メインメニューを開く

Merry Go Round(メリー・ゴー・ランド)は、日本ゴシックロックバンド1991年に結成[1]1995年にメンバーチェンジを得て、本格的に活動を開始する。2004年に13年の活動にて解散[1]。「ダークかつ猟奇的でアングラな世界観は、後続のバンドに爪痕を遺した」といわれる[1]

Merry Go Round
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市[1]
ジャンル ゴシック・ロック
オルタナティヴ・ロック
ハードロック
インダストリアル
実験音楽
活動期間 1991年 - 2004年[1]
メンバー メンバー参照
旧メンバー 旧メンバー参照

解説 編集

  • 1991年に結成[1]。1994年に活動を一時休止するも、1995年に再結成し、活動を本格化させる。主に名古屋で活動していた。彼らの実験的なサウンドやゴシックな世界観(ヴォーカル真の病的なパフォーマンスなど)は後続のヴィジュアル系バンドに多大な影響を与えており、いわゆる名古屋系サウンドの代表格として認知されている。メジャーデビューの発表は無かったが、いくつかの音源はメジャー流通である。

メンバー編集

  • 真(カズマ):ボーカル担当 8月21日 A型 愛知県出身 ex ドーベルマン
    • バンドのヴォーカルでもあり、コンセプトリーダーでもある。結成当初は破麗威(ハリイ)、葉里衣(ハリイ)と言う名前だったが、1995年5月に真に改名。彼独自のセンスがバンドにも色濃く出ている。過去に、L'Arc〜en〜Cielkenとドーベルマンと言うバンドをやっていた事がある。解散後、MAXXとSHOJIと共にSmellsを結成するが、2009年9月1日にMAXXの脱退により活動休止。現在は、元Lamiel、deadmanthe studsのaieと共にhighfashionparalyzeというバンド(ユニット)で活動、後に元蜉蝣のkazu、元L'Arc〜en〜Ciel、ZIGZO、Creature Creature(サポート)のSakuraが加入することでバンド形式となり、gibkiy gibkiy gibkiyへと発展。現在も精力的に活動している。
  • Hideno(ヒデノ):ギター担当 1970年5月24日生まれ AB型 愛知県出身 ex Laputa
    • 1995年6月に加入したギタリスト。准那脱退後は主に作曲を担当していた。現在は音楽活動を引退しており、楽器屋を経営しているという。
  • MAXX(マックス):ベース担当 愛知県出身 ex Ti+Dee、Orphee
    • 2000年、Orphee活動休止後にサポートメンバーとして活動していた。2003年、SHOJIと共に加入。解散後は、真とSHOJIと3人でSmellsを結成するが、2009年9月1日に脱退、活動休止となる。脱退後はSPOOKY JAMと言うバンドを結成していた。現在はバーサスキッズ、ぐるぐるpunchというアイドルグループのサポート兼マネージャー等の活動している。
  • SHOJI(ショウジ):ドラム担当 ex Romance for〜
    • 2003年に、MAXXと加入。

旧メンバー編集

  • Guitar … OSAMU(オサム)
  • Bass … HISANORI(ヒサノリ)
  • Drums … KA'SHI(カシ)
  • Guitar … KEN(ケン)
  • Bass … シン
  • Guitar … DEAD(デッド) ex AREA、ANTIQUE DOLL、ANTIC DOLL。
    • 2018年8月12日「MADMAN S 2018」にてX X X名義でギターとして参加し、真とTohruと共にライブを行われた。
  • Bass … ヤスヒサ ex ANTIC DOLL 
  • Bass … 左京(サキョウ) ex Ar-Page
  • Drums … Tohru(トオル)冨安徹 ex ANTIC DOLL
    • 2代目のドラマー。一度は脱退したが、キョウ脱退後、サポートを勤めていた。後にOf-J、JILSMoi dix Mois、dibs得て、現在は、ナイトメア等のドラムのチューナーの仕事をしている。過去に、尾張桜組、おぱロッカーズ 、元Laputaakiのサポートをしていた。2018年8月12日「MADMAN S 2018」にてX X X名義でドラムとして真とDEADと共にライブを行われた。
  • Drums … キョウ ex Silver-Rose 3月9日 血液型 AB型 愛知県出身
    • 1995年6月に加入。背が高く金髪だったのが特徴。後に、准那とともに脱退。その後、GAZの脱退にKneuklid Romanceのメンバーになるが、2000年に解散した。後に、准那とDIET-COKE HEAD BARBIE DREAMSを結成するが、解散した。現在は引退し、家業をしている。 ドラムテクニックの幅を広げるため寝る間も惜しんでドラムの練習を行っており、眠くなったときはコーヒーの粉末をそのまま飲んで眠気をさましていたという。 
  • Bass … 准那(ジュンナ) ex Of-J 11月18日 血液型 A型 岐阜県出身
    • 左京脱退後に加入。在籍時は主に作曲を担当していた。98年に11月にキョウとともに脱退。後に、キョウとDIET-COKE HEAD BARBIE DREAMSと言うバンド結成するが、デモテープを一作リリースした後に解散。彼自身も音楽活動から引退する。引退後は太田梁の名で陶芸家として活動。数々の作品を残し、東海伝統工芸展に入選するなどの活躍をみせていたが、2013年7月27日に死去。

