2020年のスーパースポーツ世界選手権

2020年のスーパースポーツ世界選手権
前年: 2019 翌年: 2021
サポートシリーズ:
スーパーバイク世界選手権
スーパースポーツ300世界選手権

2020年のスーパースポーツ世界選手権は、F.I.M.が主催するスーパースポーツ世界選手権の第22回目のシーズン。

2020年の開催スケジュールと勝者編集

2020年シーズンのカレンダーは2019年11月21日に発表され、13ラウンドが予定される[1]。シリーズはカタロニア・サーキット(9月19日と20日)で初開催され[2]オシャースレーベンでは2004年以来の開催(8月1日と2日)となる予定であった[3]新型コロナウイルスの流行のため、ロサイルラウンドは日程未定で延期され[4]、ヘレス[5]、アッセン[6]、アラゴンおよびミザーノは日程が変更され、イモラ[7]とオシャースレーベン[8]はキャンセルされた。同じ理由でMotoGPのカレンダーが改訂された結果、フランスラウンドも延期された[5]。一方すでにスケジュールが変更されていたアッセンラウンドは、ドニントンラウンドとともに「未定」とされた[9]

6月19日に改訂されたカレンダーが公開された。シリーズ再開のため、ヘレスとアルガルヴェが前倒しされ、第5戦にアラゴンでの第2ラウンドが追加された。他の5つのラウンド(アラゴンの第1ラウンド、バルセロナ、マニクール、サン・フアン・ビリクム、ミザーノ)は当初の日程または改訂された日程でカレンダー入りしたが、後の2つのイベントは「未定」とされた。ロサイル、ドニントン、アッセンの3ラウンドは、開催日が未定のままカレンダー入りしたが[10][11]、その後7月24日にキャンセルされた[12]。アルゼンチンラウンドは8月13日にキャンセルされ[13]、ミザーノもキャンセル、8月18日のエストリルラウンドに置き換えられた[14][15]

また、土曜日に決勝を1つ加えたことで第2戦以降の全ラウンドが2レース制となったため、イベントのタイムテーブルも改訂された[16]

2020年のカレンダー[1]
ラウンド 開催国 サーキット 開催日 スーパーポール ファステストラップ 優勝者 優勝チーム
1   オーストラリア フィリップ・アイランド・サーキット 3月1日   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team
2 R1   スペイン ヘレス・サーキット 8月1日[注釈 1]   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team
R2 8月2日[注釈 1]   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team
3 R1   ポルトガル アウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェ 8月8日[注釈 2]   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team
R2 8月9日[注釈 2]   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team
4 R1   スペイン モーターランド・アラゴン 8月29日[注釈 3]   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team
R2 8月30日[注釈 3]   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team
5 R1 9月5日[注釈 4]   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team
R2 9月6日[注釈 4]   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team
6 R1 カタロニア・サーキット 9月19日   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ   アンディー・ヴェルドイア ブルー・クルー・ワールドSSP・バイ・MSレーシング
R2 9月20日   イサック・ビニャーレス   アンドレア・ロカテッリ BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team
7 R1   フランス マニクール・サーキット 10月3日[注釈 5]   カイル・スミス   アンドレア・ロカテッリ   アンドレア・ロカテッリ BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team
R2 10月4日[注釈 5]   ハンネス・ソーメル   ルーカス・マヒアス カワサキ・プッチェッティ・レーシング
8 R1   ポルトガル エストリル・サーキット 10月17日[注釈 6]   アンドレア・ロカテッリ   イサック・ビニャーレス   アンドレア・ロカテッリ BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team
R2 10月18日[注釈 6]   イサック・ビニャーレス   ルーカス・マヒアス カワサキ・プッチェッティ・レーシング
2020年に開催する契約を結んでいたが、キャンセルされたレース:
-   カタール ロサイル・インターナショナル・サーキット N/A[注釈 7] N/A
-   オランダ TTサーキット・アッセン N/A[注釈 8] N/A
-   イタリア イモラ・サーキット N/A[注釈 9] N/A
-   イギリス ドニントン・パーク N/A[注釈 10] N/A
-   ドイツ モートルシュポルト・アレーナ・オシャースレーベン N/A[注釈 11] N/A
-   アルゼンチン シルクイート・サン・フアン・ビリクム N/A[注釈 12] N/A
-   イタリア ミザーノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェッリ N/A[注釈 13] N/A

