月刊Gファンタジー

日本の雑誌
Gファンタジーから転送)

月刊Gファンタジー』(げっかんジーファンタジー)は、スクウェア・エニックスが発行する日本の月刊ファンタジー漫画雑誌1992年刊行の『月刊少年ガンガン』増刊『ファンタスティックコミック』を経て1993年3月18日(4月号)創刊。

月刊Gファンタジー
Monthly G Fantasy
愛称・略称 Gファン、GF
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 中・高校生男女
刊行頻度 月刊(毎月18日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 スクウェア・エニックス
編集部名 月刊Gファンタジー編集部
発行人 田口浩司
編集長 居福明子
雑誌名コード 333
刊行期間 1993年3月18日(1993年4月号) -
発行部数 50000部(2006年3月)
レーベル Gファンタジーコミックス (GFC)
姉妹誌 月刊少年ガンガン
月刊ガンガンJOKER
ヤングガンガン
ウェブサイト 月刊Gファンタジー
特記事項 創刊時の雑誌名は月刊ガンガンファンタジー
テンプレートを表示

創刊当初の雑誌名は『月刊ガンガンファンタジー』であったが、創刊1周年となる1994年4月号で改題し現在の誌名になった。増刊に『ステンシル』(後に独立創刊して『月刊ステンシル』となるが、休刊)『Gファンタジー++』など。

概要

雑誌名が示すように、作品の多くはファンタジー漫画であり、特に女性向け・青年向けの作品が中心。2005年の秋頃から、原則として全ての連載作品につき前号までのあらすじと主要登場人物の紹介が本編の前に必ず1ページ挿入されるようになったのが大きな特徴である。

2002年頃には、連載作品の一部が『コミックZERO-SUM』(一賽舎。スタジオDNAとの合併後は一迅社)へ流出した(詳細はエニックスお家騒動を参照)。また、本誌での連載終了後に続編が『ZERO-SUM』で執筆されているケースもある。

本誌の編集部は1996年よりゲームコミックチャレンジ賞を主催し、本誌以外にアンソロジー集「スーパーコミック劇場」の編集も行っていたが、2006年をもって漫画賞・アンソロジー集の刊行とも終了している。

テレビアニメ化された連載作品には、『最遊記』『E'S』『ぱにぽに』(それぞれ、『幻想魔伝 最遊記』『E'S OTHERWISE』『ぱにぽにだっしゅ!』にタイトル変更)『ZOMBIE-LOAN』『隠の王』『黒執事』『PandoraHearts』『君と僕。』『キューティクル探偵因幡』『青春×機関銃』『王室教師ハイネ』『地縛少年花子くん』『ホリミヤ』がある。

連載作品

2023年10月号(2023年9月15日発売)現在。

  • アラフォー男の異世界通販生活(原作:朝倉一二三、キャラクターデザイン:やまかわ、漫画:うみハル)
  • 美しいばけもの(山本夜子)
  • 傷の特異種(香木なつひこ)
  • 銀の麦畑(津沢イナ)
  • 黒執事枢やな
  • 結合男子 -Commitments to Dawn-(漫画:三月雛乃、脚本:永川成基・麻日珱、キャラクターデザイン:スオウ、企画原案:スクウェア・エニックス)
  • ゴーレムさん、崩れてます!(東弥イツキ)
  • 最高の推しの見つけ方(茅原ミハシ)
  • 椎奈さんの推し事情(碧くるみ)
  • 地縛少年花子くん(あいだいろ)
  • 四百四鬼(もち)
  • 神獣サマの下僕になりまして〜就職先はあやかし専門不動産!?〜(原作:烏丸紫明、作画:和泉宗谷)
  • DISNEY TWISTED-WONDERLAND THE COMIC 〜EPISODE of OCTAVINELLE〜(原案:枢やな、作画:コヲノスミレ、構成:葉月わかな)
  • DISNEY TWISTED-WONDERLAND THE COMIC 〜EPISODE of SAVANACLAW〜(原案:枢やな、漫画:小田すずか)
  • 東京エイリアンズ(NAOE
  • ホリミヤ(原作:HERO、作画:萩原ダイスケ
  • マジックユーザー TRPGで育てた魔法使いは異世界でも最強だった。(原作:三河宗平、キャラクターデザイン:Ryota-H、漫画:因幡シホ)
  • 魔法科高校の劣等生 孤立編(原作:佐島勤、キャラクターデザイン:石田可奈、作画:きたうみつな、構成:林ふみの・長岡千秋)
  • 魔法科高校の劣等生 師族会議編(原作:佐島勤、キャラクターデザイン:石田可奈、作画:竹田羽角)
  • 雅血の陰陽師(藤本桜)
  • ミルクチョコレート(泡沫)
  • メイデーア転生物語 この世界で一番悪い魔女(原作:友麻碧、キャラクターデザイン:雨壱絵穹、漫画:夏西七
  • めざせ豪華客船!!〜船召喚スキルで異世界リッチライフを手に入れろ〜(原作:たむたむ、漫画:ザザロン亞南)
  • 妖怪学校の先生はじめました!(田中まい)
  • REVENGER(原作:利便事屋、作画:山田リューセイ)
  • 竜の花嫁お断り(イロノ)
  • 恋々忍びより(いちるの望)
  • ログインサバイバル(原作:高光晶、作画:竹鶏三歩)

