メインメニューを開く

2018年平昌オリンピックのカーリング競技

2018年平昌オリンピックのカーリング競技(2018ねんピョンチャンオリンピックのカーリングきょうぎ)は、2018年2月8日から25日まで江陵カーリングセンターで開催[1]。男女・ミックスダブルスの3種目が実施された。世界カーリング連盟が管轄する6回目のオリンピックのカーリング競技である。2015年6月のIOC理事会で、ミックスダブルスの追加種目が採用された[2]

2018年平昌オリンピック
カーリング
Curling pictogram.svg
会場江陵カーリングセンター
開催日2018年2月8日 - 25日
«20142022»

概要編集

競技は、4人制の男女は10カ国、ミックスダブルスは8カ国が参加して行う[3]

競技日程編集

RR ラウンドロビン(予選リーグ) SF 準決勝 B 3位決定戦 F 決勝
種目/日程 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
男子 RR RR RR RR RR RR RR RR SF B F
女子 RR RR RR RR RR RR RR RR SF B F
混合複 RR RR RR RR SF B F

出場国編集

2016年と2017年の世界選手権の順位をポイントに換算し、開催国の韓国を除く上位7カ国がオリンピック出場権を獲得する。4人制の男女カーリングは残りの2カ国を世界最終予選で決定する。ミックスダブルスは8カ国で争われるため世界最終予選は行われない。イギリスは世界選手権にはスコットランド、イングランド、ウェールズとして分かれて出場しているため、スコットランドのポイントをイギリス代表のものとする。残り2カ国を決定する世界最終予選へは、ポイントによって出場権を獲得できなかった国の中で、2014年から2017年までの世界選手権のいずれかに出場したことがある国・地域とパシフィックアジアカーリング選手権で3位となったことがある国・地域が参加資格を有する。

なお、ロシアはドーピング問題により平昌オリンピックへの参加を除外されたため、選手は個人資格(Olympic Athletes from Russia)として出場した。

順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ポイント 14 12 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
Key
世界選手権の結果により出場が確定した国
最終予選に出場する国

男子編集

出場国と出場資格
予選大会
開催国 1   韓国
世界選手権ポイント 7   カナダ
  スウェーデン
  アメリカ合衆国
  日本
  スイス
  イギリス
  ノルウェー
世界最終予選 2   イタリア
  デンマーク
Total 10
世界選手権ポイント
順位 2014 2015 2016 2017 合計
1   カナダ 出場 出場 14 14 28
2   スウェーデン 出場 出場 7 12 19
3   アメリカ合衆国 出場 出場 10 9 19
4   日本 出場 出場 9 6 15
5   スイス 出場 出場 4 10 14
6   イギリス 出場 出場 6 7 13
7   ノルウェー 出場 出場 8 5 13
8   デンマーク 出場 - 12 - 12
9   中国 出場 出場 - 8 8
10   フィンランド - 出場 5 - 5
11   イタリア - 出場 - 4 4
12   ドイツ 出場 - 1 3 4
13   ロシア 出場 出場 3 1 4
14   オランダ - - - 2 2
15   韓国 (開催国) - - 2 - 2
16   チェコ 出場 出場 - - 0
チーム   韓国 (KOR)   カナダ (CAN)   スウェーデン (SWE)   アメリカ合衆国 (USA)
スキップ キム・チャンミン英語版 ケビン・クーイー英語版 ニクラス・エディンスウェーデン語版 ジョン・シュースター英語版
サード ソン・セヒョン英語版 マーク・ケネディ英語版 オスカル・エリクソンスウェーデン語版 タイラー・ジョージ英語版
セカンド オ・ウンス英語版 ブレント・レイング英語版 ラスムス・ヴラノスウェーデン語版 マット・ハミルトン英語版
リード イ・ギボク朝鮮語版 ベン・エベール英語版 クリストフェル・スングレン英語版 ジョン・ランドスタイナー英語版
リザーブ キム・ミンチャン英語版 スコット・プファイファー英語版 ヘンリック・レーク英語版 ジョー・ポロ英語版
チーム   日本 (JPN)   スイス (SUI)   イギリス (GBR)   ノルウェー (NOR)
スキップ 両角友佑 ブノワ・シュワルツドイツ語版 カイル・スミス英語版 トーマス・ウルスルードノルウェー語版
サード 清水徹郎 クラウディオ・ペッツドイツ語版 トーマス・ミュアヘッド英語版 トルゲル・ネルゴールノルウェー語版
セカンド 山口剛史 ペーター・デ・クルスドイツ語版 カイル・ウォデル英語版 クリストフェル・スヴァエノルウェー語版
リード 両角公佑 ヴァレンティン・タナードイツ語版 キャメロン・スミス英語版 ホーヴァル・ヴァード・ペーテションノルウェー語版
リザーブ 平田洸介 ドミニク・メルキドイツ語版 グレン・ミュアヘッド英語版 マルクス・ヘイベルノルウェー語版
チーム   イタリア (ITA)   デンマーク (DEN)
スキップ アモス・モーザナーイタリア語版 ラスムス・スティアネデンマーク語版
サード ジョエル・ルトルナイタリア語版 ジョニー・フレデリクセンデンマーク語版
セカンド シモーネ・ゴニンイタリア語版 ミケル・ポウルセンデンマーク語版
リード ダニエレ・フェラッツァイタリア語版 オリバー・デュポンデンマーク語版
リザーブ アンドレア・ピルツァーイタリア語版 モーテン・ベア・トムセンデンマーク語版

