メインメニューを開く

Cz805

チェコスロバキアで開発されたアサルトライフル

Cz805"ブレン"は、チェコスロバキアチェスカー・ズブロヨフカ国営会社(チェコ兵器廠国営会社、チェコ語 : Česká zbrojovka, n.p.:ČZ、1992年民営化)で開発されたアサルトライフルである。Vz 58の後継小銃であり、2011年より調達が始まった[1]

CZ 805 BREN
CZ805BREN.jpg
CZ 805 BREN(STANAGマガジン仕様)
種類 アサルトライフル
運用史
配備期間 2011–現在
関連戦争・紛争
開発史
開発期間 2009
製造業者 チェスカー・ズブロヨフカ国営会社
諸元
重量 3.6キログラム (7.9 lb)
全長
  • CZ 805 BREN A1:
    • 875–930 mm (34.4–36.6 in) (銃床展開時)
    • 670 mm (26 in) (銃床折りたたみ時)
  • CZ 805 BREN A2:
    • 792–847 mm (31.2–33.3 in) (銃床展開時)
    • 582 mm (22.9 in) (銃床折りたたみ時)
銃身
  • CZ 805 BREN A1: 360 mm (14 in)
  • CZ 805 BREN A2: 277 mm (10.9 in)

弾丸
作動方式 ガス圧利用(ショートストロークピストン式)、ロータリーボルト
発射速度
  • CZ 805 BREN A1 and CZ 805 BREN A2: 760 (±100) RPM
  • CZ BREN 2: 850 RPM
装填方式 30発
テンプレートを表示

概要編集

チェスカー・ズブロヨフカ社がVz 58の後継を目指してCz805を開発し、のちにチェコ軍に採用された[2]。改良型のCz806"ブレン2"があり、こちらもチェコ軍に採用されている[3][4]

使用弾丸は5.56mm NATO弾および7.62×39mmで、作動方式はショートストロークピストン式を採用している。コッキングハンドルはボルトの作動に連動するが、左右に付け替え可能(分解が必要)である。アッパーレシーバーはアルミ合金製、ロアレシーバーは樹脂製となっている。マガジンは樹脂製の独自規格のものとSTANAG マガジンの内どちらかを使用することができる。レシーバー左側面にのみボルトリリースを備え、マガジンリリースとセレクターは左右両用となっている。セレクターポジションはセーフ/セミ/2点バースト/フルオートとなっている。ピカティニー・レールを標準装備し、折り畳み式ストックは長さの調節が可能である。

Cz806ではチークピース調節機能及び2点バースト機能が省略され、マガジンはSTANAG マガジンのみ使用できる。コッキングハンドルはボルトに連動しなくなり、トリガーガード内にはボルトリリースが追加された。追加されたボルトリリースは下方向に押すことでボルトキャリアが解放される方式となっている。

CZ 807は長銃身モデルであり、7.62×39mmのほかに、7.62×51mm NATO弾にも対応している。

採用国編集

ギャラリー編集

脚注編集

関連項目編集

リンク編集