UEFA EURO 2016予選・グループG

このページは、UEFA EURO 2016予選のグループGの結果をまとめたものである。このグループは、ロシアスウェーデンオーストリアモンテネグロモルドバリヒテンシュタインの6カ国からなる。

1位および2位チームはそのままUEFA EURO 2016本大会出場が決まる。3位の9か国のうち成績が最も上位の国も予選を通過。残る3位の8か国が2か国ずつ4組に分かれホーム・アンド・アウェーでのプレーオフを行い、勝利した4か国が予選を通過する。

順位表編集

チーム







  オーストリア 10 9 1 0 22 5 +17 28
  ロシア 10 6 2 2 21 5 +16 20
  スウェーデン 10 5 3 2 15 9 +6 18
  モンテネグロ 10 3 2 5 10 13 −3 11
  リヒテンシュタイン 10 1 2 7 2 26 −24 5
  モルドバ 10 0 2 8 4 16 −12 2
チーム AWAY
           
H
O
M
E
  オーストリア X 1 - 0 1 - 1 1 - 0 3 - 0 1 - 0
  ロシア 0 - 1 X 1 - 0 2 - 0 4 - 0 1 - 1
  スウェーデン 1 - 4 1 - 1 X 3 - 1 2 - 0 2 - 0
  モンテネグロ 2 - 3 0 - 3 [note 1] 1 - 1 X 2 - 0 2 - 0
  リヒテンシュタイン 0 - 5 0 - 7 0 - 2 0 - 0 X 1 - 1
  モルドバ 1 - 2 1 - 2 0 - 2 0 - 2 0 - 1 X

左の数字がHOMEチームの得点

競技日程と結果編集

競技日程は、2014年2月23日に行われた予選組み合わせ抽選会で決定された[3]











ノート編集

  1. ^ a b c 試合開始早々、スタンドから投げ込まれたと思われる発煙筒がロシアのGKイーゴリ・アキンフェエフの後頭部を直撃、同選手は負傷退場。33分間の中断を経てプレーは再開し、0-0のスコアで前半終了。しかしスタンドで新たな騒動が発生したため、後半は予定より18分間遅れて始まった。そして67分、ロシアのロマン・シロコフのPKがセーブされて間もなく、0-0で打ち切られた[1]。モンテネグロは、9月5日のホームゲームを無観客試合にすることに加え50,000ユーロの罰金を、ロシアには25,000ユーロの罰金を科された[2]

脚注編集