太字はフォースを務めないスキップ

女子編集

出場国と出場資格
予選大会
開催国 1   韓国
世界選手権ポイント 7   カナダ
  ロシア
  スイス
  イギリス
  アメリカ合衆国
  スウェーデン
  日本
世界最終予選 2   中国
  デンマーク
Total 10
世界選手権ポイント
順位 2014 2015 2016 2017 合計
1   カナダ 出場 出場 9 14 23
2   ロシア 出場 出場 10 12 22
3   スイス 出場 出場 14 5 19
4   イギリス 出場 出場 8 10 18
5   アメリカ合衆国 出場 出場 7 8 15
6   スウェーデン 出場 出場 4 9 13
7   韓国 (開催国) 出場 - 6 7 13
8   日本 - 出場 12 - 12
9   ドイツ 出場 出場 3 4 7
10   チェコ 出場 - - 6 6
11   デンマーク 出場 出場 5 1 6
12   イタリア - - 1 3 4
13   中国 出場 出場 - 2 2
14   フィンランド - 出場 2 - 2
15   ノルウェー - 出場 - - 0
16   ラトビア 出場 - - - 0
チーム   韓国   カナダ   ロシア   スイス
スキップ 金恩貞 レイチェル・ホーマン英語版 ヴィクトリア・モイセーエワロシア語版 シルヴァナ・ティリンツォーニドイツ語版
サード 金敬愛朝鮮語版 エマ・ミスキュー英語版 ウリヤナ・ワシリエワロシア語版 エスター・ノイエンシュワンダードイツ語版
セカンド 金善英朝鮮語版 ジョアン・コートニー英語版 ガリナ・アルセンキナロシア語版 マヌエラ・ジークリストドイツ語版
リード 金栄美朝鮮語版 リサ・ウィーグル英語版 ユリア・グジヨワロシア語版 マルレーネ・アルブレヒトドイツ語版
リザーブ 金チョヒ朝鮮語版 シェリル・バーナード英語版 ユリア・ポルトゥノワロシア語版 ジェニー・ペレドイツ語版
チーム   イギリス  アメリカ   スウェーデン   日本
スキップ イブ・ミュアヘッド ニーナ・ロス英語版 アンナ・ハッセルボリ 藤澤五月
サード アナ・スローン英語版 タビサ・ピーターソン英語版 サーラ・マクマナススウェーデン語版 吉田知那美
セカンド ヴィッキー・アダムス英語版 アイリーン・ゲビング英語版 アグネス・クノッヘンハウアースウェーデン語版 鈴木夕湖
リード ローレン・グレー英語版 レベッカ・ハミルトン英語版 ソフィア・マベリススウェーデン語版 吉田夕梨花
リザーブ ケリー・シェーファー英語版 コリー・クリステンセン英語版 イェニー・ヴォーリンスウェーデン語版 本橋麻里
チーム   デンマーク   中国
スキップ マドレーヌ・デュポンデンマーク語版 王氷玉中国語版
サード ドニーズ・デュポンデンマーク語版 周妍英語版
セカンド ユリー・ヘイデンマーク語版 劉金莉英語版
リード マチルデ・ハルセデンマーク語版 麻静宜英語版
リザーブ リナ・アルミン・クヌーセンデンマーク語版 姜馨迪英語版