参加ライダー編集

2020年のエントリーリスト[17]
チーム コンストラクター 車両 車番 ライダー 出場ラウンド
MVアグスタ・レパルト・コルセ MVアグスタ MVアグスタ・F3 675英語版 1   ランディ・クルメナッハ[18] 1
3   ラファエレ・デ・ロサ[17] 全戦
22   フェデリコ・フリーニ[17] 全戦
EABテン・ケイト・レーシング ヤマハ ヤマハ・YZF-R6 4   スティーヴン・オデンダール[19] 全戦
Altogoo Racing Team 6   マリア・エレーラ[20] 5
ブルー・クルー・ワールドSSP・バイ・MSレーシング 9   ガラン・ヘンドラ・プラタマ[21] 全戦
25   アンディー・ヴェルドイア[21] 全戦
GMT94ヤマハ 11   カイル・スミス[22] 6-7
16   ジュール・クルーセル[23] 1-5, 8
85   オスカル・グティエレス・イグレシアス[24] 6
94   コランタン・ペロラーリ[23] 全戦
OXXOヤマハ・チーム・トート 21   ヴァンサン・ファルコン[25] 8
56   シェベシュチェーン・ペーテル[26] 全戦
84   ロリス・クレソン[27] 1-7
Parkalgar Yamaha - Evan Bros 28   ヴィクトル・アルシャンドル・ダ・シルヴァ・バホス[25] 8
MPM Routz Racing Team 30   フレン・ファン・ストラーレン[24] 6-8
74   ヤイミ・ファン・シッケレリュス[28] 1
83   ラクラン・エピス[29] 2-5
カッリオ・レーシング 32   イサック・ビニャーレス[30] 全戦
38   ハンネス・ソーメル[30] 全戦
Moto Team Jura Vitesse 42   ステファン・フロサール[31] 7
BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team 55   アンドレア・ロカテッリ[32] 全戦
キューブ・レーシング 68   オリヴァー・ベイリス[33] 1
ヴイツィク・レーシングチーム 71   クリストッフェル・ベリマン[34] 1-2
H43・チーム・ノビー 77   ミケル・ポンス[35] 3
WRP Wepol Racing 98   カレル・ハニカ[31] 7-8
99   ダニー・ウェブ[17] 全戦
カワサキ・プッチェッティ・レーシング カワサキ カワサキ・ZX-6R 5   フィリップ・エットル[36] 全戦
44   ルーカス・マヒアス[36] 全戦
ブラックフラッグ・モータースポーツ 43   ステーファノ・ヴァルトゥリーニ[37] 4
DEZA-ISMABON Racing Team 57   ギリェム・エリル[24] 6
ターキッシュ・レーシングチーム 61   ジャン・アレクサンデル・オンジュ[38] 全戦
カワサキ・パーキンゴー・チーム 81   マヌエル・ゴンサレス[17] 全戦
ダイナボルト・ホンダ ホンダ ホンダ・CBR600RR 6   マリア・エレーラ[35] 3
52   パトリック・ホーベルスベルガー[39] 全戦
77   ミケル・ポンス[24] 6
78   大久保光[40] 1-2, 4-5, 7-8
WorldSSPチャレンジ エントリー
DKモータースポート ヤマハ ヤマハ・YZF-R6 2   ルイージ・モンテッラ[41] 2-7
Altogoo Racing Team 6   マリア・エレーラ[37] 4
34   ケヴィン・マンフレーディ[35] 3, 5-8
48   グザヴィエ・ナヴァン[17] 2
エンペラドル・レーシングチーム 12   アレハンドロ・ルイス・カランサ[17] 2-8
Soradis Yamaha Motoxracing 47   アクセル・バッサーニ[17] 2-8
凡例
レギュラーライダー
ワイルドカード参戦
代役参戦

レース結果とランキング編集

ポイントシステム:
順位  1位   2位   3位   4位   5位   6位   7位   8位   9位   10位   11位   12位   13位   14位   15位 
ポイント 25 20 16 13 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

