メインメニューを開く

NHKラジオセンター

NHKラジオセンター(エヌエイチケイラジオセンター)は、日本放送協会(NHK)のラジオ番組を制作する本部放送総局配下の組織[1]

目次

概要編集

1990年に設置された。NHK放送センター本館13階にあり、ラジオスタジオに隣接する[2]。ここで制作した番組はNHKラジオ第1放送中波)で放送されるが、同じ中波のラジオ第2放送のほか、FM放送超短波)、NHKワールド・ラジオ日本短波・衛星ラジオ)および地上デジタルラジオ実用化試験放送でも放送される。

ラジオセンターは一日を早朝・午前中・午後・夜間・深夜の5つのゾーンに分け、「ワイド番組」を核とした、報道、生活情報、音楽、バラエティーなどの番組を制作する。

番組編成面では1986年ごろから「おはよう」「ふれあい」「こんにちは」「こんばんは」[3]と時間帯ごとにタイトルを変えながら、事実上終日ワンフォーマット形式で「ラジオセンター」の冠をつけた番組を放送。その後これを発展させる形で1989年から数年間、終日「NHKラジオセンター」という題名で放送したことがあった[4]

特に、ラジオ第1放送は1日の編成の約96%が生放送である。これは「24時間安心ラジオ」を目標として突発的な災害や事件などで必要に応じて速報を伝える体制を整えるためである。録音番組(主に20・21時台と、ラジオ深夜便の一部時間)が放送されている時間も、基本的に生放送で速報が出来るようにアナウンサーやスタッフ数名が待機している。

アナウンサー・キャスター編集

ラジオセンター専属のアナウンサーを設けて、番組の進行役を務めさせている(NHK放送センター#ラジオセンター参照)。かつてはそれだけでなく、番組制作業務(プロデュース、ディレクターなど。かつてはアナウンスをせず業務専念のアナウンサーもいた)を担当するアナウンサーもいた。番組出演はラジオセンター所属以外からも東京アナウンス室、日本語センター所属のアナウンサー、またNHKを一度退職したアナウンサーも出演している。

2010年度、NHKの組織改革に伴い、制作業務のみに専念していたアナウンサー(過去に地方局でアナウンス業務をしていた人も多くいた)については職種カテゴリが“アナウンサー”から“番組制作者”に変更された。NHKオンラインではアナウンサープロフィールのページは番組に出演するアナウンサーのみとなった。この組織改革は3年間の中期経営計画に基づき、報道・番組制作分野は人員を増やす一方、他の分野は抑制・減員させる方針が明確化されたことによるものである。制作担当者の氏名についてはNHKのアナウンサー一覧#ラジオセンター所属の制作担当者参照。

なおラジオセンター所属アナウンサーは原則としてラジオ番組のみ出演するが、柴田祐規子[5]のように、テレビのドキュメント番組などのナレーター担当で出演することもある。[6]

アナウンサー以外にも、ラジオセンターと番組出演契約を交わした契約キャスターがいる。2018年4月時点の所属者は以下の通り。

スタジオ編集

ラジオセンター内にスタジオがあり、ラジオ第1の生放送の番組は基本として放送センター13階の131・132スタジオから放送されている。

なお、2013年の春にラジオセンターで大規模な放送設備の交換が行われ、それに伴い、新しいラジオスタジオがこれまでとは反対側に設置され、NHKのラジオニュースの制作現場も移動されることになり[7]、2013年4月13日より運用を開始した。[8]

イメージキャラクター編集

2011年4月20日、NHKラジオ初のイメージキャラクター「らじる」が発表された。5月3日渋谷DEどーもにてラジオ第1初出演を果たしている。詳細は同項目を参照。

関連記事編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ NHK組織図(2011年3月31日現在) (PDF) - NHK年鑑2011 p.815
  2. ^ R1 NHKラジオ第一:ラジオセンターとは?
  3. ^
    • 毎日午前5時-9時(日曜は-8時)「おはようラジオセンター」
    • 月曜-土曜午前9時-12時「ふれあいラジオセンター」
    • 月曜-土曜午後1時-7時「こんにちはラジオセンター」
    • 月曜-土曜午後7時-12時(翌日午前0時。当時は原則0時終了)「こんばんはラジオセンター」
    (12時台、および日曜日の8時以後は特にゾーンタイトルを定めず)
  4. ^ 1990年代に入ると、KBCラジオエフエム京都セント・ギガBSラジオ)、ZIP-FMでもほぼ同じようなワンフォーマット編成を実施している。
  5. ^ 現在は静岡局
  6. ^ 民放では福井放送にも「ラジオセンター」という明確な部署があり、所属アナウンサーは原則テレビ出演しない。
  7. ^ R1 blogNHKブログ NHKきょうのニュース あと少しで完成 新ラジオスタジオ
  8. ^ 新年度も「きょうのニュース」をよろしく”. 2013年4月1日閲覧。

外部リンク編集