メインメニューを開く

RPGРПГ)は、ソ連ロシア対戦車擲弾RPG-2以降は対戦車擲弾発射器とされている。

名称の由来は、ロシア語の「ручной противотанковый гранатомётラテン文字転写ruchnoy protivotankovyy granatomyot、ルチノーイ・プラチヴァターンカヴィイ・グラナタミョート、「携帯対戦車グレネードランチャー」の意)」のアクロニムである。英語では「rocket-propelled grenadeロケット推進グレネード)」の略とされるが、これはバクロニムであり、厳密には誤りである。実際、第二次世界大戦以前・戦中に開発されたRPG-40やRPG-43などは手榴弾型であるうえ、RPG-2の弾頭にはロケットがない。

第二次世界大戦中にドイツ軍で使用されたパンツァーファウスト250がRPG-2の原型として模倣された後、RPG-7への改良進化を経て数々の発展改良型が存在している。

RPGシリーズの一覧編集

ソ連時代に生産開始
ロシア連邦時代に生産開始

RPGに類似した兵器編集