休載作品

  • 白石君の動級生(チノク)
  • 鶴野くんは恩返しができない(天野かすた)

映像化作品

アニメ化

テレビアニメ
作品 放送年 アニメーション制作 備考
最遊記 2000年-2001年 ぴえろ 映画あり
E'S 2003年 ぴえろ
ぱにぽに 2005年 ガンジスSHAFT
ZOMBIE-LOAN 2007年 XEBEC M2
隠の王 2008年 J.C.STAFF
黒執事アニメ 2008年-2009年(第1期) A-1 Pictures OVAあり
2010年(第2期)
2014年(第3期)
2024年(新シリーズ) CloverWorks
PandoraHearts 2009年 XEBEC
君と僕。 2011年(第1期) J.C.STAFF
2012年(第2期)
キューティクル探偵因幡 2013年 ZEXCS
青春×機関銃 2015年 ブレインズ・ベース
王室教師ハイネ 2017年 ブリッジ 映画あり
地縛少年花子くん 2020年 Lerche
ホリミヤ 2021年(第1期) CloverWorks
2023年(第2期)
OVA
作品 発売年 アニメーション制作 備考
最遊記 1999年 東京キッズ
まじかる無双天使 突き刺せ!! 呂布子ちゃん 2007年-2008年 カオスプロジェクト
switch 2008年(第1巻) アクタス
2009年(第2巻)

テレビドラマ化

作品 放送年 制作 備考
ホリミヤ 2021年 ホリプロ

実写映画化

作品 公開年 監督 制作 備考
黒執事 2014年 大谷健太郎さとうけいいち C&Iエンタテインメント
ロックワークス

Gファンタジーコミックス

本誌掲載作品は主に1993年12月創刊のGファンタジーコミックス(ジーファンタジーコミックス、GFC)レーベルより刊行される。雑誌名は1994年に『ガンガンファンタジー』から『Gファンタジー』へ変更されているが、略称の「GFC」は変更されていない(但し、一部の書誌情報データベースでは現在も「ガンガンファンタジーコミックス」と記述されている場合がある)。他に主に新装版が使用する2003年3月創刊のGFC SUPER(ジーエフジー スーパー)レーベルがある。

創刊時はA5判であったが、2003年にB6判へ判型が変更されており現在は『ぱにぽに』など一部タイトルのみがA5判で刊行されている。また判型変更時に連載が続いていた『E'S』の既刊分はGFC SUPERレーベルでB6判の新装版が刊行されている。一方、『ぱにぽにリミックス』(『ぱにぽに』のダイジェスト版)や少年ガンガンからの移籍作品『私の救世主さま 〜lacrima〜』や月刊少年ギャグ王からの移籍作品『ドラゴンクエスト天空物語』など新書判で刊行された作品も存在する。ガンガンパワードからの移籍作品『君と僕。』はGFCへのレーベル変更を行わず、従来通りガンガンコミックス(GC)の新書判で刊行されている。

なお、Gファンタジー編集部が編集を担当しているスーパーコミック劇場(SCG)及びガンガンコミックスアンソロジーの一部新書判タイトルはGFCには含まれない。

サブレーベルに『月刊ステンシル』掲載作品を収録したステンシルコミックス(STC)があった。

関連項目

外部リンク