メインメニューを開く

SIDAM 25は、イタリアが開発した自走式対空砲である。M113装甲兵員輸送車の車体に、オート・メラーラ社が開発した砲塔を搭載している。

SIDAM 25
SIDAM-IT.JPG
基礎データ
全長 5.04m
全幅 2.69m
全高 1.83m
重量 12.5t
乗員数 3名
乗員配置 車長操縦士砲手
装甲・武装
装甲 28.58-38.1mm
主武装 KBA-B 25mm×4門
機動力
速度 68km/h
エンジン デトロイトディーゼル 6V-53T
2ストロークV型6気筒液冷ターボチャージドディーゼル
275hp(198kW)
懸架・駆動 トーションバー方式
行動距離 480km
テンプレートを表示

概要編集

1983年から開発され、1985年-1993年まで生産、1989年イタリア陸軍に配備された。

砲塔は、溶接構造の防弾アルミニウム合金製で、1名が搭乗する。左右側面縦に2門ずつエリコン社製KBA-B 25mm機関砲を装備している。俯仰角は-5°/+87°、俯仰速度は最大100°/秒、全周旋回式で、旋回速度は最大120°/秒である。低光量TV、デジタル射撃統制コンピュータレーザー測距機を装備しているが、全天候能力はない。

KBA-B機関砲は、初速1,000メートル毎秒、発射速度600発/分の4門合計で2,400発/分、有効射程は2,000m、射撃は単発、連発、15発と25発のバースト射撃を選択できる。砲弾は、対空目標用に焼夷榴弾(HEI)を600発搭載している。また、2門は焼夷榴弾と地上目標用の装弾筒付徹甲弾(APDS)の射撃が可能となっており、装弾筒付徹甲弾30発を搭載している。

関連項目編集