Facebook監督委員会

Facebook社が提供・運営するSNSのグローバル・プラットフォームにおける、モデレーションに関する判断・決定を行う機関

Facebook監督委員会(フェイスブックかんとくいいんかい、英語: Facebook Oversight Board)は、FacebookInstagramなどアメリカのFacebook社が提供・運営するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のグローバル・プラットフォームにおける、モデレーション英語版[注 1]に関する判断・決定を行う機関である[1][2][3][4]

特に、アカウント停止コンテンツ削除についての異議申し立てを扱い、Facebook社は、このモデレーションに関する判断・決定については、(法令に違反しない限り、)必ず従う義務を負う[1][2][3][4]

他に、「コミュニティ規定」を含む規定の改定など、Facebook社の方針について勧告する権限も有し、Facebook社は、この規定や方針に関する勧告については、従わないことも可能だが、その場合、その理由を公表して説明する義務を負う[1][2]

2018年にマーク・ザッカーバーグによって提唱され[1]、2020年5月6日に初期メンバー(委員)20人が発表された[2][3][4]

なお、日本人は、発表された初期メンバー20名の中に含まれていない[4][5]

メンバー編集

共同議長編集

4名[2][3][4]

委員編集

16名[2][3][4][5]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ インターネットに投稿されたコンテンツにつき、サイト管理者が内容をチェックし、規約違反など適否の審査を行い、不適切と判断された場合に当該コンテンツの削除や当該アカウントの停止などを行うことで、不適切なコンテンツを除外・抑止する、機能・システムのこと。

出典編集

外部リンク編集