メインメニューを開く

モーターランド・アラゴン

モーターランド・アラゴン ( Motorland Aragón / スペイン語: Ciudad del Motor de Aragón ) は、スペインアラゴン州アルカニス近郊にあるサーキット

スペインの旗モーターランド・アラゴン
Ciudad del Motor de Aragón
FIAサーキットのレイアウト
FIAサーキットのレイアウト

FIMサーキットのレイアウト
FIMサーキットのレイアウト
所在地 スペインアラゴン州アルカニス
標準時 GMT+1
主なイベント ワールドシリーズ・バイ・ルノー, MotoGP,SBK
FIAサーキット
コース長 5.344 km (3.321 mi)
レコードタイム 1:44.833 (ジェームス・ウォーカー, P1 Motorsport(ワールドシリーズ・バイ・ルノー), 2009年)
FIMサーキット
コース長 5.078 km (3.155 mi)

概要編集

2009年9月開業[1]。サーキットの建設は、著名なサーキットデザイナーであるドイツ人建築家ヘルマン・ティルケが、イギリスの建設会社フォスター・アンド・パートナーズと共同で手がけた。またF1ドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサがテクニカル&スポーツコンサルタントを務めた[2]

施設は結合された3つのゾーン - テクノロジーパーク、スポーツエリア、レジャー&カルチャーエリアにより形成されている。テクノロジーパークには、自動車工業に関する研究・教育機関が置かれる。スポーツエリアには、様々なレイアウトを構成できるレーシングサーキット本体、カートコース、グラベルコースによって構成されている。レジャー&カルチャーエリアにはホテル、ショッピングセンター、その他商業施設が置かれている[3]

2008年5月26日、モーターランド・アラゴンは2009年と2010年シーズンにワールドシリーズ・バイ・ルノーの舞台となることが発表された。これはサーキットにとって初の国際選手権の開催となった[4][5]。またルノーは年に30日、テストやプロモーションイベントにサーキットを利用する権利を持つ。

2010年3月18日、モーターランド・アラゴンはハンガリーバラトンリンクの代替開催地としてMotoGP2010年カレンダーに載った。以前からアラゴンはリザーブとしてリストに載っており、サーキット建設の遅れにより2年連続でキャンセルとなったバラトンリンクでのハンガリーGPに代わり、スペイン第四のグランプリとしてアラゴングランプリの開催が実現することになった[6]

2010年からのF1参戦を断念したアメリカのチーム・USF1は、ヨーロッパにおける拠点をこのサーキットに置く予定であった[7]

脚注編集

外部リンク編集