ミックスダブルス編集

出場国と出場資格
予選大会
開催国 1   韓国
世界選手権ポイント 7   中国
  カナダ
  ロシア
  アメリカ合衆国
  スイス
  ノルウェー
  フィンランド
Total 8
世界選手権ポイント
順位 2016 2017 合計
1   中国 12 10 22
2   カナダ 8 12 20
3   ロシアからのオリンピック選手 14 4 18
4   スイス 0 14 14
5   アメリカ合衆国 10 3 13
6   ノルウェー 4 8 12
7   フィンランド 6 6 12
8   イギリス 9 2 11
9   チェコ 0 9 9
10   韓国 (開催国) 0 7 7
11   エストニア 7 0 7
12   ラトビア 0 5 5
13   スロバキア 3 0 3
14   オーストリア 2 0 2
15   イタリア 0 1 1
16   アイルランド 1 0 1

競技結果編集

順位 国・地域
1   スウェーデン (SWE) 1 1 0 2
2   カナダ (CAN) 1 0 0 1
  アメリカ合衆国 (USA) 1 0 0 1
4   スイス (SUI) 0 1 1 2
5   韓国 (KOR) 0 1 0 1
6   日本 (JPN) 0 0 1 1
  ノルウェー (NOR) 0 0 1 1
合計 3 3 3 9
種目
男子[4]   アメリカ合衆国 (USA)
ジョン・シュースター英語版
タイラー・ジョージ英語版
マット・ハミルトン英語版
ジョン・ランドスタイナー英語版
ジョー・ポロ英語版
  スウェーデン (SWE)
ニクラス・エディンスウェーデン語版
オスカル・エリクソンスウェーデン語版
ラスムス・ヴラノスウェーデン語版
クリストフェル・スングレン英語版
ヘンリック・レーク英語版
  スイス (SUI)
ブノワ・シュワルツドイツ語版
クラウディオ・ペッツドイツ語版
ペーター・デ・クルスドイツ語版
バレンティン・タナードイツ語版
ドミニク・メルキドイツ語版
女子[5]   スウェーデン (SWE)
アンナ・ハッセルボリ
サーラ・マクマナススウェーデン語版
アグネス・クノッヘンハウアースウェーデン語版
ソフィア・マベリススウェーデン語版
イェニー・ヴォーリンスウェーデン語版
  韓国 (KOR)
金恩貞
金敬愛朝鮮語版
金善英朝鮮語版
金栄美朝鮮語版
金チョヒ朝鮮語版
  日本 (JPN)
藤澤五月
吉田知那美
鈴木夕湖
吉田夕梨花
本橋麻里
ミックスダブルス[6]   カナダ (CAN)
ケイトリン・ローズ英語版
ジョン・モリス英語版
  スイス (SUI)
ジェニー・ペレドイツ語版
マルティン・リオスドイツ語版
  ノルウェー (NOR)
クリスティン・スカスリエンノルウェー語版
マグヌス・ネードレゴッテンノルウェー語版

男子編集

予選ラウンドロビン編集

  • 総当りで2月14日から21日まで総当り式の予選ラウンドロビンを行い上位3カ国が準決勝に進出し、スイスとイギリスがタイブレーク戦を行った。
順位 国・地域                     勝敗 スキップ
1   スウェーデン -
5-2

