メインメニューを開く

Rytigynia uhligii とはアカネ科木本の一種である。東アフリカの森林地帯に分布する。

Rytigynia uhligii
Rytigynia uhligii (K.Schum. & K.Krause) Verdc. (BNRH 17970).jpg
モザンビークソファラ州ゴロンゴサ山Mount Gorongosa)南西斜面の森林下層で採取された Rytigynia uhligii の標本。
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク上群 superasterids
階級なし : キク類 asterids
階級なし : asterids I
: リンドウ目 Gentiales
: アカネ科 Rubiaceae
亜科 : キナノキ亜科 Cinchonoideae
: Vanguerieae
: Rytigynia
: R. uhligii
学名
Rytigynia uhligii (K.Schum. & K.Krause) Verdc.
シノニム
  • Canthium sarogliae Chiov.[2]
  • Plectronia kidaria K.Schum. & K.Krause[1][2]
  • Rytigynia euclioides Robyns[3][2]
  • Rytigynia kidaria (K.Schum. & K.Krause) Bullock[2]
  • Rytigynia lenticellata Robyns[2]
  • Rytigynia murifolia Gilli[2]
  • Rytigynia schumannii Robyns[3][2]
  • Rytigynia schumannii var. puberula (K.Schum.) Robyns[2]
  • Rytigynia undulata Robyns[2]
  • Vangueria neglecta K.Schum.[2]
  • Vangueria neglecta var. puberula K.Schum.[2]
  • Vangueria uhligii K.Schum. & K.Krause[2]

分布編集

生態編集

ケニアでは標高1050-2400メートル地帯の乾燥林あるいはやや湿潤な森林において見られ、特に孤立した丘の頂上の林に生えていることが多い[3]

またモザンビークソファラ州ゴロンゴサ山英語版(Mount Gorongosa)南西斜面の森林下層でも採取されている[4]

特徴編集

高さ1-9メートル(13メートルの場合も)の低木あるいは高木で、樹皮は滑らかである[3]

葉は対生の楕円形か卵形で基部が形あるいは円形、先端が先鋭形で2-11×1-6センチメートル、明らかなダニ室を除けば平滑である[3]

花は緑がかった白色もしくは緑がかった黄色で、1-2個の花が集散花序となり、花冠筒は4.5-5.5ミリメートル、裂片は長さ約2ミリメートルである[3]

果実は青黒色で丸く、9-10ミリメートルである[3]

利用編集

果実は食べることができる[3]ケニアでは材が家屋の建造に用いられる[3]。またタンザニア北東部の東ウサンバラ英語版(East Usambara)では長時間燃やすにするため森林から調達される樹木の一つとして確認されている(現地語名は ntuavuha)[5]

諸言語における呼称編集

ケニア:

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c BGCI & IUCN SSC Global Tree Specialist Group (2019).
  2. ^ a b c d e f g h i j k l World Flora Online, http://www.worldfloraonline.org/, 11 May 2019
  3. ^ a b c d e f g h i Beentje (1994).
  4. ^ Buffelskloof Private Nature Reserve - Collections. 2019年5月11日閲覧。
  5. ^ Ruffo (1989:188).
  6. ^ Benson (1964).

参考文献編集

英語:

  • Beentje, H.J. (1994). Kenya Trees, Shrubs and Lianas. Nairobi, Kenya: National Museum of Kenya. ISBN 9966-9861-0-3. http://www.nzdl.org/gsdlmod?e=d-00000-00---off-0unescoen--00-0----0-10-0---0---0direct-10---4-------0-1l--11-en-50---20-about---00-0-1-00-0--4----0-0-11-10-0utfZz-8-10&a=d&c=unescoen&cl=CL1.6&d=HASH01b88f73433d5003648dbf5b.12.100. 
  • "mũbirũbirũ" In Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary. Oxford: Clarendon Press. p. 30. NCID BA19787203. 
  • Botanic Gardens Conservation International (BGCI) & IUCN SSC Global Tree Specialist Group (2019). Rytigynia uhligii. The IUCN Red List of Threatened Species 2019: e.T143710754A143710756. doi:10.2305/IUCN.UK.2019-1.RLTS.T143710754A143710756.en Downloaded on 11 May 2019.
  • Ruffo, C.K. (1989). "Some useful plants of the East Usambaras". In A.C. Hamilton and R. Bensted-Smith (eds.), Forest Conservation in The East Usambara Mountains Tanzania, pp. 185–194. Gland, Switzerland and Cambridge, UK: IUCN. 2-88032-965-5 NCID BA23064017

関連項目編集