ジャレッド・キャノニア

アメリカの男性総合格闘家

ジャレッド・キャノニアJared Cannonier1984年3月3日 - )は、アメリカ合衆国の男性総合格闘家テキサス州ダラス出身。レガシー柔術・アラスカ/MMAラボ所属。UFC世界ミドル級ランキング2位[2]

ジャレッド・キャノニア
Jared Cannonier at UFC Fight Night 160 in Copenhagen.jpg
2019年
本名ジャレッド・クリストファー・キャノニア
(Jared Christopher Cannonier)[1]
生年月日 (1984-03-03) 1984年3月3日(38歳)
出身地アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州ダラス
通称ザ・キラ・ゴリラ
(The Killa Gorilla)
JC
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長180 cm (5 ft 11 in)
体重84 kg (185 lb)
階級ヘビー級 (2011年 - 2016年)
ライトヘビー級 (2016年 - 2018年)
ミドル級 (2018年 - )
リーチ197 cm (78 in)
スタンスオーソドックス
拠点アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アリゾナ州フェニックス
チームレガシー柔術・アラスカ
MMAラボ
現役期間2011年 -
総合格闘技記録
試合数21
勝利15
ノックアウト10
タップアウト2
判定3
敗戦6
ノックアウト2
判定4
アマチュア総合格闘技記録
試合数2
勝利2
敗戦0
その他
総合格闘技記録 - SHERDOG

来歴編集

総合格闘技編集

2011年6月19日、プロ総合格闘技デビュー。ローカル団体で7戦全勝の戦績を残す。

UFC編集

2015年1月3日、UFC初参戦となったUFC 182でショーン・ジョーダンと対戦し、右フックでダウンを奪われパウンドで1RKO負け[3]

2016年4月10日、UFC Fight Night: Rothwell vs. dos Santosでシリル・アスカーと対戦し、左フックでダウンを奪いグラウンドの肘打ち連打で1RKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[4]

2016年12月3日、ライトヘビー級転向初戦となったThe Ultimate Fighter 24 Finaleイオン・クテラバと対戦し、3-0の判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[5]

2017年2月11日、UFC 208でライトヘビー級ランキング3位のグローバー・テイシェイラと対戦し、0-3の判定負け[6]

2017年12月16日、UFC on FOX 26でライトヘビー級ランキング15位のヤン・ブラホヴィッチと対戦し、0-3の判定負け[7]

2018年11月3日、ミドル級転向初戦となったUFC 230でミドル級ランキング7位のデヴィッド・ブランチと対戦し、右ストレートでダウンを奪いパウンドで2RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[8]

2019年5月11日、UFC 237でミドル級ランキング14位の元UFC世界ミドル級王者アンデウソン・シウバと対戦し、右インローキックで1RTKO勝ち[9]

2019年9月28日、UFC Fight Night: Hermansson vs. Cannonierでミドル級ランキング5位のジャック・ハーマンソンと対戦し、タックルに合わせたカウンターの右アッパーでダウンを奪い、パウンドで2RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞し、ミドル級転向後3連勝となった[10]

2020年10月24日、UFC 254でミドル級ランキング1位のロバート・ウィテカーと対戦し、0-3の判定負け[11]

2021年8月21日、UFC on ESPN: Cannonier vs. Gastelumでミドル級ランキング9位のケルヴィン・ガステラムと対戦し、3-0の5R判定勝ち[12]

2022年2月12日、UFC 271でミドル級ランキング4位のデレク・ブランソンと対戦。1R終盤に右フックでダウンを奪われチョークを極められるも、2Rに右肘打ちとバックフィストでぐらつかせ、グラウンドの肘打ち連打で逆転のTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[13]

2022年7月2日、UFC 276のUFC世界ミドル級タイトルマッチで王者イスラエル・アデサンヤに挑戦し、0-3の5R判定負け。王座獲得に失敗した。

戦績編集

総合格闘技 戦績
21 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 9 3 3 0 0 0
6 2 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× イスラエル・アデサンヤ 5分5R終了 判定0-3 UFC 276: Adesanya vs. Cannonier
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2022年7月2日
デレク・ブランソン 2R 4:29 TKO(グラウンドの肘打ち連打) UFC 271: Adesanya vs. Whittaker 2 2022年2月12日
ケルヴィン・ガステラム 5分5R終了 判定3-0 UFC on ESPN 29: Cannonier vs. Gastelum 2021年8月21日
× ロバート・ウィテカー 5分3R終了 判定0-3 UFC 254: Khabib vs. Gaethje 2020年10月24日
ジャック・ハーマンソン 2R 0:27 TKO(右アッパー→パウンド) UFC Fight Night: Hermansson vs. Cannonier 2019年9月28日
アンデウソン・シウバ 1R 4:47 TKO(右ローキック) UFC 237: Namajunas vs. Andrade 2019年5月12日
デヴィッド・ブランチ 2R 0:39 TKO(右ストレート→パウンド) UFC 230: Cormier vs. Lewis 2018年11月3日
× ドミニク・レイエス 1R 2:55 TKO(左アッパー) UFC Fight Night: Maia vs. Usman 2018年5月19日
× ヤン・ブラホヴィッチ 5分3R終了 判定0-3 UFC on FOX 26: Lawler vs. dos Anjos 2017年12月16日
ニック・ローリック 3R 2:08 TKO(グラウンドの肘打ち連打) The Ultimate Fighter 25 Finale 2017年7月7日
× グローバー・テイシェイラ 5分3R終了 判定0-3 UFC 208: Holm vs. de Randamie 2017年2月11日
イオン・クテラバ 5分3R終了 判定3-0 The Ultimate Fighter 24 Finale 2016年12月3日
シリル・アスカー 1R 2:44 KO(左フック→グラウンドの肘打ち連打) UFC Fight Night: Rothwell vs. dos Santos 2016年4月10日
× ショーン・ジョーダン 1R 2:57 KO(右フック→パウンド) UFC 182: Jones vs. Cormier 2015年1月3日
トニー・ロペス 5分5R終了 判定2-1 Alaska Fighting Championship 104
【AFCヘビー級タイトルマッチ】
2014年1月22日
ジャーメイン・ホートン 1R 1:50 TKO(パンチ連打) Alaska Fighting Championship 102 2013年10月16日
スティーブン・ウォークス 2R 2:02 リアネイキドチョーク AK Entertainment: Tuesday Night Fights 2013年4月30日
ジョシュア・オフィウ 1R 2:56 TKO(パンチ連打) Alaska Fighting Championship 97 2013年2月13日
マット・ヘリングショー 1R 0:29 ギブアップ(パンチ連打) Alaska Cage Fighting: Tribute to Veterans 2011年10月28日
ジェイソン・クームズ 1R 0:46 腕ひしぎ十字固め Alaska Fighting Championship 85 2011年10月12日
アルトン・プリンス 1R TKO(パンチ連打) Midnight Sun Mayhem 1 2011年6月19日

獲得タイトル編集

  • AFCヘビー級王座(2014年)

表彰編集

  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(4回)

脚注編集

外部リンク編集