メインメニューを開く

Theガッツ!』(ザ ガッツ)は、May-Be SOFTアダルトゲーム、および同作をはじめとするシリーズ作品である。第2作以降はオーサリングヘブンから発売、2012年時点での最新作はコンプリーツから発売されている。

Theガッツ!
ジャンル アダルトゲーム
開発元 May-Be SOFTコンプリーツ
コンプリーツ
発売元 May-Be SOFT
オーサリングヘヴン(コンプリーツ)
コンプリーツ
1作目 Theガッツ!
1999年2月10日
最新作 Theガッツ! -マキシマム・マタニティ!-
2012年9月28日
テンプレートを表示

目次

概要編集

第1作『Theガッツ!』はMay-Be SOFTより1999年に発売された。

粗筋としては、恋人にその軟弱な体をバカにされてフラれた青年が、一念発起して肉体労働で身体を鍛え男を上げるために、工事現場のアルバイトを始めるが、そのバイト先は仕事を離れても肉と肉とがぶつかり合う凄まじい「肉体労働」の現場であった、という作品である。また、コメディと名乗っているだけあり、ストーリーは一貫して明朗である。以来、シリーズ化された本作品は、鍛えられた筋肉などへのフェティシズムを重要な要素する「マッシヴ・エロチック・コメディ」というジャンルを自称する。

メインヒロインであるタカさんこと高原美奈子を筆頭に、女らしさを完全に超越した筋肉キャラのオンパレード。このゲームの他に類を見ない特色としては、世に主人公がヒロインを襲うアダルトゲームは数多くあれども、本作の主人公はヒロインを襲わず(というより襲えず)、逆にヒロインに襲われる上にしかも襲われたならば(ほとんどのケースで体力差のために)絶対逃げられない、という圧倒的に女性優位な独特のストーリー展開がある。その他、マウスのボタン連打などアダルトゲームでは通常用いられないような作業もゲーム進行において必要となる。

2000年に発売された第2作『Theガッツ!2 〜海でガッツ!〜』は、コンプリーツの処女作としてオーサリングヘブンブランドから発売。なお、コンプリーツは、『Theガッツ!』の製作スタッフが独立して設立されたソフトハウスである。以降、『Theガッツ!5』まで年に1作のペースでコンスタントに新作がリリースされた。DVDPG版としては、『Theガッツ!2&3 DVDPG』および『Theガッツ!4&5 DVDPG』、『Theガッツ! -マキシマム・マタニティ!- DVDPG』がN43 Projectから発売されている。2005年にはKNSエンタテインメントよりゲーム内で使用された楽曲を収録した『Theガッツ! サウンドコレクション 〜Queen of Muscle〜 KIRIKO / HIKO Sound』が発売された。また同2005年にはアニメ化作品(OVA)が発売されている。

シリーズ第6弾となる『Theガッツ!麻雀』(初期タイトル『Theガッツ!6 〜麻雀でガッツ!〜』)が2004年にオーサリングヘブンから予定されていたものの、度重なる発売延期を経て、未発売の状態が続いている(なおソフ倫の審査は通過しており[1]JANコードも取得されている)。当初は2004年夏の発売予定[2]と告知されたが、2005年4月28日発売予定[3]→2005年5月20日発売予定[4]→2005年10月7日発売予定[5]と延期されていき、最終的に「発売時期未定」[1]となり現在に至る。余談となるが、ソフトハウスであるコンプリーツでは別の作品でも類似ケースがあり、麻雀ゲーム『まままーじゃん』が2008年より長期にわたり発売予定・時期未定となっていたものの[6]、最終的には2011年に発売されている[7]。 ソフトハウスの初期のヒットシリーズながら2004年以降は新作リリースが途絶えていたが、2012年には新作『Theガッツ! -マキシマム・マタニティ!-』がコンプリーツブランドより発売となった。

