The Ultimate Fighter 25 Finale(ジ・アルティメット・ファイター・トゥエンティファイブ・フィナーレ、別名The Ultimate Fighter: Redemption Finale)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。本大会はリアリティ番組The Ultimate Fighter」シーズン25のフィナーレとして、2017年7月7日ネバダ州ラスベガスT-モバイル・アリーナで開催された。

The Ultimate Fighter 25 Finale
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 WME-IMG
開催年月日 2017年7月7日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 T-モバイル・アリーナ
試合数 全11試合
放送局 Fox Sports 1
日本の放送局 DAZN
入場者数 6,308人[1]
入場収益 43万2,495ドル[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: Chiesa vs. Lee The Ultimate Fighter 25 Finale UFC 213: Romero vs. Whittaker

大会概要編集

「UFCインターナショナル・ファイトウィーク」の初日に開催された本大会のメインイベントでは、マイケル・ジョンソンジャスティン・ゲイジーのライト級戦が組まれ、シーズン1 Finaleで行われたフォレスト・グリフィンステファン・ボナーに勝るとも劣らない激闘を繰り広げ、ゲイジーがTKO勝利を収めた。

過去にThe Ultimate Fighterシリーズに参加した選手に出場資格が与えられたThe Ultimate Fighterシーズン25のウェルター級トーナメント決勝戦も行われ、ジェシー・テイラーシーズン7出場)がディエゴ・リマ(シーズン19出場)から勝利を収め、シーズン25優勝者となると共に優勝賞金25万ドルを獲得した。

キャリア17戦全勝のWSOF世界ライト級王者ジャスティン・ゲイジー、MFCライト級王者トム・ガリキオ、7戦全勝のニック・ローリックがUFCデビュー。

試合結果編集

アーリープレリム編集

第1試合 フェザー級 5分3R
  グレイ・メイナード vs.   石原夜叉坊 ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-26、30-26)

プレリミナリーカード編集

第2試合 女子ストロー級 5分3R
  ティーシャ・トーレス vs.   ジュリアナ・リマ ×
2R 0:53 リアネイキッドチョーク
第3試合 ライトヘビー級 5分3R
  CB・ダラウェイ vs.   エド・ハーマン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-27、29-27)
第4試合 ウェルター級 5分3R
  ジェームス・クラウス vs.   トム・ガリキオ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第5試合 女子ストロー級 5分3R
  アンジェラ・ヒル vs.   アシュリー・ヨーダー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)

メインカード編集

第6試合 ライトヘビー級 5分3R
  ジョーダン・ジョンソン vs.   マルセル・フォルトゥナ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第7試合 ミドル級 5分3R
  ブラッド・タヴァレス vs.   イライアス・テオドロウ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第8試合 ライトヘビー級 5分3R
  ジャレッド・キャノニア vs.   ニック・ローリック ×
3R 2:08 TKO(グランド肘打ち連打)
第9試合 ライト級 5分3R
  ドラッカー・クロース vs.   マルク・ディアケイジー ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第10試合 TUF 25ウェルター級トーナメント 決勝 5分3R
  ジェシー・テイラー vs.   ディエゴ・リマ ×
2R 0:43 リアネイキッドチョーク
※テイラーがトーナメント優勝。
第11試合 ライト級 5分5R
  ジャスティン・ゲイジー vs.   マイケル・ジョンソン ×
2R 4:48 TKO(スタンドでパンチと膝蹴り連打)

各賞編集

ファイト・オブ・ザ・ナイトジャスティン・ゲイジー vs. マイケル・ジョンソン
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトジャスティン・ゲイジーティーシャ・トーレス
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更編集

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集