メインメニューを開く

488GTBは、イタリア自動車メーカー、フェラーリが製造・販売していたスポーツカーである。

フェラーリ・488GTB
488GTB
2015-03-03 Geneva Motor Show 3909.JPG
488スパイダー
Frankfurt Motor Show 2015 (106).JPG
製造国 イタリアの旗 イタリア マラネロ(モデナ)
販売期間 2015年 - 2019年
デザイン フェラーリ・スタイリング・センター
フラビオ・マンツォーニ
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン TipoF154型 3,902 cc V型8気筒DOHCツインターボ
駆動方式 MR
最高出力 493kW(670PS)/8,000rpm
最大トルク 760Nm(77.5kgfm)/3,000rpm
変速機 7速DCT
サスペンション 前後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,568mm
全幅 1,952mm
全高 1,213mm
ホイールベース 2,655mm
車両重量 1,370 kg (乾燥時)
最高速度 330 km/h以上
先代 458イタリア
後継 F8トリブート
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

目次

概要編集

488GTB編集

488GTBは、2015年1月31日 (イタリア現地時間) に、まずフェラーリが「謎の新型車」を予告するというかたちで情報が公開されるところから始まった[1]。最初に情報が公開された時点では、新型車のキーワードとして「デザイン (DESIGN) 」という語が示されただけであった。

次いで、新型車が夜道を走行する動画が公開された[2]。この動画が公開された時点で一部の自動車専門雑誌などでは、458イタリアをベースとし、大幅な改良が加えられた「458M」となる可能性や、「F12ベルリネッタ」に合せて新たに「F8」というネーミングになる可能性、さらにカリフォルニアTにて搭載されたターボチャージャー搭載の可能性が取り沙汰された[2]

そして2月3日 (現地時間) に、458イタリアの改良型であることや、車名を「488GTB」と改めることなどが公式に発表された[3][4]。車名の488は一気筒あたりの排気量を表し[5]、GTBはGranTurismo Berlinetta(グランツーリスモ・ベルリネッタ)の略である[6]

488GTBはスタイリング、車名とともに、かつての308GTBを彷彿とさせるものとなっている。そして、2015年3月に開幕したジュネーヴ・モーターショーにて、改めて正式に一般公開された[6]

488スパイダー編集

2015年9月に開催されたフランクフルトモーターショーにて488スパイダーが発表された[7]。日本では同年10月23日に初公開された[8]。アルミ製のトップを採用し構造は458スパイダーのそれを踏襲している。458スパイダーは走行中の開閉はできなかったが488スパイダーは時速45キロまでは開閉が可能となった。

488ピスタ編集

エンジンが720馬力にパワーアップされ、空力と軽量化されたモデル。台数は公表されていないが限定生産される。日本では2018年6月29日に富士スピードウェイで行われた「フェラーリ・レーシング・デイズ」で、フェラーリ・チャレンジ・ドライバーに初公開された。

488ピスタ・スパイダー編集

488ピスタのスパイダー版。より少ない数が限定生産される。

488チャレンジ/488GT3編集

2016年12月には、フェラーリのコルセ・クリエンティ部門の主催で世界各国で開催されるワンメイクレースである「フェラーリ・チャレンジ」向けのレース専用車輌「488チャレンジ」が、アメリカ合衆国デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで開催されたフィナーリ・モンディアーリで発表された。2017年初めより世界各国のユーザーに納入され、同年4月にアブダビで開催されたアジア・パシフィック選手権の開幕戦においてレースデビューした[9]

また、FIA 世界耐久選手権や、「ブランパンGTシリーズ」や「SUPER GT」など、各国で開催されるGT選手権に参戦するために「ミケロット・アウトモビリ」の協力を得て開発された、レース専用車輌の「488GT3/GTE」も同部門より販売されている。

なおこれらのレース専用車輌は、ナンバー取得(=一般道での走行)ができないサーキット専用車輌であり、「488チャレンジ」は、「フェラーリ・チャレンジ」に参戦する意向があり、国際C級ライセンスを所持したオーナーのみに、また「488GT3/GTE」は、レーシングカーの整備施設が整えられ、かつGTマシンでのレース参戦の実績のあるレーシングチームにしか行われない。

2019年には、後継車種であるF8トリブートが発表された。

メカニズム編集

488GTBは、V型8気筒3,902ccの488GTB専用に開発されたIHIツインスクロールターボチャージャーを搭載[5]。458イタリアより600ccダウンサイジングされたものの、100PSの出力アップとなった。なおターボ搭載車は現行モデルでは「カリフォルニアT」に続いて2台目である。

車体のデザインは従来フェラーリのデザインを手掛けたピニンファリーナではなく、「ラ・フェラーリ」同様フェラーリ社内のデザインセンターが手掛けている。両ドアはサイドに設置されたインテークへの吸気流量が最大に採れるようにと大きくえぐられた形状となり、そのサイドインテークはカーボンの板により空気は仕切られ上段がエンジンに導かれ、下段がインタークーラーに導かれる構造である。

出典編集

  1. ^ 森脇稔 (2015年2月2日). “フェラーリ、謎の新型車を予告…キーワードは「デザイン」”. レスポンス (Response.jp). 2015年2月4日閲覧。
  2. ^ a b 森脇稔 (2015年2月3日). “フェラーリ 謎の新型車、458M か…ダウンサイズターボ搭載の可能性も”. レスポンス (Response.jp). 2015年2月4日閲覧。
  3. ^ Ferrari 488 GTB:究極のドライビングスリルをもたらす究極のパワー”. オフィシャル・フェラーリ・ウェブサイト (Ferrari.com). 2015年2月4日閲覧。
  4. ^ 森脇稔 (2015年2月4日). “【ジュネーブモーターショー15】フェラーリ 458 イタリア、488 GTB に進化…3.9ターボは670ps”. レスポンス (Response.jp). 2015年2月4日閲覧。
  5. ^ a b カーグラフィック2015年8月号66頁「Ferrari 488GTB」より
  6. ^ a b Hirokazu Kusakabe (2015年3月5日). “【ジュネーブ2015】フェラーリ、V8ターボをミドシップに搭載した「488 GTB」を発表!(ビデオ付)”. 全米人気No.1の自動車サイト - Autolog 日本語版. 2015年3月17日閲覧。
  7. ^ フェラーリ史上最強V8オープン「488スパイダー」上陸。価格は3,570万円 clicccar.com
  8. ^ フェラーリが「488スパイダー」を日本初公開 webCG
  9. ^ コルセ・クリエンティ

関連項目編集

外部リンク編集