ちなみに、シリーズ各作品は、コンプリーツの「ボクのヒミツたいけん」シリーズと世界観を共有している(ただし学園モノのスピンオフ作品『Theガッツ!4』は除く)[8][9][10][11]。『Theガッツ!3』の舞台である「酒田旅館」は、ヒミツたいけんシリーズ第3作の『ボクの「なつやすみ」ヒミツたいけん』の舞台となっており[12]、ゲストキャラとしてタカさんも登場している[13]

タイトルリスト編集

DVDPG
  • Theガッツ!2&3 DVDPG - 2008年N43 Project
  • Theガッツ!4&5 DVDPG - 2008年 (N43 Project)
  • Theガッツ!-マキシマム・マタニティ!- DVDPG - 2013年 (N43 Project)

OVA編集

2005年、アダルトアニメOVA作品がアニメアンテナ委員会により制作され、同社の「ANi-AN」レーベルより発売された。 なおVOL.1は、発売元がアニメアンテナ委員会と販売元がANIMACであったが、VOL.2は、発売元・販売元ともにアニメアンテナ委員会となっている。 アニメアンテナ委員会からは、本作品のサントラ盤『THEガッツ! The ANIMATION オリジナルサウンドトラック』もリリースされた。

  1. THEガッツ! VOL.1:2005年2月25日発売[16]
  2. THEガッツ! VOL.2 〜タカさん出陣〜:2005年9月22日発売[17]

OVAキャスト編集

  • 高原美奈子(:乃本唯名)
  • 大島睦月 (声:北都南
  • 早坂彰 (声:藤井舞
  • 谷川晴美 (声:RUMI)
  • 三池寛子 (声:北条明日香)※Vol.2のみ
  • 松っちゃん (声:柴田秀勝)※特別友情出演

OVAスタッフ編集

  • 原作 - コンプリーツ
  • プロデューサー - 村上恒一
  • 監督・演出・絵コンテ・キャラクターデザイン・作画監督 - 荒木英樹
  • 脚本 - 村上恒一(『VOL.1』) / 香月ルナ(『VOL.2』)
  • 音響監督 - 中川達人

脚注編集

※以下のリンク先は基本的にすべて18禁※

  1. ^ a b D-Dream - Theガッツ!麻雀 (AuthoringHeaven)(2014年3月20日閲覧)
  2. ^ D-Dream - 「The!ガッツ6 〜麻雀でガッツ!〜」製作告知(2014年3月20日閲覧)
  3. ^ D-Dream - Authering Heaven「Theガッツ!麻雀」製品情報公開(Russel)(2014年3月20日閲覧)
  4. ^ ラッセル 取り扱い製品情報(2014年3月20日閲覧)
  5. ^ D-Dream - Authering Heaven「Theガッツ!麻雀」発売日告知(2014年3月20日閲覧)
  6. ^ Getchu.com:まままーじゃん(コンプリーツ) - 通販サイト「げっちゅ屋」商品紹介ページの2008年9月22日時点のアーカイブ
  7. ^ Getchu.com:まままーじゃん(コンプリーツ) - 通販サイト「げっちゅ屋」商品紹介ページの2011年6月8日時点のアーカイブ
  8. ^ a b Theガッツ!2 -海でガッツ!-(2014年5月26日閲覧)
  9. ^ a b Theガッツ!3 -山でガッツ!-(2014年5月26日閲覧)
  10. ^ a b Theガッツ!4 -私立ガッツ学園!-(2014年5月26日閲覧)
  11. ^ a b Theガッツ!5(2014年5月26日閲覧)
  12. ^ ボクの「なつやすみ」ヒミツたいけん(2014年5月29日閲覧)
  13. ^ ボクの「なつやすみ」ヒミツたいけん その他の登場キャラ(2014年5月29日閲覧)
  14. ^ オーサリングヘヴン作品 - データなし(2012年8月16日時点のアーカイブ
  15. ^ Theガッツ!Remix(2014年5月26日閲覧)
  16. ^ 中古18アニメDVD/Blu-ray THEガッツ! 1巻 コムショップ 商品紹介ページ(2014年03月21日閲覧)
  17. ^ 中古18アニメDVD/Blu-ray THEガッツ! 2巻 コムショップ 商品紹介ページ(2014年03月21日閲覧)

外部リンク編集