ライダー編集

順位 ライダー 車両 PHI
 
JER
 
POR
 
ARA
 
ARA
 
CAT
 
MAG
 
EST
 
ポイント
1   アンドレア・ロカテッリ ヤマハ 1 1 1 1 1 1 1 1 1 4 1 1 Ret 1 2 333
2   ルーカス・マヒアス カワサキ 4 4 3 2 Ret 5 4 4 2 2 2 2 1 Ret 1 229
3   フィリップ・エットル カワサキ Ret 3 4 7 5 3 5 5 4 8 3 14 11 2 5 162
4   ジュール・クルーセル ヤマハ 2 2 2 6 2 2 2 3 Ret 9 9 160
5   スティーヴン・オデンダール ヤマハ 6 6 8 8 4 6 8 Ret 9 6 5 12 4 5 4 136
6   ラファエレ・デ・ロサ MVアグスタ DSQ 5 5 3 12 4 3 2 Ret 14 4 4 Ret Ret 3 135
7   マヌエル・ゴンサレス カワサキ 7 8 10 10 6 8 10 6 8 7 7 7 6 7 7 126
8   イサック・ビニャーレス ヤマハ 8 Ret 7 5 3 7 6 Ret 3 15 6 13 Ret 4 6 116
9   ハンネス・ソーメル ヤマハ 5 10 9 9 8 Ret Ret 19 5 13 10 3 3 3 8 115
10   コランタン・ペロラーリ ヤマハ 3 7 6 4 7 10 7 9 7 16 8 11 Ret 10 13 110
11   ダニー・ウェブ ヤマハ 10 12 11 11 22 9 9 8 10 18 9 10 8 11 10 80
12   ジャン・アレクサンデル・オンジュ カワサキ 9 9 12 Ret 10 13 13 Ret Ret 12 Ret 6 7 6 14 65
13   シェベシュチェーン・ペーテル ヤマハ 12 Ret DNS 12 11 Ret 11 7 6 20 11 9 Ret Ret Ret 49
14   ケヴィン・マンフレーディ ヤマハ Ret 13 13 Ret 5 13 5 10 14 18 39
15   カイル・スミス ヤマハ 3 Ret Ret 2 36
16   アンディー・ヴェルドイア ヤマハ 13 Ret 15 Ret 20 20 19 15 15 1 14 18 Ret 15 15 35
17   アクセル・バッサーニ ヤマハ Ret Ret 13 19 18 Ret 14 13 10 12 15 14 8 12 33
18   フェデリコ・フリーニ MVアグスタ DSQ 13 14 Ret 16 12 12 10 14 17 Ret 8 Ret 13 17 32
19   アレハンドロ・ルイス・カランサ ヤマハ 11 13 DNS DNS 11 14 11 11 23 18 16 Ret Ret 16 25
20   カレル・ハニカ ヤマハ Ret 5 Ret 11 16
21   ミケル・ポンス ヤマハ 14 9 16
ホンダ 9 17
22   大久保光 ホンダ Ret Ret Ret 17 15 Ret DNS Ret 9 12 Ret 12
23   ロリス・クレソン ヤマハ 15 14 18 15 14 19 17 16 16 11 15 17 Ret 12
24   ガラン・ヘンドラ・プラタマ ヤマハ 16 Ret 16 17 15 16 21 12 12 Ret Ret Ret 13 16 Ret 12
25   パトリック・ホーベルスベルガー ホンダ 11 Ret Ret 16 17 15 18 Ret 19 21 Ret DNS DNS 18 20 6
26   フレン・ファン・ストラーレン ヤマハ 22 16 Ret 12 17 19 4
27   マリア・エレーラ ホンダ 19 18 2
ヤマハ 14 20 17 17
28   ヤイミ・ファン・シッケレリュス ヤマハ 14 2
29   ルイージ・モンテッラ ヤマハ 15 19 Ret 21 21 22 18 Ret 24 19 DNQ DNQ 1
  ステーファノ・ヴァルトゥリーニ ヤマハ Ret 16 0
  ラクラン・エピス ヤマハ 16 17 18 Ret Ret Ret Ret 18 0
  ヴァンサン・ファルコン ヤマハ 19 21 0
  オスカル・グティエレス・イグレシアス ヤマハ 19 Ret 0
  ギリェム・エリル カワサキ Ret 20 0
  ヴィクトル・アルシャンドル・ダ・シルヴァ・バホス ヤマハ Ret 22 0
  ステファン・フロサール ヤマハ Ret Ret 0
  クリストッフェル・ベリマン ヤマハ Ret DNS DNS 0
  ランディ・クルメナッハ MVアグスタ DSQ 0
  オリヴァー・ベイリス ヤマハ DNS 0
  グザヴィエ・ナヴァン ヤマハ WD WD 0
順位 ライダー 車両 PHI
 
