メインメニューを開く

Timing (曲)

Timing (タイミング)は、音楽ユニット・ブラックビスケッツの2ndシングル。1998年4月22日BMG JAPANから発売された。

Timing
ブラックビスケッツシングル
初出アルバム『LIFE
リリース
規格 8cmCD
ジャンル J-POP
時間
レーベル BMG JAPAN
プロデュース ブラックビスケッツ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1998年5月度月間3位(オリコン)
  • 1998年6月度月間5位(オリコン)
  • 1998年7月度月間11位(オリコン)
  • 1998年度年間4位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング87位
  • ブラックビスケッツ シングル 年表
    STAMINA
    1997年
    Timing
    1998年
    Relax
    (1998年)
    テンプレートを表示

    目次

    概要編集

    • 日本テレビ系「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」内で結成されたユニット・ブラックビスケッツ最大、そして番組内で企画されたシングルCD曲の中でも最大の売り上げを記録したヒット曲である。オリコンでの累計売り上げは約148万枚。歴代シングルランキング80位(2011年7月現在)
    • 「ウリナリ!!」内で行われたポケットビスケッツとのシングル発売を賭けたガソリンすごろく対決に勝ち発売された作品。(対決に敗れたポケットビスケッツは、シングル「My Diamond」を発売できなくなってしまったが、翌年に両A面シングルとして発売することとなった。)
    • メンバーのビビアン・スーの母国、台湾で「時機」というタイトルで販売され、台湾の音楽ランキングで週間1位を記録した。
    • PVは、アメリカ合衆国ニューヨークで撮影された。2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロにより破壊されて現存しないワールドトレードセンター2WTC(ツインタワーの南側)屋上展望台でのカットも含まれている。
    • 第49回NHK紅白歌合戦(1998年)出場曲。
    • 2011年2月からビビアン・スーが出演している「スリムビューティハウス」のCMで、ビビアン・スーのソロバージョンがCMソングとなっている。オリジナルバージョンと違い、スローテンポのバラードのような曲になっている。
    • 2016年7月から放送するアニメ「ReLIFE」にて第3話のエンディングテーマに起用される。

    収録曲編集

    1. Timing
      作詞:森浩美&ブラックビスケッツ、作曲:中西圭三&小西貴雄、編曲:小西貴雄
      1stアルバム『LIFE』に収録。
    2. Timing(オリジナル・カラオケ)

    収録曲(台湾盤)編集

    1. 時機
      中国語詞:VIVIAN HSU & A TEAM
      ビビアン・スーのアルバム『絶対収蔵徐若瑄』に収録。
    2. 時機(REMIX)
      Remix:佐藤雅彦
      1stアルバム『LIFE』に収録。
    3. 時機(オリジナル・カラオケ)

    Pinkishによるカバー編集

    タイミング~Timing
    Pinkishシングル
    B面 僕らのマーチ
    リリース
    録音 Infinite Landscape Studio
    ジャンル J-POP
    時間
    レーベル ZERO-9 Disk
    プロデュース 勝浦剛
    Pinkish シングル 年表
    ゆめみるいちご
    (2008年)
    タイミング~Timing
    (2012年)
    JAMBO
    (2013年)
    テンプレートを表示

