ITPSV 90 マークスマンフィンランド語: Ilmatorjuntapanssarivaunu 90 Marksman)は、フィンランド陸軍が装備する対空戦車である。ITPSV 90 Marksmanは、日本語に訳すと「90式マークスマン対空戦車」の略である。

ITPSV 90 Marksman
Marksman SPAAG.jpg
T-55AM マークスマン
基礎データ
全長 6.20m
全幅 3.60m
重量 41.0t
乗員数 3名
乗員配置 車長操縦手砲手
装甲・武装
主武装 35mm対空機関砲KDAx2門
副武装 4連装発煙弾発射機x2基
機動力
速度 52km/h
エンジン V-55 V型12気筒液冷ディーゼル
620hp(462kW)
懸架・駆動 トーションバー方式
行動距離 500km
テンプレートを表示
Finnish Leopard 2 Marksman
レオパルト2 マークスマン
基礎データ
全長 9.30m
全幅 3.70m
全高 4.82m
重量 49.0t
乗員数 3名
乗員配置 車長操縦手砲手
装甲・武装
主武装 エリコンKD 35 mm 機関砲#車載型35mm対空機関砲KDAx2門
副武装 4連装発煙弾発射機x2基
機動力
速度 72km/h
エンジン MTU MB 873ka-501
4ストロークV型12気筒液冷ターボチャージドディーゼル
1,479hp(1,103 kW)
懸架・駆動 トーションバー方式
行動距離 550km
テンプレートを表示

概要編集

T-55AM(Ps.262)車台に、イギリスヴィッカース社(現BAEシステムズ社)が開発した「マークスマン砲塔」を搭載している。なお、マークスマン砲塔は文字通り砲塔部のみに全機能が集約された汎用の対空射撃システムであり、各国各種の戦車車体に搭載が可能である。

砲塔は、左右側面にスイスエリコン社製35mm対空機関砲KDA(コンテナ式弾倉焼夷榴弾/曳光焼夷弾230発と曳光装弾筒付徹甲弾20発の計250発収納)を1門ずつ装備している。

後方上部には捜索距離12km、追尾距離10kmの捜索兼追尾レーダー1基が搭載され、非使用時には後ろに倒すことができる。また、計測可能距離8kmのレーザー測距機付きの2軸安定化光学照準装置2基を装備しているので、レーダーと光学照準装置で最大3目標の同時追尾が可能である。

補助動力装置(APU)はディーゼルエンジンで、砲塔後部に搭載されている。

比較編集

性能類似車両との比較
 ゲパルト  87式  マークスマン  95式  K30  ツングースカ  09式
画像              
全長 7.68 m 7.99 m 6.20 m 6.71 m 6.77 m 7.93 m 6.70 m
全幅 3.71 m 3.18 m 3.60 m 3.2 m 3.3 m 3.24 m 3.2 m
全高 3.29 m[注 1] 4.40 m 不明 3.4 m[注 1]
4.82 m[注 2]
4.065 m[注 2] 3.36 m[注 1]
4.01 m[注 2]
3.4 m[注 1]
4.82 m[注 2]
重量 47.5 t 38.0 t 41.0 t 22.5 t 25.0 t 34.0 t 35.0 t
武装 35mm機関砲×2 25mm機関砲×4
QW-2×4
30mm機関砲×2
神弓×不明
30mm連装機関砲×2
9M311×4
35mm機関砲x2
SAMx4
最高速度 65 km/h 53 km/h 52 km/h 53 km/h 60 km/h 65 km/h 55 km/h
乗員数 3名 4名 3名 4名 3名

配備編集

フィンランド陸軍1988年12月から7両購入し、1991年10月から納入された。しかし、1992年に不具合が発見されたため、1993年-1994年に改修が行われ、1996年から実戦配備された。

2010年に一旦退役したが、2015年から砲塔レオパルト2A4戦車車台に載せ換えたITPSV Leopard 2 Marksman[1]として再配備された。

参考文献編集

  • 月刊「軍事研究」 1997年4月号
  • 月刊「PANZER」 2002年9月号

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b c d レーダー格納時
  2. ^ a b c d レーダー展開時

出典編集

  1. ^ 月刊「PANZER」 2020年2月号

関連項目編集