AFコルセイタリア語:AF Corse Srl)は、イタリアのレーシングチーム。ピアチェンツァに本拠地を置く。フェラーリセミワークスチームであり、GT選手権に主に参戦している。

AFコルセのフェラーリ458GTC(2013年)

概要編集

GT選手権編集

1995年に元レーシングドライバーのアマート・フェラーリによって設立された(なおアマート・フェラーリと自動車会社のフェラーリの設立者であるエンツォ・フェラーリとの縁戚関係はない)。その後イタリア・スーパーツーリズモ選手権に1999年まで参戦した。その後もマセラティのGTマシンでイタリアGT選手権やFIA 世界耐久選手権に参戦し好成績を挙げた。

フェラーリとの関係編集

 
フェラーリ・458イタリアGT2

2002年からはフェラーリのGTマシンを中心に走らせ、各地で開催されているGT選手権におけるフェラーリのセミワークスチーム的存在になる。

なおフェラーリのGTレースやワンメイクレースの専門部署のコルセ・クリエンティ部門や、歴代のワークスマシンの制作を手掛けるミケロットとの関係も深く、両社からメカニックの派遣やテクニカル面などのサポートも受けている。またGTE-Amクラスのフェラーリユーザーのサポートも行っており、事実上フェラーリのGT部門の実行部隊として存在している。

2020年現在は、FIA 世界耐久選手権(WEC)にフェラーリのワークスチームとして、ジャンカルロ・フィジケラオリビエ・ベレッタなどの元フォーミュラ1ドライバーを中心にフェラーリ・488GT3ル・マン24時間レースなどに参戦する他、GTオープン選手権、GT1ワールド・チャンピオンシップ、GTアジア選手権、イタリアGT選手権など、世界各国で11の選手権にフェラーリのマシンで参戦する。

ワンメイクレース編集

フェラーリ・チャレンジ編集

 
フェラーリ・チャレンジ

現在はフェラーリのコルセ・クリエンティ部門が主催する、フェラーリ488チャレンジによるワンメイクレースである「フェラーリ・チャレンジ」の、ヨーロッパとアジア・パシフィック、北アメリカ、イギリスの各選手権におけるマシンメインテナンスやロジスティクスを担当するなど、幅広い活動を行っている。

マセラティ編集

1999年から2005年にかけては、マセラティが主催が主催するワンメイクレースである「トロフェオ・カップ」のメインテナンスや運搬などを担当した。

在籍ドライバー編集

現在編集

過去編集

脚注編集

  1. ^ 株式会社博展が石川資章選手の本格的レース参戦をサポート News2u.net 2015年9月16日
  2. ^ 「小林可夢偉、AFコルセでのデビュー戦でクラス2位」 F1 Gate 2013年4月15日

関連項目編集

外部リンク編集