Smells編集

  • 2004年 Merry Go Round解散後に結成。ギターレスであえて地下活動中心として活動していた。2007年にシングルとミニアルバムが発売。2009年にはオムニバスを発売するなど活動を続けたが、同年9月1日ベースのMAXXの脱退により活動休止。

メンバー編集

  • Vocal 真
  • Bass MAXX
  • Drums SHOJI

ディスコグラフィ編集

  • 首 (2007/04/25)シングル。
  • FROZEN (2007/04/25)ミニアルバム。
  • marder suitcase 10th anniversary

"A SPECIAL COLLECTION" (2009/08/19)オムニバス。「首」を収録。

歴史編集

  • 1991年 ヴォーカルの真(この当時は破麗威)を中心に結成。名古屋を中心に活動。
  • 1994年 活動休止。充電期間に入る。
  • 1995年 活動再開。6月にヴォーカルが破麗威から真に改名。元LaputaのHideno、元Silver-Roseのキョウ、元Ar-Pageの左京が加入。同年、左京が脱退(後に、Orange Jamを結成)。元Of-Jの准那が加入する事になる。
  • 1998年 11月にベースの准那とドラムのキョウが脱退。真とHideno2人で活動するようになる。
  • 2003年 ベースのMAXX、ドラムのSHOJIが加入。
  • 2004年5月15日ラストライブ、高田馬場でのライブ「Merry Go Round is dead」により解散。
  • 2018年 “poison excl.”

~gibkiy gibkiy gibkiy vs Merry Go Round Respects~にて名古屋、東京、大阪、北海道でライブを行いgibkiy gibkiy gibkiyのaie、Kazu、Sakura、ムックミヤがギターとして参加した。同年、8月12日「MADMAN S 2018」にてX X X名義でMerry Go Roundの破麗威(真)、元Merry Go RoundのDEAD、TOHRU、ベースのHAZIを加えライブを行われた。

ディスコグラフィ編集

デモテープ編集

  • 毒・夢・月・殺・狂乱舞(91年?)
  • 放送禁止の死んだふりをする潔癖症の実験体と箱の中の毒入りショートケーキ (96/04/21) 限定5000本

シングル編集

  • 月と、黒猫と、猫アレルギーの君 (97/02/21) 初回ピクチャー盤
  • IMPERIAL DRUG (97/02/21) 初回限定5000枚
  • ××体質 (97/10/27)
  • 思春期の吸血鬼 (97/09/21 98/1/21)
  • 赤い絲 (99/09/21) 初回限定5000枚
  • ザクロ色の月と狂った恋の旋律 (99/10/10) 初回限定5000枚
  • 君は蜜よりも甘く… (02/01/13) 通販限定
  • ・【dot】 (03/08/20)

ミニアルバム編集

  • -S- (96/08/23) 初のメジャー流通作品。初回ステッカー付き
  • 放送禁止の死んだふりをする潔癖症の実験体と箱の中の毒入りショートケーキと逆回転でまわるエゴイストのパラノイアボックス (98/01/21) 1996年のデモテープの音源に、新たに三曲を収録した。 初回限定15000枚
  • #69 (98/11/1) リミックスアルバム 初回限定15000枚

アルバム編集

  • REDDISH COLLECTORS NO DEAD ARTIST (99/12/1) Merry go roundの1stアルバム
  • 幻覚α波 (00/09/21)

ベストアルバム編集

  • Merry Go Round is dead (04/05/26) 解散後に発売されたラストアルバム。 初回限定1500枚

オムニバス編集

  • THE END OF THE CENTURY ROCKERS Ⅲ (96/11/1)G.O.D.を収録。
  • 妖幻鏡-sea- (02/12/25)「君は蜜よりも甘く…-妖幻鏡mix-」を収録。
  • marder suitcase 2000~2004 (05/04/6)「液状」「NARCISSE」を収録。

ビデオ編集

  • 桜の満開の木の下で(配布ビデオ)
  • 思春期の吸血鬼(1997/9/21) ビデオシングル
  • Screaming Essence(1998/12/23)
  • 鬼(オムニバスビデオ)(2003)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 市川哲史、藤谷千明『すべての道はV系へ通ず。』シンコーミュージック・エンタテイメント、2018年8月26日、362頁。ISBN 978-4-401-64639-5

リンク編集