Eita

日本のプロレスラー (1991-)

Eita(えいた、1991年10月27日 - )は、日本男性プロレスラー長野県出身。本名は小林 瑛太(こばやし えいた)。血液型A型。

Eita
Eitaの画像
プロフィール
リングネーム Eita
小林 瑛太
本名 小林 瑛太
ニックネーム Numero Uno (ヌメロ・ウノ)
身長 170cm
体重 80kg
誕生日 (1991-10-27) 1991年10月27日(32歳)
出身地 長野県
所属 フリー
トレーナー ドラゴン・キッド
デビュー 2011年5月30日
テンプレートを表示

経歴 編集

  • 平成21年度 長野県高等学校総合体育大会レスリング競技60KG個人対抗戦優勝。
  • 2011年5月30日 兵庫・ドラゴンゲートアリーナ【DRAGON GATE NEX】対KAGETORA戦にてデビュー。
  • チョップを武器とし、第一回キング・オブ・チョップでは先輩レスラーを抑え優勝し特典としてメキシコ修行を直訴した。この際、小林はCIMAからメキシコの公用語であるスペイン語が喋れないことを指摘されて、メキシコ帯同のためのテストを受けることになった。課題はスペイン語で1(ウノ)〜100(シエン)を言えるようになることで、次回の神戸サンボーホール大会(第一回キング・オブ・チョップも神戸サンボーホール大会)で試験をすることになった。その結果は途中で詰まりはしたもの、なんとか言い切り合格。晴れてメキシコ修行に行くことになった。
  • 10月26日、元ドリームゲートチャンピオンのYAMATOとシングルで対戦。しかし、胴締めスリーパーで5分43秒でEitaのレフェリーストップ負けとなった。
  • 11月3日、ツインゲート暫定王者組の2人は、キッドの負傷欠場で王座を返上したキッドとK-ness.と対戦し勝利。正式にツインゲート王者組となった。
  • 12月8日、札幌大会で土井成樹&YAMATOとツインゲート戦を行うも敗北。ツインゲートのベルトを防衛回数0で失った。
  • 2014年3月16日、ジミーズの持つトライアングルゲートにT-Hawk、U-Tと挑戦し、王座を奪還。
  • 6月14日、博多大会で土井、サイバー・コングKzyを相手に防衛線を戦うが、U-TがKzyの韻波句徒で敗れ王座から陥落した。
  • 7月20日、神戸ワールド記念ホール大会でT-Hawkと共に鷹木信悟戸澤陽の持つツインゲートに挑戦。T-HawkのナイトライドE.N.D.が鷹木に炸裂し、ツインゲートを取り戻す。その後、8月17日に望月とキッド、10月5日にススムとジミー・カゲトラを相手に防衛。
  • 11月2日、大阪06(CIMAとGamma)とツインゲート戦を行うが敗れ、ツインゲート王座から陥落した。
  • 11月6日、ミレニアルズの一員としてT-Hawk、フラミータ、ヨースケ♡サンタマリアと組み、ベテラン軍の大阪06の二人とドン・フジイスペル・シーサーと対戦した。ミレニアルズは、メキシコ強制送還、ベテラン軍は解散がかかった試合にT-Hawkが勝利、ベテラン軍を解散に追いやった。その後、大阪06にリマッチを要求し12月の後楽園ホールでもう一度、ツインゲート戦を行う事が決定した。
  • 12月3日、ツインゲート戦を行い勝利したが、観客からはブーイングを浴びた。
  • 2015年1月12日、Dr.マッスルとブレイブゲート王座決定戦を行うも数々の反則技に翻弄され、最後は韻波句徒で敗れる。
  • 7月24日、マリアの持つブレイブゲート王座に挑戦し、Numero Unoで勝利。ついにブレイブゲート王座を獲得する事に成功した。
  • 9月10日、ドラゴン・キッドと組み、参加をしたSummer Adventure Tag League 2016の優勝決定戦を土井、"brother"YASSHI組をNumero Uno で破り優勝。