10-4

8-6

3-10

2-7

7-2

11-4

7-3

9-5
7勝2敗 ニクラス・エディン
2   カナダ
2-5
-
7-9

6-4

6-8

7-4

7-6

8-4

5-3

8-3
6勝3敗 ケビン・クーイー
3[注 1]   アメリカ合衆国
4-10

9-7
-
10-4

8-4

5-8

11-7

2-8

9-10

9-5
5勝4敗 ジョン・シュースター
4[注 2]   スイス
10-3

8-6

4-8

5-6
-
7-5

7-8

6-5

4-7

9-7
5勝4敗 ペーター・デ・クルス
5[注 2]   イギリス
6-8

4-6

4-10
-
6-5

10-3

5-11

6-5

7-6

7-6
5勝4敗 カイル・スミス
6[注 3]   ノルウェー
7-2

4-7

8-5

3-10

5-7
-
7-5

4-6

4-6

10-8
4勝5敗 トーマス・ウルスルード
7[注 3]   韓国
2-7

6-7

7-11

11-5

8-7

5-7
-
10-4

8-6

8-9
4勝5敗 キム・チャンミン
8[注 3]   日本
4-11

4-8

8-2

5-6

5-6

6-4

4-10
-
6-5

6-4
4勝5敗 両角友佑
9   イタリア
3-7

3-5

10-9

6-7

7-4

6-4

6-8

5-6
-
4-6
3勝6敗 ジョエル・ルトルナ
10   デンマーク
5-9

3-8

5-9

6-7

7-9

8-10

9-8

4-6

6-4
- 2勝7敗 ラスムス・スティアネ
タイブレーク
  1. ^ 5勝4敗で並んだイギリスとスイスとの直接対決のいずれにも勝利しているため3位で予選通過
  2. ^ a b 準決勝最後の1枠を争っているため、タイブレーク戦を実施。タイブレーク戦でスイスがイギリスに勝利
  3. ^ a b c 4勝5敗で並んだ3チーム内の勝敗は3すくみなので、先攻後攻を決めるために試合前に行われるDSCの平均距離が短い順に順位を決定

タイブレーク編集

  • 実施日:2月22日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 合計
  スイス 0 1 0 0 2 1 0 0 5 X 9
  イギリス 2 0 0 2 0 0 0 1 0 X 5

準決勝編集

  • 実施日:2月22日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 合計
  アメリカ合衆国 0 0 1 0 1 0 0 2 0 1 5
  カナダ 0 1 0 1 0 0 0 0 1 0 3
  • 実施日:2月22日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 合計
  スウェーデン 2 0 0 4 0 2 1 0 X X 9
  スイス 0 1 0 0 1 0 0 1 X X 3

3位決定戦編集

  • 実施日:2月23日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 合計
  スイス 0 1 1 0 2 0 2 0 1 X 7
  カナダ 0 0 0 2 0 1 0 2 0 X 5

決勝編集

  • 実施日:2月24日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 合計
  アメリカ合衆国 0 0 2 1 0 2 0 5 0 X 10
  スウェーデン 0 2 0 0 2 0 1 0 2 X 7

最終順位編集

順位 国・地域
1   アメリカ合衆国
2   スウェーデン
3   スイス
4   カナダ
5   イギリス
6   ノルウェー
7   韓国
8   日本
9   イタリア
10   デンマーク

女子編集

予選ラウンドロビン編集

  • 総当りで2月14日から21日まで総当り式の予選ラウンドロビンを行い上位4カ国が準決勝に進出した。
順位 国・地域                     勝敗 スキップ
1   韓国 -
7-6

7-4

5-7

12-5

8-6

7-5

9-6

11-2

9-3
8勝1敗 金恩貞
2   スウェーデン
6-7
-
8-6

4-5

8-4

7-6

8-7

9-6

5-4

9-3
7勝2敗 アンナ・ハッセルボリ
3   イギリス
4-7

6-8
-
8-6

8-7

6-5

8-7

4-7

10-3

7-6
6勝3敗 イブ・ミュアヘッド
4   日本
7-5

5-4

6-8
-
6-7

3-8

4-8

10-5

10-5

8-5
5勝4敗 藤澤五月
5[注 1]   中国
5-12

4-8

7-8

7-6
-
7-5

7-2

4-10

6-7

10-7
4勝5敗 王氷玉
6[注 2]   カナダ
6-8

6-7

5-6

8-3

5-7
-
10-8

11-3

9-8

8-9
4勝5敗 レイチェル・ホーマン
7[注 3]   スイス
5-7

7-8

7-8

8-4

2-7

8-10
-
6-5

11-2

6-4
4勝5敗 シルヴァナ・ティリンツォーニ
8[注 4]   アメリカ合衆国
6-9

6-9

7-4

5-10

10-4

7-9

5-6
-
7-6

10-7
4勝5敗 ニーナ・ロス
9   ロシアからのオリンピック選手
2-11

4-5

3-10

5-10

7-6

8-9

2-11

6-7
-
8-7
2勝7敗 ヴィクトリア・モイセーエワ
10   デンマーク
3-9

3-9

6-7

5-8

7-10

9-8

4-6

6-7

7-8
- 1勝8敗 マドレーヌ・デュポン
タイブレーク
  1. ^ 4勝5敗で並んだ4チーム内の勝敗でカナダ(2勝1敗)と並び、カナダとの直接対決に勝利しているため5位
  2. ^ 4勝5敗で並んだ4チーム中、5位確定した中国を除く3チーム内の勝敗で全勝のため6位
  3. ^ アメリカとの直接対決に勝利しているため7位
  4. ^ スイスとの直接対決に敗北しているため8位

