メインメニューを開く

あらすじ編集

本作はフォークソング歌手スティーヴ・ティルストンに実際に起きたエピソードを基にシナリオが描かれている。

1970年代にロック歌手として活躍していたダニー・コリンズは年老いた今でもロック歌手としての活動を続けようと必死になっていた。そんなある日、ダニーのマネジャーを務めるフランク・グラブマンから40年前にジョン・レノンがダニーに宛てた手紙を渡された。それを読んだダニーは第2の人生を歩むと決意した。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

製作編集

2010年11月、スティーヴ・カレルはロック歌手の息子を演じることを望んでいたが、スケジュールの調整がつかなかったと報じられた[5]2011年6月、アル・パチーノにダニー・コリンズ役での出演が持ちかけられたとの報道があった[6]2012年10月、ジェレミー・レナーがカレルの代役として出演することが決まった[7]。しかし、最終的にはレナーは降板し、ボビー・カナヴェイルが出演することとなった。また、ジュリアン・ムーアに出演を打診した役は、アネット・ベニングが演じることになった[7]

2013年7月、主要撮影カリフォルニア州ロサンゼルスで開始された[8]

評価編集

本作は批評家から高く評価された。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには82件のレビューがあり、批評家支持率は78%、平均点は10点満点で6.6点となっている。サイト側による批評家の意見の要約は「アル・パチーノの心を打つ名演とベテラン俳優陣が脇を固めているおかげで、『Dearダニー 君へのうた』は観客に感動を届けるために必要な予測可能かつ強引な展開を何とか鑑賞に堪えうるものにしている。」となっている[9]。また、Metacriticには29件のレビューがあり、加重平均値は58/100となっている[10]

受賞編集

映画賞 対象 結果
2016 第73回ゴールデングローブ賞[11] 主演男優賞(ミュージカル / コメディ部門) アル・パチーノ ノミネート

出典編集

  1. ^ Dear ダニー 君へのうた 劇場公開日 2015年9月5日”. 2015年4月30日閲覧。
  2. ^ How ‘Danny Collins’ Secured 9 John Lennon Songs”. 2015年4月30日閲覧。
  3. ^ Danny Collins”. 2015年4月30日閲覧。
  4. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 75頁
  5. ^ Steve Carell to Play Rock Star’s Son in WB Comedy ‘Imagine’”. 2015年4月30日閲覧。
  6. ^ Al Pacino in talks for ‘Imagine’”. 2015年4月30日閲覧。
  7. ^ a b Jeremy Renner Replaces Steve Carell In Al Pacino Comedy 'Imagine,' Julianne Moore Also On Board”. 2015年5月1日閲覧。
  8. ^ Al Pacino’s ‘Imagine’ To Start Filming In LA”. 2015年4月30日閲覧。
  9. ^ Danny Collins (2015)”. 2015年4月30日閲覧。
  10. ^ Danny Collins”. 2015年5月1日閲覧。
  11. ^ ゴールデングローブ賞「キャロル」が最多ノミネート、坂本龍一は作曲賞候補に”. 映画ナタリー (2015年12月11日). 2015年12月11日閲覧。

外部リンク編集