メインメニューを開く

44MAGNUM(フォーティフォーマグナム)は、日本ロックバンド[1]

44MAGNUM
(フォーティフォーマグナム)
出身地 日本の旗 日本大阪府[1]
ジャンル ハードロック[1]
ヘヴィメタル[1]
グラム・メタル
活動期間 1977年 - 1989年
2002年 -
レーベル MOON RECORDS
invitation
DANGER CRUE RECORDS
公式サイト 44MAGNUM OFFICIAL SITE
メンバー 梅原“PAUL”達也ヴォーカル
STEVIEヴォーカル
広瀬“JIMMY”さとしギター
吉川“BAN”裕規ベース
宮脇“JOE”知史ドラム
旧メンバー 永森晃(ギター)
田中タカ(ベース)
前元博文ドラムス
伊賀照幸ドラムス
SHUSE(ベース)
Anarchy Bad Ray(ベース)
TOKI(ベース)

概要編集

ジャパニーズヘヴィメタルヴィジュアル系の先駆けと言えるバンドで、影響を受けたバンドの数は多い(X JAPAN、D'ERLANGER等)。 特にD'ERLANGERギタリスト瀧川一郎ドラマー菊地哲と元REACTIONGRAND SLAMの加藤純也は、44MAGNUMのローディーとして働いており、瀧川一郎は広瀬さとしに弟子入りし、菊地哲は宮脇知史に弟子入りしていた。

1977年、 PAUL(梅原達也 / ボーカル)によって結成される。1979年、ギターのJIMMY(広瀬さとし / ギター)が加入。今のバンドの原型ができあがる。その後、メンバーチェンジを繰り返しながら1983年MOON RECORDSからアルバム『DANGER』をリリースしメジャーデビュー。

当時としては珍しく,メンバー全員が髪を金髪に染め、ケバケバしい化粧やカラーコンタクトをした派手目なルックスは後のヴィジュアル系バンドやパンクバンドにも多大な影響を与えることになる。

ただし、この「メンバー全員が金髪」はメジャーデビューにあたって、売出側の「ギョーカイの大人たち」によって「させられた」もの。当時、日本にモトリー・クルーが紹介されていた時期でも有り、売出側は「和製モトリー・クルー」を画策した。

1985年、布袋寅泰和田アキラ北島健二、高橋ヨシロウ(アクション)らをゲストに迎え、各メンバーのソロ曲を収録したミニアルバム『FOUR FIGURES』をリリース。

1987年に、レコード会社移籍と共にヘヴィメタルはもう古いとソフトロック路線に変更するが、ファンからは猛烈なバッシングを喰らい人気は急降下。 1988年打ち込みの導入に反対していたドラムのJOE(宮脇知史 / ドラム)が脱退、1989年4月4日に解散してしまう。

同年4月21日には1986年にレコーディングした未発表アルバム『STILL ALIVE』をデンジャー・クルーよりリリース。音楽雑誌やファンから絶賛をうける。

解散後、梅原は江川ほーじんらと共にRHINOCEROSを結成。 広瀬は橋本みゆきと共にTOPAZを結成し、解散後はビーイング系バンドのspAed吉川晃司のツアーギタリストとして参加している。 吉川は当時44MAGNUMのローディとして働いていた元REACTIONの加藤純也らと共にGRAND SLAMを結成。 宮脇は脱退後、DIAMOND☆YUKAIhide with Spread Beaverのツアーメンバーとして参加、1994年にはZIGGYに加入し、2000年には仮面ライダーシリーズのトリビュートバンドであるRIDER CHIPSに参加した。

2002年に復活し、アルバム『IGNITION』をリリースしたが、44MAGNUMとしてのライブは開催されないまま(PAUL&JIMMYによる22MAGNUM名義でのイベント参加は行われた。)、活動自体が徐々にフェイドアウトしてゆく。

2006年11月に大阪のライブハウス「バハマ」で行われたライブの中で、ボーカルの梅原達也は自分が若年性パーキンソン病患者である事を公表した[2]