JER
 
POR
 
ARA
 
ARA
 
CAT
 
MAG
 
EST
 
ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

マニュファクチャラー編集

順位 マニュファクチャラー PHI
 
JER
 
POR
 
ARA
 
ARA
 
CAT
 
MAG
 
EST
 
ポイント
1   ヤマハ 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 2 365
2   カワサキ 4 3 3 2 5 3 4 4 2 2 2 2 1 2 1 268
3   MVアグスタ DSQ 5 5 3 12 4 3 2 14 14 4 4 Ret 13 3 140
4   ホンダ 11 Ret Ret 16 17 15 15 Ret 19 9 17 Ret 9 12 20 25
順位 マニュファクチャラー PHI
 
JER
 
POR
 
ARA
 
ARA
 
CAT
 
MAG
 
EST
 
ポイント

脚注編集

  1. ^ a b ヘレスラウンドはもともと2020年3月27-29日に行われる予定であった。新型コロナウィルス感染症の流行のため最初10月23-25日に延期され[5]、その後7月31日-8月2日に再延期された[10]
  2. ^ a b ポルトガルラウンドはもともと2020年9月4-6日に行われる予定であった。新型コロナウィルス感染症の流行のため8月7-9日に延期された。
  3. ^ a b アラゴンラウンドはもともと2020年5月22-24日に行われる予定であった。新型コロナウィルス感染症の流行のため8月28-30日に延期された[7]
  4. ^ a b アラゴン第2ラウンドは2020年6月19日に追加された[10]
  5. ^ a b フランスラウンドはもともと2020年9月25-27日に行われる予定であった。新型コロナウィルス感染症の流行のため10月2-4日に延期された[5]
  6. ^ a b 2020年8月18日にエストリルラウンドがカレンダーに追加された。これは新型コロナウィルス感染症の流行のためキャンセルされたミサノラウンドの代替であった[14]
  7. ^ ロサイルラウンドはもともと2020年3月13-15日に行われる予定であった。新型コロナウィルス感染症の流行のため日付未定で延期され[4]、その後キャンセルとなった[12]
  8. ^ アッセンラウンドはもともと2020年4月17-19日に行われる予定であった。新型コロナウィルス感染症の流行のため最初8月21-23日に延期され[6]、その後日付未定となり[10]、最終的にキャンセルとなった[12]
  9. ^ イモララウンドはもともと2020年5月8-10日に行われる予定であった。新型コロナウィルス感染症の流行のためキャンセルとなった[7]
  10. ^ ドニントンラウンドはもともと2020年7月3-5日に行われる予定であった。新型コロナウィルス感染症の流行のため日付未定で延期され[10]、その後キャンセルとなった[12]
  11. ^ オッシャースレーベンラウンドはもともと2020年7月31日-8月2日に行われる予定であった。新型コロナウィルス感染症の流行のためキャンセルとなった[8]
  12. ^ アルゼンチンラウンドはもともと2020年10月9-11日に行われる予定であった。新型コロナウィルス感染症の流行のため8月13日にキャンセルとなった[13]
  13. ^ ミサノラウンドはもともと2020年6月12-14日に行われる予定であった。新型コロナウィルス感染症の流行のため最初は11月6-8日に延期され、その後8月18日にキャンセルとなった[14]

