The Ultimate Fighter 21 Finale

The Ultimate Fighter: American Top Team vs. Blackzilians Finale(ジ・アルティメット・ファイター:アメリカン・トップ・チーム・バーサス・ブラックジリアンズ・フィナーレ、別名The Ultimate Fighter 21 Finale)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。本大会はリアリティ番組The Ultimate Fighter」シーズン21のフィナーレとして、2015年7月12日ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された。

The Ultimate Fighter 21 Finale
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2015年7月12日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 MGMグランド・ガーデン・アリーナ
試合数 全11試合
放送局 FOXスポーツ1
入場者数 4,844人
入場収益 29万1,000ドル[1]
イベント時系列
UFC 189: Mendes vs. McGregor The Ultimate Fighter 21 Finale UFC Fight Night: Mir vs. Duffee

大会概要編集

本大会ではThe Ultimate Fighter 21ウェルター級トーナメント決勝が行われ、 カマル・ウスマンが優勝を果たした。

Invicta FCアトム級王者ミシェル・ウォーターソンがUFCデビュー。

試合結果編集

アーリープレリム編集

第1試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
  ウィリー・ゲイツ vs.   ダレル・モンタギュー ×
1R 1:36 TKO(パウンド)

プレリミナリーカード編集

第2試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
  ジョージ・サリヴァン vs.   ドミニク・ウォーターズ ×
3R終了 判定3-0(29-27、30-25、29-28)
第3試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
  トレバー・スミス vs.   ダン・ミラー ×
3R終了 判定3-0(30-25、30-25、30-26)
第4試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
  ジェロッド・サンダース vs.   ラッセル・ドーン ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、29-28)
第5試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
  ジョシュ・サマン vs.   カイオ・マガリャエス ×
1R 2:52 リアネイキドチョーク

メインカード編集

第6試合 67.3kg契約ワンマッチ 5分3R
  マキシモ・ブランコ vs.   マイク・デ・ラ・トーレ ×
1R 0:16 TKO(スタンドパンチ連打)
※ブランコの体重超過によりフェザー級から変更。
第7試合 女子ストロー級ワンマッチ 5分3R
  ミシェル・ウォーターソン vs.   アンジェラ・マガーニャ ×
3R 2:38 リアネイキドチョーク
第8試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
  ホルヘ・マスヴィダル vs.   セザール・フェレイラ ×
1R 4:22 KO(肘打ち→パウンド)
第9試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
  マイケル・グレイブス vs.   ビセンテ・ルケ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第10試合 TUF 21ウェルター級トーナメント 決勝 5分3R
  カマル・ウスマン vs.   ヘイダー・ハッサン ×
2R 1:19 肩固め
※ウスマンがトーナメント優勝。
第11試合 ウェルター級ワンマッチ 5分5R
  スティーブン・トンプソン vs.   ジェイク・エレンバーガー ×
1R 4:29 KO(右バックスピンキック)

各賞編集

ファイト・オブ・ザ・ナイト: 該当者なし
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトスティーブン・トンプソンカマル・ウスマンホルヘ・マスヴィダル、ジョシュ・サマン
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。

カード変更編集

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

  • マルシオ・アレッシャンドリ → ドミニク・ウォーターズ(第2試合)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集