2007年4月4日 公式HPにメンバー4人がコメントを載せ、再度の復活と本格的な活動を宣言。

10月13.14日に目黒鹿鳴館にてライブを開催予定していたが、事務所とのマネージメント契約が突如解除される等した為、寸前まで開催を不安視する意見が多かった。また宮脇のライブスケジュールに44MAGNUMのライブが含まれていない事にも疑念の声が上がっていた。 その不安は的中し、結局この公演は中止となってしまった。

しかし翌年3月1日、前年の鹿鳴館公演の振り替えを兼ねた「関西なぐりこみGIG 2008」(中野サンプラザ)にてMARINOEARTHSHAKERと競演、オリジナルメンバーがステージ上で顔を揃えた(サポート:Stevie(Vo))。

2009年9月、梅原(Vo)、広瀬(Gu)宮脇(Dr)の従来のメンバーに加え、SHUSE(Ba)元La'cryma Christi、梅原の息子であるStevie(Vo)を迎え、 新生44MAGNUMとしてアルバム『44MAGNUM』をリリース。

2010年8月21日開催のJACK IN THE BOX SUMMERよりAnarchy Bad Ray(Ba)をサポートで起用し、LIVE活動を行う。

2013年4月4日 吉川 (Ba)が復帰し、デビュー30周年ツアーがスタート。同月10日にアルバム『BEAST』をリリース。

2015年11月7日 東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて、ニューアルバム『ANGEL NUMBER』リリース記念ライブを開催[3]

2016年、ポールが手術を行う[4][5]

2017年4月5日、DVD付きのライブアルバム『44MAGNUM 2016 04 03 04 SPECIAL LIVE』をリリース[6]

2017年5月11日放送のNHK EテレハートネットTV もっともっと歌いたいぜ~パーキンソン病と闘うロック歌手の日々』にて、ポールの2017年4月4日 44MAGNUM Mt.RAINIER HALL公演までの日々が放送される[7][8]

2019年1月30日、44MAGNUM 35th Anniversaryニューアルバム『PRISONER』をリリース。

メンバー編集

現在のメンバー編集

元メンバー編集

  • 永守晃(ギター)
  • 田中タカ(ベース)
  • 前元博文(ドラムス)
  • 伊賀照幸(ドラムス)
  • SHUSE(ベース)

サポート編集

吉川不在時にゲスト参加したサポートベーシスト。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

発売日 タイトル 規格 品番 レーベル
1st 1983年12月21日 DANGER LP MOON-28015 MOON
1985年11月28日 CD 32XM-10
2nd 1984年9月25日 STREET ROCK'N ROLLER LP MOON-28021 MOON
1985年11月28日 CD 32XM-11
LIVE 1984年12月21日 THE LIVE LP MOON-23002 MOON
3rd 1985年6月25日 ACTOR LP 30ML-1
MOON-28028
MOON
1985年11月28日 CD 32XM-12
ソロ集 1985年12月21日 FOUR FIGURES LP MOON-18004 MOON
LIVE 1986年9月10日 LIVE ACT II LP MOON-38001/2 MOON
1986年10月25日 CD 32XM-21
4th 1987年12月16日 LOVE or MONEY LP VIH-28311 invitation
CD VDR-1458
5th 1988年8月21日 EMOTIONAL COLOR CD VDR-1543 invitation
未発表音源 1989年4月21日 STILL ALIVE CD HML-003CD DANGER CRUE
BEST 1989年5月25日 ANTHOLOGY CD 32XM-91 MOON
BOX 2000年12月21日 LIVE&RARE CD DCCA-9001 DANGER CRUE
6th 2002年8月21日 IGNITION CD AMCM-10025 east west japan
7th 2009年9月16日 44MAGNUM CD+DVD DCCL-9/10 DANGER CRUE
CD DCCL-11
8th 2013年4月10日 BEAST CD DCCL-82 DANGER CRUE
9th 2015年11月4日 ANGEL NUMBER CD+DVD+写真集 YZLM-10007 DANGER CRUE
CD YZLM-10008
LIVE 2017年4月5日 2016 04 03 04 SPECIAL LIVE CD+DVD YZLM-10010 LMF
10th 2019年1月30日 PRISONER CD+24Pスペシャルフォトブック YZLM-5023 LMF
CD YZLM-5024