参照編集

  1. ^ a b “2020 Motul FIM Superbike World Championship Calendar”. スーパーバイク世界選手権 (ドルナスポーツ). (2019年11月21日). http://www.worldsbk.com/en/news/2020/2020%20MOTUL%20FIM%20Superbike%20World%20Championship%20Calendar 2019年11月21日閲覧。 
  2. ^ Klein, Jamie (2019年10月29日). “WSBK adds Barcelona to 2020 schedule”. Motorsport.com (Motorsport Network). https://www.motorsport.com/wsbk/news/barcelona-2020-calendar/4589003/ 2019年11月13日閲覧。 
  3. ^ “Oschersleben returns as WorldSBK heads back to Germany”. スーパーバイク世界選手権 (ドルナスポーツ). (2019年11月12日). http://www.worldsbk.com/en/news/2020/Oschersleben+returns+as+WorldSBK+heads+back+to+Germany 2019年11月13日閲覧。 
  4. ^ a b Lauretana Water Qatar Round to be rescheduled”. スーパーバイク世界選手権. ドルナスポーツ (2020年3月3日). 2020年3月11日閲覧。
  5. ^ a b c d MOTUL FIM Superbike World Championship/FIM Supersport and Supersport 300 World Championships UPDATE: 2020 Provisional calendar, 11 March 2020”. resources.worldsbk.com. ドルナスポーツ (2020年3月11日). 2020年3月11日閲覧。
  6. ^ a b “Dutch WorldSBK round at Assen rescheduled”. スーパーバイク世界選手権 (ドルナスポーツ). (2020年3月24日). https://www.worldsbk.com/en/news/2020/Dutch+WorldSBK+round+at+Assen+rescheduled 2020年3月24日閲覧。 
  7. ^ a b c “2020 calendar update: Aragon and Misano rescheduled, Imola cancelled”. スーパーバイク世界選手権 (ドルナスポーツ). (2020年4月14日). https://www.worldsbk.com/en/news/2020/2020+calendar+UPDATE+Aragon+and+Misano+rescheduled+Imola+cancelled 2020年4月14日閲覧。 
  8. ^ a b “Proposal in place for rescheduled Spanish Round at Jerez, Oschersleben cancelled”. スーパーバイク世界選手権 (ドルナスポーツdate=8 May 2020). https://www.worldsbk.com/en/news/2020/Proposal+in+place+for+rescheduled+Spanish+Round+at+Jerez+Oschersleben+cancelled 2020年5月8日閲覧。 
  9. ^ “2020 season situation features positive prospects”. fim-live.com (国際モーターサイクリズム連盟). (2020年5月29日). http://www.fim-live.com/en/article/2020-season-situation-features-positive-prospects/ 2020年6月19日閲覧。 
  10. ^ a b c d e MOTUL FIM Superbike World Championship/FIM Supersport and Supersport 300 World Championships - 2020 calendar, UPDATE: 19th June”. スーパーバイク世界選手権. ドルナスポーツ (2020年6月19日). 2020年6月19日閲覧。
  11. ^ “2020 WorldSBK calendar unveiled”. スーパーバイク世界選手権 (ドルナスポーツ). (2020年6月19日). https://www.worldsbk.com/en/news/2020/New+2020+WorldSBK+calendar+unveiled 2020年6月19日閲覧。 
  12. ^ a b c d “British, Dutch and Qatari WorldSBK rounds cancelled”. スーパーバイク世界選手権 (ドルナスポーツ). (2020年7月24日). https://www.worldsbk.com/en/news/2020/British+Dutch+and+Qatari+WorldSBK+rounds+cancelled 2020年7月24日閲覧。 
  13. ^ a b “Argentinean WorldSBK Round set for 2021”. スーパーバイク世界選手権 (ドルナスポーツ). (2020年8月13日). https://www.worldsbk.com/en/news/2020/Argentinean+WorldSBK+Round+set+for+2021 2020年8月13日閲覧。 
  14. ^ a b c Misano cancelled for 2020, contract renewed for three years”. スーパーバイク世界選手権. ドルナスポーツ (2020年8月18日). 2020年8月18日閲覧。
