メインメニューを開く

SaiNet Vision(サイネットビジョン)は埼玉高速鉄道所有の車両の車内客用ドア上部に設置されている液晶ディスプレイ、およびそれを用いた動画PRサービスである。

目次

概要編集

同社の2000系電車の全車両(6両10編成、計60両)に、LED案内表示器のない側のドア上に千鳥配置で各1台ずつ、1両あたり計4台設置されている。

同社の社長に就任した杉野正が、それ以前に社長を務めていたしなの鉄道で同様のサービスを行って成功したことから、同社でも導入したもの。同社が運営事業者を募集した結果、2006年平成18年)から、埼玉県内で事業を展開しているインターネットプロバイダ事業者の彩ネットの子会社である彩ネットアドが設置費用を負担し、同社ならびに東京メトロの関連会社であるメトロコマースと提携してサービスを開始し、2012年(平成24年)2月以降はサイホープロパティーズが媒体社となり「Saiho Railway Vision(SRV)」として運用している。

装置はDVDを用いてエンドレス再生する単純な仕組みで、このため直通先の東京メトロ南北線東急目黒線でも全く同じ内容の映像を見ることができる。コンテンツはコマーシャル(CM)などが放映されるが、東日本旅客鉄道(JR東日本)のトレインチャンネルと同様に音声は流れない。開始当初はCMの合間に環境映像も流していた。

放映されるCM動画も、当初は埼玉高速鉄道線沿線の企業や「PASMO[1]などが多かったが、2007年初頭頃より、一般の大手スポンサー提供によるCMが頻繁に流れるようになった。一時、資生堂などの大手スポンサーがコマーシャルを流したときは一度に何本ものCMを連続して、5分ほど放映されたこともある。

その他のコンテンツとしては、下記のようなものがある。

  • 鈴木あきえ高木梓のスピードクイズ」(終了) - 女性タレントが4択クイズを出題する。
  • livedoor デイリー4コマ」 - ライブドア提供の4コマ漫画
  • 時事通信社配信のニュース(終了)
  • 「ウェザーニュース」 - ウェザーニューズ提供のお天気情報。トレインチャンネルで提供されているコンテンツのSaiNet Vision版。

このほか、映画情報などを放映している。

脚注編集

  1. ^ なお、2007年6月の時点でPASMOは発売制限を行っており、定期券を除きPASMOの購入ができないため他社がPASMOの広告を自粛している中、SaiNet VisionではPASMOのCMを放映していた。

関連項目編集

外部リンク編集