再発編集

発売日 タイトル 規格 品番 レーベル
1991年10月25日 DANGER CD AMCM-4117 MMG/MOON
STREET ROCK'N ROLLER AMCM-4118
ACTOR AMCM-4119
LIVE ACT II AMCM-4120
ANTHOLOGY AMCM-4121
1991年11月21日 EMOTIONAL COLOR CD VICL-2077 Victor Entertainment
1991年12月16日 LOVE or MONEY CD VICL-2084 Victor Entertainment
1994年4月25日 DANGER CD AMCM-5004 east west japan
STREET ROCK'N ROLLER AMCM-5005
ACTOR AMCM-5006
1994年5月25日 LIVE ACT II CD AMCM-5015 east west japan
THE LIVE / FOUR FIGURES AMCM-5016
2002年8月21日 DANGER CD
(紙ジャケ仕様)
AMC2-11002 east west japan
STREET ROCK'N ROLLER AMC2-11003
ACTOR AMC2-11004
ANTHOLOGY AMC2-11001
2006年9月6日 ANTHOLOGY CD WPCL-10362 WARNER MUSIC JAPAN
2008年8月20日 LOVE or MONEY CD
(紙ジャケ仕様)
VICL-62986 Victor
EMOTIONAL COLOR VICL-62987
2012年3月21日 DANGER SHM-CD
(紙ジャケ仕様)
WPCL-11040 WARNER MUSIC JAPAN
STREET ROCK'N ROLLER WPCL-11041
ACTOR WPCL-11042
THE LIVE / FOUR FIGURES WPCL-11043
LIVE ACT II 完全盤 WPCL-11044
IGNITION WPCL-11045
2016年3月23日 DANGER CD WPCL-12312 WARNER MUSIC JAPAN
STREET ROCK'N ROLLER WPCL-12313
ACTOR WPCL-12314
THE LIVE / FOUR FIGURES WPCL-12315
LIVE ACT II 完全盤 WPCL-12316
IGNITION WPCL-12317

シングル編集

発売日 タイトル c/w 規格 品番 レーベル
1 1987年11月21日 IT'S RAINING IS THIS LOVE 7インチ EP VIHX-1726 invitation
2 1988年8月21日 I MISS YOU GYPSY GIRL 8cm CD VDRS-1078 invitation

映像作品編集

発売日 タイトル 規格 品番 レーベル
1 1984年12月21日 THE BEGINNING VHS 09MV-1 MOON
2 1985年7月10日 ACTOR VHS 05MV-2 MOON
3 1986年3月21日 倫敦の乱 LIVE IN LONDON VHS JHM-107 Victor
1986年7月25日 LD SM068-3076
4 1986年5月21日 ロンドン発 FROM LONDON VHS JHM-109 Victor
5 2001年12月21日 THE BOOTLEG-MK.I DVD DCBA-1 DANGER CRUE
6 2010年11月24日 LIVE AT ALIVE DVD DCBL-8 DANGER CRUE
7 2011年2月9日 THE BOOTLEG-MK.II DVD+CD DCBL-9 DANGER CRUE
8 2014年4月2日 BOMBARD ATTACK
44MAGNUM ON 30th ANNIVERSARY TOUR 2013
DVD DCBL-13 DANGER CRUE
9 2015年4月1日 BOMBARD ATTACK
44MAGNUM ON TOUR 2014
DVD TKBA-1226 徳間ジャパン
10 2016年12月21日 2016 04 03 04 SPECIAL LIVE DVD YZLM-8005 LMF

再発編集

発売日 タイトル 規格 品番 レーベル
2002年8月21日 THE BEGINNING / ACTOR DVD AMBM-90001 WARNER MUSIC JAPAN
2004年11月3日 THE BEGINNING / ACTOR DVD WPBL-90047 WARNER MUSIC JAPAN
2006年6月7日 THE BEGINNING / ACTOR DVD WPBL-95012 WARNER MUSIC JAPAN
2016年3月23日 THE BEGINNING / ACTOR DVD WPBL-90365 WARNER MUSIC JAPAN

楽曲提供編集

  • ダンプ松本『Dump The Heel』『Trouble Maker』(アルバム『極悪』収録)
いずれも作詞:Joe、作曲:Jimmy、編曲44MAGNUM

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集