  • 10月2日、ドラゴン・キッドと組んでジミー・ススム、ジミー・カゲトラの持つオープン・ザ・ツインゲート統一タッグに挑戦するも、ススムのジャンボの勝ちで敗れる。
  • 11月3日、フラミータを挑戦者に迎え、オープン・ザ・ブレイブゲートの防衛戦に臨み、Numero Unoで退け、3度目の防衛に成功。
  • 12月25日、ジミー・カゲトラに防衛戦で勝利し、4度目の防衛に成功。
  • 2017年11月8日、望月、キッド、ススム、斉藤了と組み、VerserKと戦うが、終盤にキッドを攻撃しOVER GENERATIONを離脱、VerserKに電撃加入する。
  • 12月23日、T-HawkとのタッグでCIMA・ススムとツインゲート王座決定戦を戦い勝利、第41代王者組となる。
  • 2018年3月4日、ススム・堀口に勝利し、初防衛に成功。
  • 3月25日、kzy・堀口に勝利し、2度目の防衛に成功。
  • 5月5日、愛知県体育館大会でビックR清水・Ben-Kに敗れ王座陥落。
  • 7月5日、後楽園大会でアンチアスの1人残りし、OVERGENERATIONを解散させた。
  • 7月22日、神戸ワールド記念大会でキッドを破り、オープン・ザ・ブレイブゲート王座を奪取。
  • 9月24日、大田区大会で鷹木以外のアンチアス勢と新ユニットREAL EXTREAM DIFFUSION(リアルエクストリームディフュージョン)結成
  • 同日ブレイブゲートの再戦となったキッドに敗れる。ブレイブ王座を失った。
  • 10月2日、後楽園ホールで鷹木・ハルクとの試合後、脇腹を傷めて欠場する。
  • 12月23日、福岡国際センターでキッドとマスカラコントラガベジェラで対決をしたが、敗れて坊主となる。
  • 2019年6月8日、Ben-KとKOG優勝決定戦で対決するも敗北。準優勝となった
  • 2020年6月7日、当時ドリームゲート王者の土井を破りKING OF GATE優勝
  • 8月2日、和歌山県立体育館にてセコンドを一切介入させず正攻法で土井を破ってオープン・ザ・ドリームゲート王座を獲得。第31代王者となるとともに団体史上6人目となる全王座、全リーグ戦制覇のグランドスラムを達成。
  • 9月21日、負け残ったらR・E・Dを脱退してドラゴンゲート世代加入と1番目に脱出できなかったらドラゴンゲート世代の誰かとドリームゲート防衛戦を行うというリスクを背負い金網マッチに出場。4番目に脱出してRED脱退は免れたがドリームゲート防衛戦はKzyと行われる事になった
  • 11月3日、エディオンアリーナ大阪大会でKzyとドリームゲートの初防衛戦を行い前代未聞の急所蹴りからの丸め込みで初防衛に成功した。その後、海外修行から帰ってきたシュン・スカイウォーカーからドリームゲート挑戦表明された
  • 11月15日、神戸ワールド記念ホール大会でシュンと2度目の防衛戦を行う。自身初の神戸ワールドのメインイベントだったが新技SSWで敗北し王座陥落。
  • 2021年6月、プロレスリング・ノアに参戦し、EitaもNOSAWA論外を中心に結成された「PERROS DEL MAL DE JAPON」に加入。
  • 8月1日、自身2度目となる神戸ワールドのメインイベントで吉野正人の引退試合の相手を務める。最後はImperial Unoで吉野の引退を見送った
  • 9月20日、石田とH・Y・Oをパートナーにトライアングルゲート獲得
  • 10月7日、後楽園ホール大会でR・E・DvsMASQUERADEの全面対抗シングル5番勝負で一番最後にジェイソン・リーと対決するもフォールを奪われ2勝3敗で敗北
  • 10月10日のノアエディオンアリーナ大阪大会でNOSAWAと組んでGHCジュニアヘビー級タッグ王座を奪取した。
  • 12月15日、石田とH・Y・Oと第一試合に出場。対戦相手の1人であったシュンがトライアングルゲート挑戦要求をH・Y・Oが呑んだ事で急遽タイトルマッチが行われるも最後はH・Y・Oの誤爆等で石田がシュンに敗北
