SWERY(スエリー)は株式会社White OwlsのCEO。本名は末弘 秀孝(すえひろ ひでたか)。シナリオライター兼、ゲームデザイナー兼、ゲームディレクター。また、僧侶の資格を保有していることや、自身が仏教徒であることを明かしている。

経歴編集

大阪芸術大学にて映画と映像広告を専攻した後にゲーム業界へ入り、いくつかのビデオゲーム会社を経て2002年1月にアクセスゲームズを設立。初のディレクション作品であるスパイフィクションからワールドワイドを意識したゲームデザインを手がけ、2010年には、各国メディアから現代のカルトクラシックと賞される作品『Deadly Premonition/邦題:レッドシーズプロファイル』を完成させた。

同作は"最も評価の分かれるサバイバルホラー”としてGUINNESS WORLD RECORDにも掲載され、SWERY自身は2011年、北米で最も影響力のある50人のクリエイターに選出された。

その後、日本国内における数々の作品を手がけながら、2014年9月、MicrosoftのファーストパーティとしてXbox One専用ゲーム『D4: Dark Dreams Don't Die』を発表。 D4は次世代向けKinectを使った、全く新しいゲーム体験を提供するゲームとして発売前から注目を集め、2013年にはロサンゼルスで開催されたGDC Next 2013にて、NEXT 10(全く新しい10のゲーム)に選出された。さらに、翌年2015年にはサンフランシスコで開催されたGame Developers Conference 2015でも講演者として招かれ、「Designing for Empathy with Sensory Replication in D4」(「D4」における感情移入と感覚再現を目指したゲームデザイン)というポストモーテム講演を行った。

2015年11月6日より、持病の治療のため療養中であったが、2016年8月31日をもってアクセスゲームズの取締役を退任したことを報告。

2016年11月1日、「大阪から世界中のあなたへ」をスローガンに、自身の開発スタジオである株式会社White Owlsを立ち上げる。

2017年9月には新作ゲーム『The Good Life』のクラウドファンディングを立ち上げ失敗に終わるも、翌年2018年3月に再度、Kickstarterで同ファンディングを再開。見事にゴールを達成している。

2018年10月、4年ぶりの新作となる『The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島 -』を発表。国内外で数々のAwardを受賞するなど高い評価を得ている。特にIGN Japanのレビューでは「その天才的な手並みは、完璧すぎるあまり、別の問題を浮かび上がらせたように思う。だが、ストーリーとゲームデザインを一致させ、プレイヤーの魂に訴えかける作為は見事というしかない。」と評されている。

講演活動も積極的に行っており、2016年以降、クロアチアで開催されているReboot Developにて毎年講演を行っている他、2016年11月にはインドのハイデラバードで行われたNasscom Game Developers Conferences2016で招致講演、2017年9月にはシアトルで開催されているPAX WESTで、2018年3月にはボストンで開催されているPAX EASTで講演やステージを行っている。

また、2019年3月にはサンフランシスコで開催されたGame Developers Conferenceにて「'The Missing': An Attempt at Complete Cohesion of Gameplay and Narrative」(The MISSING:ゲームプレイと物語の完全な融合を目指す試み)と題した講演を行った。

人物編集

日本人ゲームディレクターとして初めて、マサチューセッツ工科大学バークリー音楽大学にて講義を行った。また、世界で初めてバークリー音楽堂(Berklee Performance Center)にてオーケストラとともにエアギターを演奏した人物でもある[要出典]

近年ではゴリラのぬいぐるみと常に出かけている。ぬいぐるみの詳細を聞かれると、「彼女はシャラポワ」と答えるという。2015年3月21日にドグマ風見と共にニコニコ生放送が行われた「Deadly Premonition レッドシーズプロファイル コンプリートエディション〜ギネスに載った伝説のゲームにチャレンジ〜」では「実家の寺から参加」という形で出演していたが、後に実際に現地(岐阜)に登場した。その際、『僕の作品にはフォレスト・ケイスンなど、同じ名前のキャラクターがよく出てくる』という下りがあった。SWERY氏は「スターシステムを採用している。と書いていただくこともありますが、訂正します。スターシステムは顔が同じで、名前や役柄が違うもの。手塚治虫先生が発明された凄いシステム。僕のは名前が同じで、人物そのものが違う。所謂『襲名』なのである。『木村庄之助システム』とでも名付けよう。単に同姓同名とか言うのは勘弁な。」と発言している[1]

また、プレイ中にゲーム内容について出演者に指摘された際には、思い出せなかったり都合が悪くなるたびに「タントウジャナァアアアアアイ」(そこを担当したのは僕じゃない)と答えることにより明言を避け、その後の放送中も同じやりとりが繰り返された。

最近の活動編集

2018年10月『The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島 -』を発売。

2020年春には次回作『『The Good Life』の完成を予定している。

2019年9月5日に『レッドシーズプロファイル』の続編『Deadly Premonition 2』がNintendo Directで発表された。2020年にNintendo Switchで発売予定。

作品編集

インタビュー動画編集

その他の動画編集

インタビュー記事編集

講演編集

脚注編集

外部リンク編集