    Pinkish(埼玉県加須市ご当地アイドル)が、2作目となるシングルでカバーした。編曲は原曲と異なる。編曲者は原曲と同じ小西貴雄

    解説
    • Pinkish初の、童謡が入っていないCDである。
    • 本シングルは埼玉県観光課公式サイトで紹介されている[1]
    • 童謡のふるさと、埼玉県大利根町(現・加須市)で結成され、童謡をダンサブル&ポップに歌い"大利根町"を広くアピールし、地元の活性化に貢献するPinkishのセカンド・シングル。ジャンルにとらわれることなく良い曲を伝え続けるとの立場から、童謡ではなく1998年のヒット曲、ブラックビスケッツの「タイミング」をカヴァーした1枚。 (C)RS
    • Amazon紹介文】前作「ゆめみるいちご」からおよそ2年半ぶりのニューシングルは、1998年のブラックビスケッツによる「タイミング〜Timing」をカヴァー。アレンジも新たに2012年Verとして蘇ります。 C/Wはミュージカル作曲家としても有名な仲澤和実による書き下ろし「僕らのマーチ」を収録[2]
    • YouTubeに書かれていた中西圭三のコメント】僕の一連の作品の制作に長年携わってくれた勝浦剛が手がけている『Pinkish』が『Timing』を歌ってくれた。生きて行く上でタイミングは重要です。なかなかずれた間の悪さを個性と許容する余裕が­少し世の中から薄れてしまったのは残念ですけれど、感じる本能を喚起するという意味か­らも、Pinkishが今こうして伝えてくれる事はとても重要だと思います。童謡のふ­るさとから子育てに奮闘する家族へ。笑顔とともに大切なメッセージです[3]
    • 【二曲目(YouTubeからの引用)】前作「ゆめみるいちご」に続く第二弾オリジナル曲。独特なマーチのリズムにのせて、ピ­ンキッシュの世界観を表現している一曲となっている。作詞はピンキッシュメンバーと初代リーダー安藤貴子が書き上げ、作曲はミュージカル作­曲家で演出家でもある仲澤和美が担当。また「タイミング~Timing」の作・編曲­者である小西貴雄がアレンジを担当し、ピンキッシュらしい元気の出る行進曲に仕上が­っている。埼玉県のキャラクター集団"ゆる玉応援団"の公式イメージソング­として採用されている[4]
    収録曲
    1. タイミング~Timing
      作詞:森浩美・ブラックビスケッツ、作曲:中西圭三・小西貴雄、編曲:小西貴雄
    2. 僕らのマーチ
      作詞:安藤貴子・Pinkish、作曲:仲澤和実、編曲:小西貴雄
    3. タイミング~Timing(Instrumental)
    4. 僕らのマーチ (Instrumental)
    クレジット
    • Mixing & Recording Engineer: Go Katsuura
    • Mastering Engineer : Jay Franco (Sterling Sound)
    • Director : Go Katsuura
    • Assistant Director : Takako Ando (ZERO-9)
    • Sales Promotion : Rika Saito (moontracks)
    • Artist Management : Shigeru Kawata (ZERO-9)
    • Art Direction & Design : Junichi Nakayama
    • Photographer : Yuji Tsunokami
    • Hair & Make-up : Hironori Sugiyama (pink)
    • Styling : Pinkish, Takako Ando, Yoko Yamada
    • Executive Producer : Shigeki Ishikawa (ZERO-9)
    • Special Thanks : 埼玉県庁, 加須市商工会, 大利根商工会, 中西圭三, 小西貴雄, 森 浩美, ブラックビスケッツ, マセキ芸能社, 松根 文 (日本テレビ音楽), 小菅洋一 (イオンモール羽生), ЯIRE, ゆる玉応援団, 光瀬憲子, Team ZERO-9, Pinkish's Family, & いつも応援してくれるみんな

    その他のカバー編集

    脚注編集

    1. ^ 童謡のアイドルユニット PINKISHが2ndシングルを発売しました!”. ちょたびブログ. 埼玉県観光課 (2012年4月6日). 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月10日閲覧。
    2. ^ Pinkish『タイミング〜Timing』内容紹介”. Amazon.co.jp (2012年3月31日). 2015年6月9日閲覧。
    3. ^ Pinkish『タイミング〜Timing』公式”. Youtube. zero9channel (2012年4月22日). 2015年6月9日閲覧。
    4. ^ Pinkish『僕らのマーチ』公式”. Youtube. zero9channel (2012年4月24日). 2015年6月9日閲覧。

    関連項目編集

    「Timing」の調
    Aメロ1・Bメロ1 サビ1 Aメロ2・Bメロ2 サビ2
     ハ短調
    (Cm)
     変ホ短調
    (Em)
     ハ短調
    (Cm)
     変ホ短調
    (Em)

    Bメロ3 大サビ 後奏
     ハ短調
    (Cm)
     変ホ短調
    (Em)
     ハ短調
    (Cm)