  15. ^ “WorldSBK welcomes Circuito Estoril for 2020 grand finale”. スーパーバイク世界選手権 (ドルナスポーツ). (2020年8月18日). https://www.worldsbk.com/en/news/2020/WorldSBK+welcomes+Circuito+Estoril+for+2020+grand+finale 2020年8月18日閲覧。 
  16. ^ “Extra races headline schedule change for WorldSSP and WorldSSP300”. スーパーバイク世界選手権 (ドルナスポーツ). (2020年6月19日). https://www.worldsbk.com/en/news/2020/Extra+races+headline+schedule+change+for+WorldSSP+and+WorldSSP300 2020年6月19日閲覧。 
  17. ^ a b c d e f g h 2020 Provisional Entry List”. resources.worldsbk.com. Dorna WSBK (2020年1月21日). 2020年1月21日閲覧。
  18. ^ “WorldSSP Champion Krummenacher signs with MV Agusta for 2020”. スーパーバイク世界選手権 (Dorna WSBK). (2019年10月31日). http://www.worldsbk.com/en/news/2020/WorldSSP+Champion+Krummenacher+signs+with+MV+Agusta+for+2020 2019年11月22日閲覧。 
  19. ^ “Ten Kate Racing return to World Supersport with Steven Odendaal”. スーパーバイク世界選手権 (Dorna WSBK). (2019年10月18日). http://www.worldsbk.com/en/news/2019/Ten+Kate+Racing+return+to+World+Supersport+with+Steven+Odendaal 2019年11月22日閲覧。 
  20. ^ Pirelli Teruel Round, 4 - 6 September 2020 - Biographical Entry List”. resources.worldsbk.com. Dorna WSBK (2020年9月4日). 2020年9月4日閲覧。
  21. ^ a b “Galang Hendra Pratama and Andy Verdoia graduate to WorldSSP”. スーパーバイク世界選手権 (Dorna WSBK). (2019年12月30日). http://www.worldsbk.com/en/news/2020/Galang+Hendra+Pratama+and+Andy+Verdoia+graduate+to+WorldSSP 2020年1月3日閲覧。 
  22. ^ “Smith to replace injured Cluzel at GMT94 Yamaha for Catalunya Round”. スーパーバイク世界選手権 (Dorna WSBK). (2020年9月11日). https://www.worldsbk.com/en/news/2020/Smith+to+replace+injured+Cluzel+at+GMT94+Yamaha+for+Catalunya+Round 2020年9月15日閲覧。 
  23. ^ a b “Cluzel and Perolari remain at GMT94 Yamaha in WorldSSP”. スーパーバイク世界選手権 (Dorna WSBK). (2019年11月6日). http://www.worldsbk.com/en/news/2020/Cluzel+and+Perolari+remain+at+GMT94+Yamaha+in+WorldSSP 2019年11月22日閲覧。 
  24. ^ a b c d “Updated line-ups: big changes to all three class grids for inaugural Catalunya Round”. スーパーバイク世界選手権 (ドルナスポーツ). (2020年9月17日). https://www.worldsbk.com/en/news/2020/Updated+lineups+big+changes+to+all+three+class+grids+for+inaugural+Catalunya+Round 2020年9月17日閲覧。 
  25. ^ a b Pirelli Estoril Round, 16 - 18 October 2020 - Biographical Entry List”. resources.worldsbk.com. Dorna WSBK (2020年10月16日). 2020年10月16日閲覧。
  26. ^ “OXXO Hungary Yamaha - Team Toth and Sebestyen together in 2020”. スーパーバイク世界選手権 (ドルナスポーツ). (2019年12月9日). http://www.worldsbk.com/en/news/2020/OXXO+Hungary+Yamaha+Team+Toth+and+Sebestyen+together+in+2020 2019年12月11日閲覧。 
  27. ^ “Loris Cresson joins Toth Yamaha for 2020 World Supersport season”. スーパーバイク世界選手権 (Dorna WSBK). (2019年11月12日). http://www.worldsbk.com/en/news/2020/Loris+Cresson+joins+Toth+Yamaha+in+for+2020+World+Supersport+season 2019年11月22日閲覧。 