準決勝編集

 
日本対韓国、決着の瞬間
  • 実施日:2月23日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 合計
  韓国 3 0 1 0 2 0 0 1 0 0 1 8
  日本 0 2 0 1 0 1 0 0 2 1 0 7
  • 実施日:2月23日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 合計
  スウェーデン 0 2 0 1 0 2 3 0 2 X 10
  イギリス 0 0 1 0 2 0 0 2 0 X 5

3位決定戦編集

  • 実施日:2月24日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 合計
  日本 0 1 0 1 0 0 0 1 1 1 5
  イギリス 1 0 1 0 1 0 0 0 0 0 3

決勝編集

  • 実施日:2月25日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 合計
  スウェーデン 0 0 2 1 1 0 3 0 1 X 8
  韓国 1 0 0 0 0 1 0 1 0 X 3

最終順位編集

順位 国・地域
1   スウェーデン
2   韓国
3   日本
4   イギリス
5   中国
6   カナダ
7   スイス
8   アメリカ合衆国
9   ロシアからのオリンピック選手
10   デンマーク

ミックスダブルス編集

予選ラウンドロビン編集

  • 総当りで2月8日から13日まで総当り式の予選ラウンドロビンを行い上位3カ国が準決勝に進出し、ノルウェーと中国がタイブレーク戦を行った。
順位 国・地域                 勝敗 選手
1   カナダ -
7-2

8-2

10-4

6-9

7-3

6-4

8-2
6勝1敗 ケイトリン・ローズ
ジョン・モリス
2   スイス
2-7
-
9-8

7-5

5-6

6-4

9-4

7-6
5勝2敗 ジェニー・ペレ
マルティン・リオス
3[注 1]   ロシアからのオリンピック選手
2-8

8-9
-
6-5

4-3

6-5

3-9

7-5
4勝3敗 アナスタシア・ブリズガロワロシア語版
アレクサンドル・クルシェリニツキーロシア語版
4[注 2]   ノルウェー
9-6

6-5

3-4

3-9
-
8-3

3-10

7-6
4勝3敗 クリスティン・スカスリエン
マグヌス・ネードレゴッテン
5[注 2]   中国
4-10

5-7

5-6
-
9-3

8-7

6-4

10-5
4勝3敗 王芮中国語版
巴徳鑫中国語版
6[注 3]   韓国
3-7

4-6

5-6

7-8

3-8
-
9-1

9-4
2勝5敗 チャン・ヘジ朝鮮語版
イ・ギジョン朝鮮語版
7[注 3]   アメリカ合衆国
4-6

4-9

9-3

4-6

10-3

1-9
-
5-7
2勝5敗 レベッカ・ハミルトン英語版
マット・ハミルトン英語版
8   フィンランド
2-8

6-7

5-7

5-10

6-7

4-9

7-5
- 1勝6敗 オーナ・カウステフィンランド語版
トミ・ランタマキフィンランド語版
タイブレーク
  1. ^ 4勝3敗で並んだ中国、ノルウェーとの直接対決のいずれにも勝利しているため3位で予選通過
  2. ^ a b 準決勝最後の1枠を争っているため、タイブレーク戦を実施。タイブレーク戦でノルウェーが中国に勝利
  3. ^ a b 2勝5敗で並んだ2チームの直接対決で韓国がアメリカに勝利

タイブレーク編集

  • 実施日:2月11日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 合計
  ノルウェー 0 3 0 1 0 4 0 1 9
  中国 2 0 1 0 2 0 2 0 7

準決勝編集

  • 実施日:2月12日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 合計
  カナダ 2 0 0 1 2 0 3 X 8
  ノルウェー 0 1 1 0 0 2 0 X 4
  • 実施日:2月12日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 合計
  スイス 2 0 1 1 0 0 2 1 7
  ロシアからのオリンピック選手 0 2 0 0 2 1 0 0 5

3位決定戦編集

  • 実施日:2月13日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 合計 備考
  ノルウェー 0 0 2 0 2 0 0 0 W
  ロシアからのオリンピック選手 2 1 0 2 0 1 1 1 L ドーピング違反により失格

決勝編集

  • 実施日:2月13日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 合計
  カナダ 2 0 4 0 2 2 X X 10
  スイス 0 2 0 1 0 0 X X 3

最終順位編集

順位 国・地域
1   カナダ
2   スイス
3   ノルウェー
4   中国
5   韓国
6   アメリカ合衆国
7   フィンランド
失格   ロシアからのオリンピック選手

脚注編集