美しい環境や、開放的な観客の雰囲気から、当地でのレースを楽しみにするF1関係者は多い[3]。レースウィーク前日に、各チームのメカニックがガレージの不用品で「イカダ」を造り[4]、ピット裏手にあるオリンピックのボートコースで競争するイベントが1990年代終盤まで開催されていたが[5]、F1が企業化しメカニックの作業量が増えるにつれて催されなくなっていた[6]。しかし、2017年にリバティメディアレッドブルが協力して復活させた[5]。なお、イカダは、以前のように各チームの廃材を利用して作製するわけではなく、同一の製作キットが配布され、それを基にイカダを組み立てるという形式に変更された[5]

コースレイアウト編集

 
ピットヘアピン
 
最終コーナー出口の「チャンピオンの壁」

公園内の周回道路を利用したコースは、ストレートをヘアピンと5つのシケインでつないだ典型的なストップ・アンド・ゴー・タイプのサーキットで[1]、優れたトラクション性能が要求される。ダウンフォースを削って走るため高速からのブレーキングが難しく、ブレーキパッドの消耗も厳しい。エスケープゾーンが狭いため、コースオフがクラッシュにつながりセーフティカーの出動場面がよく見られる。

当初はスタート・フィニッシュラインやピットがヘアピンコーナーの出口(コース図右側)にあったが、その後反対方向(コース図左側)へ移設された。

コントロールラインを通過し、右に少し振った直後に急減速して1コーナーに侵入する。入り口が非常に狭く、スタート直後は混乱が起こりやすい。「セナ」の名が付けられた2コーナーから右に大きく回り込みながら加速する。3・4コーナーのシケインから7コーナーまではテクニカルセクションが続く。4・5コーナーは左右をコンクリートウォールに囲まれている。

バックストレッチは道幅が狭く、ランオフも非常に狭いエリア。8・9コーナーのシケインを通過し、オールドピットヘアピンを抜けると1km以上の全開区間。以前はヘアピン立ち上がりに高速S字コーナーがあったが、安全面からほぼ直線に近いゆるやかなカーブに改修された。

ストレートエンドにある最終シケインは、F1サーキットの中でも難関として数えられる[1]。減速を誤ると縁石に乗ってマシンが跳ね、コーナー外側のコンクリートウォールにクラッシュしてしまう。過去にはナイジェル・マンセルミハエル・シューマッハデイモン・ヒルジャック・ヴィルヌーヴ歴代F1チャンピオンがここにぶつかってリタイアしており、「チャンピオンの壁Wall of the Champions 」とも呼ばれている[1]。このウォールには「ようこそケベック州へ」とフランス語で書かれた看板がある。

出来事編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ コース中央をパイロンで隔て、自転車専用レーンと自家用車専用レーンを分けている。自家用車の走行には安全の為30km/hの速度制限がある

出典編集

  1. ^ a b c d e ジル・ビルヌーブ・サーキットとは?” (日本語). 【Formula1-Data】. 2020年9月7日閲覧。
  2. ^ 2020 F1 カナダGP(グランプリ)観戦ツアーならWST”. WORLD SPORTS TRAVEL. 2020年9月7日閲覧。
  3. ^ 第7戦カナダGP 現場レポート”. ホンダF1. 2020年9月7日閲覧。
  4. ^ 昨年復活のいかだレース、ホンダ・宮本晃成さん「来年はぜひ単独チームで」” (日本語). トーチュウF1エクスプレス (2018年6月13日). 2020年9月7日閲覧。
  5. ^ a b c 【動画】復活!F1チーム対抗いかだレースでマクラーレンが勝利。「これでアロンソも残留だな」-”. f1sokuho.mopita.com. F1速報. 2020年9月7日閲覧。
  6. ^ 【F1】カナダGP名物の'イカダレース'が復活。チームが'覇権'を競う!” (日本語). jp.motorsport.com (2017年6月10日). 2020年9月7日閲覧。
  7. ^ ビーバーの怨念に恐怖するグロージャン「お願いだから今年はコースに出てこないで…」” (日本語). 【Formula1-Data】 (2019年6月7日). 2020年9月7日閲覧。
  8. ^ F1カナダGPでマーシャルがクレーン車にひかれ死亡” (日本語). AFPBB (2013年6月10日). 2020年9月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集