  28. ^ “Jaimie van Sikkelerus in WorldSSP for 2020 with Ten Kate support”. スーパーバイク世界選手権 (Dorna WSBK). (2019年11月8日). http://www.worldsbk.com/en/news/2020/Jaimie+van+Sikkelerus+in+WorldSSP+for+2020+with+Ten+Kate+support 2019年11月22日閲覧。 
  29. ^ Pirelli Spanish Round, 31 July - 2 August 2020 - Biographical Entry List”. resources.worldsbk.com. Dorna WSBK (2020年7月31日). 2020年7月31日閲覧。
  30. ^ a b “Kallio Racing announce Vinales and Soomer for 2020 WorldSSP season”. スーパーバイク世界選手権 (Dorna WSBK). (2019年11月25日). http://www.worldsbk.com/en/news/2020/Kallio+Racing+announce+Viales+and+Soomer+for+2020+WorldSSP+season 2019年11月26日閲覧。 
  31. ^ a b Pirelli French Round, 2 - 4 October - Biographical Entry List”. resources.worldsbk.com. Dorna WSBK (2020年10月2日). 2020年10月3日閲覧。
  32. ^ “Andrea Locatelli joins BARDAHL Yamaha for 2020 WorldSSP season”. スーパーバイク世界選手権 (Dorna WSBK). (2019年11月8日). http://www.worldsbk.com/en/news/2020/Andrea+Locatelli+joins+BARDAHL+Yamaha+for+2020+WorldSSP+season 2019年11月22日閲覧。 
  33. ^ Yamaha Finance Australian Round, 28 February  - 1 March 2020 - Biographical Entry List”. resources.worldsbk.com. Dorna WSBK (2020年2月28日). 2020年2月28日閲覧。
  34. ^ “Wojcik Racing Team officialy〔ママ〕 announce Christoffer Bergman for WorldSSP in 2020”. WRT (Wojcik Racing Team). (2019年12月23日). http://wojcikracingteam.pl/wojcik-racing-team-officialy-announce-christoffer-bergman-for-worldssp-in-2020/ 2019年12月23日閲覧。 
  35. ^ a b c Motul Portuguese Round, 7 - 9 August 2020 - Biographical Entry List”. resources.worldsbk.com. Dorna WSBK (2020年8月7日). 2020年8月7日閲覧。
  36. ^ a b “Mahias and Oettl lead Puccetti Kawasaki's 2020 WorldSSP title attack”. スーパーバイク世界選手権 (Dorna WSBK). (2019年10月14日). http://www.worldsbk.com/en/news/2019/Mahias+and+ettl+lead+Puccetti+Kawasakis+2020+WorldSSP+title+attack 2019年11月22日閲覧。 
  37. ^ a b Prosecco DOC Aragon Round, 28 - 30 August 2020 - Biographical Entry List”. resources.worldsbk.com. Dorna WSBK (2020年8月28日). 2020年8月28日閲覧。
  38. ^ “Can Oncu joins WorldSSP grid with all-new Turkish Racing Team”. スーパーバイク世界選手権 (Dorna WSBK). (2019年11月18日). http://www.worldsbk.com/en/news/2020/Can+nc+joins+WorldSSP+grid+with+allnew+Turkish+Racing+Team 2019年11月22日閲覧。 
  39. ^ “Hobelsberger joins Okubo at PTR Honda for 2020 World Supersport Season”. スーパーバイク世界選手権 (Dorna WSBK). (2019年11月18日). http://www.worldsbk.com/en/news/2020/Hobelsberger+joins+Okubo+at+PTR+Honda+for+2020+World+Supersport+Season 2019年11月22日閲覧。 
  40. ^ “Okubo back with PTR Honda for WorldSSP charge in 2020”. スーパーバイク世界選手権 (Dorna WSBK). (2019年11月6日). http://www.worldsbk.com/en/news/2020/Okubo+back+with+PTR+Honda+for+WorldSSP+charge+in+2020 2019年11月22日閲覧。 
  41. ^ “Back on track: WorldSSP battles to resume at Jerez”. スーパーバイク世界選手権 (Dorna WSBK). (2020年7月28日). https://www.worldsbk.com/en/news/2020/Back%20on%20track%20WorldSSP%20battles%20to%20resume%20at%20Jerez 2020年7月28日閲覧。 

外部リンク編集