  • 2022年1月12日、H・Y・Oの要求で再度トライアングルゲートに挑戦するもEita石田とH・Y・Oの間で完全に溝が生じており試合には勝利しベルトを取り返すもH・Y・Oがシュンをチームに入れると言い出し石田と共に拒否しH・Y・Oを追放しようとするも逆に自身と石田がR・E・Dを追放された。
  • 3月6日エディオンアリーナでヨースケをパートナーに3way形式でツインゲート挑戦。
  • 2022年3月13日、ノア横浜武道館大会で原田大輔を破りGHCジュニアヘビー級王座を奪取した。
  • 3月21日、ノア福岡国際センター大会で小川良成HAYATA組を相手に反則負け。試合後もHAYATAをシャンプーで泡まみれにした。(その後シャンプーがTwitterのトレンド入りを果たした)
  • 4月29日、ノア両国国技館大会でHAYATAとGHCジュニアヘビー級王座の初防衛戦を行うも流血もあって敗北し王座陥落
  • 5月5日、愛知県大会でペロスの一員としてトライアングルゲート獲得
  • 6月7日にノア後楽園ホール大会で王座陥落。トライアングルゲートをノアに流出させてしまった
  • 6月23日、新宿FACEでトライアングルゲートを取り返す
  • 7月30日、神戸ワールドでトライアングルゲート陥落
  • 8月7日、前ドリームゲート王者のKAIとのシングルマッチで勝利し、現王者の吉岡勇紀に挑戦表明
  • 8月10日ドリームゲート次期挑戦者決定戦でKzyに勝利。挑戦者の証である鍵を手に入れる
  • 9月8日、後楽園ホール大会で6人タッグマッチでNumero Unoで吉岡からギブアップを奪う
  • 9月19日、大田区大会でドリームゲートに挑戦するも敗北
  • 11月6日エディオンアリーナ大会で海外から一時帰国した藤原拓磨と対戦し勝利
  • 2023年1月1日、因縁のあった小川良成と組みGHCジュニアヘビー級タッグ王座を獲得
  • 3月21日、DRAGON GATEと新たな形態の出場契約を締結することを発表[1]し、翌3月22日、DRAGON GATE公式YouTubeチャンネルにて今後はフリーとして活動していくことを発表した[2]
  • 4月16日、GHCジュニアヘビー級タッグ王座から陥落し、再び小川と敵対関係となる
  • 5月4日、ノア両国国技館大会でダガをパートナーに小川・リッジウェイ組と対決するもImperial Unoがダガに誤爆したのをキッカケに裏切られる
  • 5月14日、小川とのシングルマッチで乱入してきたHAYATAと手を組む(試合自体はノーコンテスト)
  • 5月21日、ダガとシングルマッチを行うも小川とリッジウェイの乱入もあり敗戦。HAYATAに救出される
  • 5月28日ドラゴンゲートエディオンアリーナ大会の第二試合に登場。試合に加わり勝利
  • 7月7日、キングオブゲート一回戦でKzyと対戦。途中Imperial Unoで一時的にKOに追い込むも最後は丸め込みで敗北

得意技 編集

トラースキック。Eitaがデビュー当初から愛用している技。本人曰く180度近く開脚する柔軟さ[3]で相手の顔面を撃ち抜く。

タイトル歴 編集

DRAGON GATE
プロレスリング・ノア

入場曲  編集

「Overdrive the Mirage」ピート・クラッセン

脚注 編集

  1. ^ Eita選手の出場契約について”. SPORA ブログ (2023年3月21日). 2023年3月21日閲覧。
  2. ^ 2023年3月21日@兵庫・神戸サンボーホール アフタートーク”. YouTube (2023年3月22日). 2023年3月22日閲覧。
  3. ^ XユーザーのEitaさん X(2023年9月17日閲覧)

外部リンク 編集