メインメニューを開く

市川 哲史(いちかわ てつし、1961年3月16日[2] - )は、日本音楽評論家[3]編集者ラジオパーソナリティ、大学非常勤講師岡山県津山市出身[2]O型

いちかわ てつし
市川 哲史
生誕 (1961-03-16) 1961年3月16日(58歳)
日本の旗 日本 岡山県[1]
職業 音楽評論家

プロフィール編集

大学浪人中の1980年[3]から13年間、『ロッキング・オン』の雑誌を中心に洋邦問わず音楽評論活動を続ける。

当時、硬派な雑誌であった『ROCKIN'ON JAPAN』にXBUCK-TICKといった後にヴィジュアル系と呼ばれるようなバンドを積極的に取り上げる。アーティストとの呑みの場をレポートをしたコラム「市川哲史の酒呑み日記」も連載した。

1993年に独立して10月に『音楽と人』を創刊するが[4]、社長と編集長を同時に務めていた1998年自律神経失調症うつ病を発症して失踪し自殺未遂を起こす[5]。地元岡山隠遁生活を送るが、21世紀に入って復帰し、『weekly oricon』(連載「“帰ってきた”音楽評論家 市川哲史のオリコン番外地」)などで執筆活動を行なった。

2005年にヴィジュアル系について綴った著作『私が「ヴィジュアル系」だった頃。』を、2006年に続編『私も「ヴィジュアル系」だった頃。』を、2008年に『さよなら「ヴィジュアル系」〜紅に染まったSLAVEたちに捧ぐ』(2冊を再編集し加筆を加え文庫化)を、2016年には『逆襲の<ヴィジュアル系>-ヤンキーからオタクに受け継がれたもの』を発表している。

現在はマイペースの音楽素浪人生活中。『日経エンタテインメント!』で連載した「市川哲史の音楽は人なり。」は、いまどき珍しい「正直すぎる」アーティスト評で、相変わらず業界内に波紋を起こした。

2017年、『ヘドバン』Vol.16よりコラム「市川哲史の酒呑み日記 ビヨンド」を連載開始。

人物編集

書籍編集

連載編集

コラム編集

雑誌
Web

ラジオ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 市川哲史 - Real Sound|リアルサウンド”. Real Sound (2016年8月27日). 2019年9月16日閲覧。
  2. ^ a b 一所懸命 / 鈴木 奈々/市川 哲史【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア”. 紀伊國屋書店 (2013年). 2019年9月16日閲覧。
  3. ^ a b Ichikawa, Fujitani 2018.
  4. ^ Ichikawa, Fujitani 2018, p. 348.
  5. ^ Ichikawa, Fujitani 2018, p. 290.
  6. ^ 音楽と人2019年5月号p28. 2019年5月10日閲覧。
  7. ^ ヘドバン Vol.16<シンコー・ミュージック・ムック>.シンコーミュージック・エンタテイメント.2017年12月2日閲覧。

参考文献編集

  • 市川哲史、藤谷千明 (2018-08-26). すべての道はV系へ通ず。. シンコーミュージック・エンタテイメント. ISBN 978-4-401-64639-5. 

外部リンク編集