7 (L'Arc〜en〜CielのDVD)

L'Arc~en~Cielのライブビデオ(2003年)
L'Arc〜en〜Ciel > ディスコグラフィ > 7 (L'Arc〜en〜CielのDVD)

7』(セブン)は、日本ロックバンドL'Arc〜en〜Cielのライヴビデオ。DVD版は2003年12月17日BD版は2014年3月19日発売。発売元はKi/oon Records

『7』
L'Arc〜en〜Cielライブ・ビデオ
リリース
録音 2003年7月6日
国立代々木競技場 第一体育館
ジャンル ポップ・ミュージック
ロック
時間
レーベル Ki/oon Records
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン・DVD音楽)
  • 2004年度年間25位(オリコン)
L'Arc〜en〜Ciel 映像作品 年表
CLUB CIRCUIT 2000 REALIVE -NO CUT-
2001年
7
2003年
LIVE IN U.S.A 〜at 1st Mariner Arena July 31, 2004〜
2004年
テンプレートを表示

解説

編集

本作品は、L'Arc〜en〜Cielが2003年6月28日から同年7月6日(同年6月30日、同年7月3日は除く)の7日間に渡って、国立代々木競技場・第一体育館で開催したライヴ「Shibuya Seven days 2003」の最終日公演の模様を中心に収録したライヴビデオである。

ライヴ「Shibuya Seven days 2003」は、L'Arc〜en〜Cielが開催した久々のライヴとなっている。L'Arc〜en〜Cielは2001年9月にシングル「Spirit dreams inside -another dream-」を発表した後、各メンバーがそれぞれソロ活動に専念していた。そのため、このライヴは2000年に開催したドームツアー「TOUR 2000 REAL」から約2年半ぶりのライヴとなった。ちなみにこのライヴに名付けたタイトルおよび、本作のタイトルには、ライヴの公演数である「7」という数字が含まれている。この数字は、バンド名の日本語訳である「」の色数、さらには『旧約聖書』の創世記における「神が世界を創造した日数」と一致する[1]kenは公演前に受けたインタビューで、このライヴタイトルに含めた意味を聞かれ、「そういう意味合い(=虹の色数、旧約聖書の話と一致すること)を手軽に使えるってことで、7日間になったと思うんですよ。そこが強調されすぎるならば、ハズしたほうがいいのかなと6月を勧めたんですが。まとめて東京でやれたら面白いし、そこさえキープできたらいいかなと[1]」と語っている。

なお、このライヴを計画していた当初は、ツアーとして開催することも考えていたという。国立代々木競技場・第一体育館での7公演になった経緯について、kenは「最初は大阪でもという声も出てたんですけど、東京4日大阪3日って聞くよりも、東京7日間、しかも渋谷7日間っていうほうがふざけてて面白いなって(笑)[1]」と語っている。また、hydeは「最初はツアー的なことも考えたんですけど、どうせやるんだったら、変なほうがいいかなって(笑)[2]」と述べている。

セットリストは、L'Arc〜en〜Cielがこれまでにリリースした楽曲から代表曲といえる音源を中心に構成されている。今回のセットリストについて、hydeは「3年ぐらい前にモトリー・クルーのライヴを観に行ったんですけど、ベスト盤を出したツアーで、好きな曲のオンパレードだったんですよ。最高、と思って。ある意味そういうライヴになればいいなと。今までは、ひとつのアルバムを中心に届けていく感じだったと思うんですよ。でも逆に、みんなが好きな曲をガンガンやって、祭りみたいに騒げたらいいんじゃないかなと。ラルクのファンで良かったと思ってもらえるものにしたいです[3]」とライヴ開催前に語っている。また、tetsuyaは「僕、個人的には、ベスト盤(=3月に3枚同発でリリースされたベスト盤)に、この曲入れたかったなぁっていう曲を選びましたね。ベスト盤が、メンバーは選曲も曲順もまったくノータッチだったんですよ。だから、自分だったらこの曲入れたかったっていう曲を結構選びましたね、ライヴの曲を選ぶときには[4]」と述べている。

さらに、この公演で披露された楽曲「trick」では、メンバーが代わる代わるボーカルを担当している。hyde以外のメンバー3人は、2001年以降のソロ活動で全員ボーカリストとしてステージに立っていることもあり、それぞれのソロ活動での経験を生かしたパフォーマンスとなった。ちなみにhydeは、アルバム『SMILE』を発売した頃のインタビューで「今はラルクやっててもコーラスとか綺麗に出るから、気持ちいい[5]」と述べている。なお、このライヴ以降に開催したL'Arc〜en〜Cielの公演でも、パートを交代して演奏するパフォーマンスが定期的に披露されている。

フィジカルは通常盤(DVD)の1形態でリリースされている。本作には、曲と曲の間にライヴのドキュメンタリーを挟みつつ、ライヴ本編の映像が収められている。なお、1996年に発表したアルバム『True』を引っ提げて実施したライヴツアーが未映像化であったため、「flower」「Lies and Truth」などのライヴ映像は本作で初収録となった。また、この7日間ライヴの模様はアルバム『SMILE』の初回限定盤に付属するDVDにも一部模様が収録されている。

また、2014年2月26日には本作を含む音楽作品18タイトルを収録したBD-BOXL'Aive Blu-ray BOX -Limited Edition-』が発売され、本作のライヴ音源CDも収録された。さらに、同年3月19日には、前述のボックス・セットに収められた本作のBlu-ray Disc版が単体でリリースされた。

収録曲

編集
  1. Fare Well
  2. Caress of Venus
  3. HEAVEN'S DRIVE
  4. flower
  5. get out from the shell
  6. Lies and Truth
  7. Driver's High
  8. Blurry Eyes
  9. STAY AWAY
  10. trick
  11. DIVE TO BLUE
  12. あなた
  13. Other Side of "7" [Audio A / Audio B]
    メニュー画面より音声チャンネル「Audio A / Audio B」の切り替えができる。
    「Audio A」には、当時噂になっていたバンド解散説を逆手にとった演出の後、2004年からの活動内容を発表したライヴ終了後の様子を収録。
    「Audio B」には、ライヴ開演中のhydeのMCやハプニングなどを収録。

脚注

編集
  1. ^ a b c 『L'Arc〜en〜Ciel Box Set of The 15th anniversary in formation CHRONICLE of TEXT 03』、p.166、ソニー・マガジンズ、2006年(『WHAT's IN? 2003年6月号』の再掲)
  2. ^ 『L'Arc〜en〜Ciel Box Set of The 15th anniversary in formation CHRONICLE of TEXT 03』、p.164、ソニー・マガジンズ、2006年(『WHAT's IN? 2003年6月号』の再掲)
  3. ^ 『L'Arc〜en〜Ciel Box Set of The 15th anniversary in formation CHRONICLE of TEXT 03』、p.165、ソニー・マガジンズ、2006年(『WHAT's IN? 2003年6月号』の再掲)
  4. ^ 『L'Arc〜en〜Ciel Box Set of The 15th anniversary in formation CHRONICLE of TEXT 03』、p.168、ソニー・マガジンズ、2006年(『WHAT's IN? 2003年6月号』の再掲)
  5. ^ 『R&R NewsMaker』、p.21、ぴあ、2004年4月号