メインメニューを開く

2014年ハンガリーグランプリ

2014年ハンガリーグランプリは、2014年のF1世界選手権第11戦として、2014年7月27日ハンガロリンクで開催された。

ハンガリーの旗 2014年ハンガリーグランプリ
レース詳細
Hungaroring.svg
日程 2014年シーズン第11戦
決勝開催日 7月27日
開催地 ハンガロリンク
ハンガリー モギョロード
コース長 4.381km
レース距離 70周(306.630km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:22.715
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ
タイム 1:25.724(Lap 64)
決勝順位
優勝
2位
3位

予選編集

展開編集

ニコ・ロズベルグがポールポジションを獲得。2番手はベッテル。3番手はボッタス。ハミルトンはエンジントラブルでQ1敗退。ピットレーンスタートとなり、好調だったフェラーリのライコネンもQ1敗退と波乱の予選となった[1]

結果編集

Pos. No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 Grid
1 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:25.227 1:23.310 1:22.715 1
2 1   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 1:25.662 1:23.606 1:23.201 2
3 77   バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 1:25.690 1:23.776 1:23.354 3
4 3   ダニエル・リチャルド レッドブルルノー 1:25.495 1:23.676 1:23.391 4
5 14   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:26.087 1:24.249 1:23.909 5
6 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 1:26.592 1:24.030 1:24.223 6
7 22   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 1:26.612 1:24.502 1:24.294 7
8 25   ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソルノー 1:24.941 1:24.637 1:24.720 8
9 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 1:26.149 1:24.647 1:24.775 9
10 20   ケビン・マグヌッセン マクラーレンメルセデス 1:26.578 1:24.585 no time PL
11 26   ダニール・クビアト トロロッソルノー 1:25.361 1:24.706 10
12 99   エイドリアン・スーティル ザウバーフェラーリ 1:26.027 1:25.136 11
13 11   セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 1:25.910 1:25.211 12
14 21   エステバン・グティエレス ザウバーフェラーリ 1:25.709 1:25.260 13
15 8   ロマン・グロージャン ロータスルノー 1:26.136 1:25.337 14
16 17   ジュール・ビアンキ マルシャフェラーリ 1:26.728 1:27.419 15
17 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:26.792 16
18 10   小林可夢偉 ケータハムルノー 1:27.139 17
19 4   マックス・チルトン マルシャフェラーリ 1:27.819 18
20 9   マーカス・エリクソン ケータハムルノー 1:28.643 19
107% time: 1:30:886
NC 44   ルイス・ハミルトン メルセデス no time PL
NC 13   パストール・マルドナド ロータスルノー no time 20

[2]

  • No.44、No.13は107%ルールをクリアできなかったが、スチュワードにより出走を許可[1]
  • No.44、No.20はシャシー交換を行ったためピットレーンスタート[1]

決勝編集

展開編集

決勝当日も午前中には雨が降り、レース直前には止んだもののウェットコンディション。しかし気温が高いことにより路面が急速に乾いていく難しいコンディションでのスタートとなった。スタートではトップのロズベルグが好スタート。2番手のベッテルはスタートでボッタス、アロンソに交わされてしまうが、すぐさまアロンソを抜き返した。8周目にケータハムのエリクソンがクラッシュし、セーフティカーが導入され、このタイミングですぐに5位のバトン以下がピットインできた。バトンはベルニュに阻まれて減速している間にリカルドに抜かれてしまう。リカルドがソフトタイヤを履いていたのに対して、バトンはインターミディエイトタイヤを履いていたこともあり、リカルドをすぐに抜くことに成功したが、路面は徐々に乾いてきておりスリックタイヤに交換、大きく順位を下げた。23周目にペレスがクラッシュすると、ここで2度目のセーフティカーが入り、トップのリカルドはここでピットイン。その後リカルドは39周目に再びトップに立つが、このまま走りきることはできずに54周目にピットイン。事実上3番手でコースに復帰すると、トップのアロンソ、ピットスタートから2番手まで上がっていたハミルトンを猛追、67周目のターン3でハミルトン、68周目のターン1でアロンソをオーバーテイクしてトップに立ち、そのままシーズン2勝目を飾った。2位はアロンソ。上位勢の混乱した争いの中を上手くくぐり抜け、残り3周目までトップをキープして、優勝まであと一歩だった。3位はハミルトン。予選でのエンジントラブル、1周目のターン3でのスピンもあったが、セーフティカーも味方し、徐々に追い上げて、なんとポールポジションスタートの僚友の前でゴールすることに成功した。4位はロズベルグ。中盤まではトップをキープしていたが、セーフティカーが味方せず、またベルニュのオーバーテイクに手間取ったこと、ハミルトンにチームオーダーを拒否されたことにより表彰台すら逃してしまった[1]

結果編集

Pos. No. ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 3   ダニエル・リチャルド レッドブルルノー 70 1:53:05.058 4 25
2 14   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 70 +5.225 5 18
3 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 70 +5.857 PL 15
4 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 70 +6.361 1 12
5 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 70 +29.841 6 10
6 7   キミ・ライコネン フェラーリ 70 +31.491 16 8
7 1   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 70 +40.964 2 6
8 77   バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 70 +41.344 3 4
9 25   ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソルノー 70 +58.527 8 2
10 22   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 70 +1:07.280 7 1
11 99   エイドリアン・スーティル ザウバーフェラーリ 70 +1:08.169 11
12 20   ケビン・マグヌッセン マクラーレンメルセデス 70 +1:18.465 PL
13 13   パストール・マルドナド ロータスルノー 70 +1:24.024 20
14 26   ダニール・クビアト トロロッソルノー 69 +1 Lap 10
15 17   ジュール・ビアンキ マルシャフェラーリ 69 +1 Lap 15
16 4   マックス・チルトン マルシャフェラーリ 69 +1 Lap 18
Ret 21   エステバン・グティエレス ザウバーフェラーリ 32 電気系 13
Ret 10   小林可夢偉 ケータハムルノー 24 燃料システム 17
Ret 11   セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 22 クラッシュ 12
Ret 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 14 接触 9
Ret 8   ロマン・グロージャン ロータスルノー 10 スピン 14
Ret 9   マーカス・エリクソン ケータハムルノー 7 クラッシュ 19

[3]

ラップリーダー
  • ニコ・ロズベルグ(1-9)
  • ダニエル・リチャルド(10-13,15-23,39-54,68-70)
  • ジェンソン・バトン(14)
  • フェルナンド・アロンソ(24-37,55-67)
  • ルイス・ハミルトン(38)

第11戦終了時点でのランキング編集

[4]

脚注編集