メインメニューを開く

Fリーグ オーシャンカップ

日本のフットサル大会

Fリーグ オーシャンカップ(エフリーグ オーシャンカップ、F.League Ocean Cup)は、日本フットサルリーグ(Fリーグ)のリーグカップ戦である。毎年夏季に開催されている。主催は日本サッカー協会および日本フットサル連盟。なお各年大会名には最後に西暦が入る(2013年であれば「Fリーグ オーシャンアリーナカップ2013」)。

2011年まではプレシーズンマッチとして行なわれていたが、2012年からはリーグ戦のプレーオフ導入などで開幕が6月に早まったことから、シーズン中に行なわれる形となった。

沿革編集

2008年6月、日本初の本格的フットサル専用アリーナとして完成した大洋薬品オーシャンアリーナの杮落としとして[1]、Fリーグ所属全8チーム(当時)が集う大会、大洋薬品オーシャンアリーナカップ2008[2]として開催されたのが最初である。このときは愛知県サッカー協会が主催だった[2]

翌2009年からはFリーグの公式カップ戦となり、正式名称がFリーグ大洋薬品オーシャンアリーナカップになった。2010年大会からはジュニアチームによる大会、「ジュニアカップ」も合わせて開催されている[3]

2011年大会からはFリーグの10チームに加え、新たにFUTSAL地域チャンピオンズリーグで上位に入った2チームも参加する[4]

2012年より大洋薬品工業がテバ製薬に社名変更したため、大会名がFリーグテバオーシャンアリーナカップに変更された。

2013年にはテバ製薬が大会スポンサーから撤退したため、大会名がFリーグ オーシャンアリーナカップに変更された。

2014年は大会名がFリーグ オーシャンカップとなり、開催地もオーシャンアリーナから小田原アリーナに移された。

2015年Fリーグ sfidaオーシャンカップ supported by LIFEGUARDとしてグリーンアリーナ神戸および神戸市立中央体育館で開催された。

2016年は開催せず[5]

開催方式編集

Fリーグ所属の全12チーム、およびFUTSAL地域チャンピオンズリーグ上位2チームの合計14チームがセントラル方式トーナメント戦を行なう。前年度のリーグ戦及び本大会の優勝チーム(同一チームの場合はリーグ戦2位チーム)はシードされる。また、準決勝で敗退した2チームによる、3位決定戦も行なう。前後半40分で決着が付かない場合はPK戦を行なう(但し決勝のみ前後半5分ずつの延長戦を行い、それでも決着が着かない時はPK戦)。

2015年大会は海外から招聘した4チームを加えた18チームで行われ、6組に分かれた予選ラウンドでの勝ち点の各1位とA-C組およびD-F組の2位のそれぞれ最上位2チームの合計8チームが決勝ラウンドに進む。

優勝賞金(強化費名目)は優勝300万円、準優勝100万円、3位50万円。

結果編集

年度 開催日程 大会名称 決勝 3位決定戦
優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位
1 2008年 6月13日 - 6月15日 大洋薬品オーシャンアリーナカップ 大阪 4 - 4[注 1]
(PK 4 - 2)
名古屋 浦安 6 - 2 町田
2 2009年 8月6日 - 8月9日 Fリーグ 大洋薬品オーシャンアリーナカップ 大阪 2 - 2[注 2]
(PK 5 - 4)
名古屋 神戸 5 - 2 北海道
3 2010年 7月22日 - 7月25日 名古屋 4 - 0 大阪 北海道 8 - 4 大分
4 2011年 7月21日 - 7月24日 名古屋 5 - 0 大阪 大分 2 - 1 北海道
5 2012年 8月23日 - 8月26日 Fリーグテバオーシャンアリーナカップ 名古屋 5 - 1 大阪 北海道 6 - 5 湘南
6 2013年 8月8日 - 8月11日 Fリーグ オーシャンアリーナカップ 名古屋 5 - 1 府中 大阪 3 - 1 湘南
7 2014年 5月22日 - 5月25日 Fリーグ オーシャンカップ 名古屋 4 - 3 町田 湘南 1 - 1
(PK 5 - 4)
大阪
8 2015年 7月15日 - 7月20日 sfida Fリーグ オーシャンカップ supported by LIFEGUARD 府中 6 - 0 名古屋 FK Nikars Riga 1 - 1
(PK 4 - 3)
北海道
9 2017年 5月18日 - 5月21日 sfidaFリーグオーシャンカップ2017 in 北海きたえーる supported by LIFEGUARD[8] 名古屋 5 - 0 浦安 大阪 3 - 3
(PK 3 - 2)
湘南
10 2018年 5月25日 - 6月3日 sfida Fリーグオーシャンカップ 2018 supported by LIFEGUARD[9] 名古屋 3 - 0 大阪 町田 4 - 1 すみだ
  1. ^ 延長戦を行わずにPK戦を行った[6]
  2. ^ 延長戦を行わずにPK戦を行った[7]

クラブ別成績編集

クラブ名 優勝年度 準優勝年度
名古屋オーシャンズ 7 3 2010,2011,2012,2013,2014,2017,2018 2008,2009,2015
シュライカー大阪 2 4 2008,2009 2010,2011,2012,2018
府中アスレティックフットボールクラブ 1 1 2015 2013
ペスカドーラ町田 0 1 2014
バルドラール浦安 0 1 2017

出典編集

  1. ^ 「For Dream, For Victory ~夢あるものが勝利を手にする」夢の舞台・オーシャンアリーナでリーグカップ戦を開催”. Fリーグ公式サイト (2011年5月27日). 2012年4月30日閲覧。
  2. ^ a b 大会概要”. 大洋薬品オーシャンアリーナカップ2008. 2012年4月30日閲覧。
  3. ^ 2010 年度 事業報告書”. 日本サッカー協会. 2012年4月30日閲覧。
  4. ^ Fリーグ大洋薬品オーシャンアリーナカップ2011 開幕直前情報”. Fリーグ公式サイト (2011年7月20日). 2012年4月30日閲覧。
  5. ^ 本田好伸 (2016年4月12日). “10周年を迎えるFリーグの日程が決定。アニバーサリー・シーズンのテーマは「日本フットサルの再建」(小倉純二FリーグCOO)”. Roots. 2016年4月20日閲覧。
  6. ^ 決勝戦 シュライカー大阪vs名古屋オーシャンズ 試合結果”. 大洋薬品オーシャンアリーナカップ2008 公式サイト. 愛知県サッカー協会. 2012年9月25日閲覧。
  7. ^ Fリーグ大洋薬品オーシャンアリーナカップ2009”. Fリーグ公式サイト. 2012年9月25日閲覧。
  8. ^ “Fリーグオーシャンカップ2017 AbemaTVでの配信が決定!” (プレスリリース), 公式サイト, (2017年5月2日), http://www.fleague.jp/news/?p=30816 2017年5月2日閲覧。 
  9. ^ (プレスリリース), http://www.fleague.jp/leaguecup/ 

外部リンク編集