メインメニューを開く

JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE(ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア)は、東京都新宿区霞ヶ丘町に所在する、日本スポーツ協会 (JSPO)・日本オリンピック委員会 (JOC) の本部ビル。

JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE

Japan Sport Association-10a.jpg

JAPAN SPORT OLYMPIC SQUAREの位置(東京都区部内)
JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE
情報
用途 オフィス、ミュージアム
設計者 三菱地所設計
施工 大林組
建築主 公益財団法人日本スポーツ協会
事業主体 公益財団法人日本スポーツ協会
管理運営 公益財団法人日本スポーツ協会
構造形式 S造、一部RC/SRC造
敷地面積 3,317 m² [1]
建築面積 1,306.5 m² (建蔽率39%)
延床面積 19,061 m² [1]容積率575%)
状態 完成
階数 地上14階、地下1階
高さ 59.76m(最高63.70m)
着工 2017年7月21日
竣工 2019年4月30日
開館開所 2019年5月16日
所在地 160-0013
東京都新宿区霞ヶ丘町4番8号
座標 北緯35度40分30.5秒 東経139度42分54.6秒 / 北緯35.675139度 東経139.715167度 / 35.675139; 139.715167座標: 北緯35度40分30.5秒 東経139度42分54.6秒 / 北緯35.675139度 東経139.715167度 / 35.675139; 139.715167
テンプレートを表示

建設の経緯編集

日本スポーツ協会(旧・日本体育協会、以下本節内では「日体協」と記す。)は渋谷区神南にある岸記念体育会館[注釈 1]を長年本部ビルとして所有していたが、建物の老朽化が著しい上に耐震性に不安が出てきたこともあり、2008年(平成16年)頃から当該地での建て替えを検討していた。しかし、岸記念体育会館の建つ場所が隣接する東京都水道局ポンプ場共々都市計画公園としての代々木公園の区域に含まれており、都市公園法都市計画法の兼ね合いから公園を所管する東京都庁との調整が必要になり、計画が難航していた[2]

一方都では、2020年東京オリンピック構想において国立霞ヶ丘競技場日本青年館がある明治神宮外苑一帯について国立霞ヶ丘競技場の建て替え(新国立競技場の建設)を含めた区域の再編整備を進めることになり、この関連で2011年に都が日体協に本部ビル(岸記念体育会館)の神宮外苑地区への移転を提案[2]。日体協は原位置での建て替えにこだわっていたが、2013年に2020年東京オリンピック/パラリンピックの開催が決定し、代々木公園内にある国立代々木競技場の周辺に大会用地を確保する必要性が求められたこともあり、日体協は五輪招致と前後してJOCと連携した神宮外苑への移転を検討する。その後、都が岸記念体育会館の敷地を含む一帯を代々木公園の優先整備区域に決定したこともあり、2016年に日体協が神宮外苑の都有地への移転方針を決定[3]。2017年に日体協が都に神宮外苑の都有地への移転要望書を提出し、翌2018年には代々木公園の(岸記念体育会館敷地を含む)体協所有地と神宮外苑地区の都有地を相互に売却し、物件調査と平行して新ビルを建設し、ビル完成を目処に仮換地を行って利用を開始する地区計画変更の企画提案書を提示。この手続きに則って建設計画が策定された[4]

2017年7月に工事が着工され、1年9ヶ月の期間を経て2019年4月30日に新会館は竣工し[1]、5月16日に完工式が執り行われた[5]

新会館の名称がJAPAN SPORT OLYMPIC SQUAREと決定し、発表されたのは2018年12月27日である[6]。新会館には主な日本のスポーツ競技団体が入居するほか、9階に日本オリンピックミュージアム(2019年9月14日開業)が設置される[7]など、名実ともに日本スポーツの新しい総本山として位置づけられることとなっている。

建物概要編集

S造(一部RC/SRC造)地下1階地上14階建て、延床面積1万9061㎡で、岸記念体育会館から移転したスポーツ競技団体の事務室のほか、日本オリンピックミュージアム、会議室、記者クラブ、岸清一メモリアルルーム(14階大会議室)[8]などで構成される。正面エントランスには岸記念体育会館から移設された岸清一の胸像が設置されている[8]

構造面の特色として、ユニットタイプのガラスカーテンウォール533枚のうち北面の約500枚について、建設現場でカーテンウォールユニットをねじりながら取り付け、なめらかな3次元曲面のファサードをつくり出す技術である「コールドベント」を日本で始めて採用したことが挙げられる[9]

交通アクセス編集

脚注編集

注記編集

  1. ^ 第2代大日本体育協会会長・岸清一の遺言により、岸の遺産の寄付を受けて1940年に神田駿河台に建設、1964年に渋谷区に移転。詳細は岸記念体育会館の項目を参照。

出典編集

  1. ^ a b c “【オリンピック発信拠点】JSPOとJOC 「JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE」竣工式を開催”. 建設通信新聞. (2019年5月19日). https://www.kensetsunews.com/web-kan/320061 2019年7月25日閲覧。 
  2. ^ a b 岸記念体育会館の神宮外苑地区への移転について”. 東京都都市整備局 (2018年8月1日). 2019年7月15日閲覧。
  3. ^ 岸記念体育会館の移転に関する主な経緯”. 東京都都市整備局 (2018年8月1日). 2019年7月15日閲覧。
  4. ^ 日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館(仮称) 建設計画 (PDF) 東京都新宿区
  5. ^ “スポーツ界の新たな拠点「JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE」の竣工記念行事を開催!” (プレスリリース), 日本スポーツ協会, (2019年5月16日) 
  6. ^ “新会館名称は「Japan Sport Olympic Square」” (プレスリリース), 日本スポーツ協会, (2018年12月27日), https://www.japan-sports.or.jp/news/tabid92.html?itemid=3890 2019年7月25日閲覧。 
  7. ^ 日本オリンピックミュージアム 日本オリンピック委員会
  8. ^ a b “岸清一氏の胸像を移設へ 日本スポ協、移転前に清掃”. サンケイスポーツ. (2019年4月5日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190405/spo19040518160007-n1.html 
  9. ^ “コールドベント 国内初適用/オリンピック・スクエア/大林組”. 建設通信新聞. (2019年6月19日). https://www.kensetsunews.com/archives/333582 2019年7月25日閲覧。 

関連項目編集