ダヴィド・アラバ

ダヴィド・オラトゥクンボ・アラバDavid Olatukunbo Alaba, 1992年6月24日 - )は、オーストリアウィーン出身のサッカー選手レアル・マドリード所属。オーストリア代表。ポジションはディフェンダー

ダヴィド・アラバ Football pictogram.svg
20180610 FIFA Friendly Match Austria vs. Brazil David Alaba 850 1632.jpg
オーストリア代表でのアラバ(2018年)
名前
本名 ダヴィド・オラトゥクンボ・アラバ
David Olatukunbo Alaba
ラテン文字 David ALABA
基本情報
国籍  オーストリア
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
フィリピンの旗 フィリピン
生年月日 (1992-06-24) 1992年6月24日(30歳)
出身地 ウィーン
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 レアル・マドリード
ポジション DF(LSB、CB)
背番号 4
利き足 左足
ユース
2001-2002 オーストリアの旗 SVアスペルン
2002-2008 オーストリアの旗 FKアウストリア・ウィーン
2008-2009 ドイツの旗 FCバイエルン・ミュンヘン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2010 ドイツの旗 FCバイエルン・ミュンヘンII 33 (1)
2010-2021 ドイツの旗 FCバイエルン・ミュンヘン 281 (22)
2011 ドイツの旗 TSG1899ホッフェンハイム (loan) 17 (2)
2021- スペインの旗 レアル・マドリード 30 (2)
代表歴2
2005-2009  オーストリア U-17 20 (5)
2010  オーストリア U-19 5 (1)
2009-2013  オーストリア U-21 4 (0)
2009- オーストリアの旗 オーストリア 83 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年7月22日現在。
2. 2021年6月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

クラブ編集

オーストリア時代編集

オーストリアのSVアスペルンのユースチームでキャリアをスタートさせ、2002年にFKアウストリア・ウィーンに移籍した。2008年、ドイツのバイエルン・ミュンヘンのユースチームに移籍した。

バイエルン・ミュンヘン編集

2010年1月にチームメートのディエゴ・コンテントメーメット・エキッチと共にトップチームに昇格し、1月13日にプロ契約を結んだ。2月10日、DFBポカールSpVggグロイター・フュルト戦でベンチ入りし、59分にクリスティアン・レルとの交代でトップチームデビューを飾った。 2011年1月3日、TSG1899ホッフェンハイムにレンタル移籍した。2010-2011シーズン終了後、バイエルンに復帰した。2011年12月、ナセル・バラジテ(オランダ国籍、FKアウストリア・ウィーン)やマーティン・ハルニックVfBシュトゥットガルト)らを抑えてオーストリア年間最優秀選手に選ばれた[1]。2011-12年はチャンピオンズリーグ決勝の進出に貢献したが、累積警告で決勝には出場出来なかった[2]

2013-14年シーズンからはジョゼップ・グアルディオラが監督になり、サイドバックだけでなくインサイドハーフとしても起用されるようになった。1試合の中で、守備時はSBのポジションを取りながら、攻撃時には中盤の底にポジションを移動して攻撃の起点となる「偽サイドバック」としての役割は、後に他のチームにもトレンドとして取り入れられ、メディアによって「アラバロール」と名付けられた。

2014-15年シーズンは4バックだけではなく3バックも導入され、3バックの左でも起用されるようになった。2015年1月、3年連続でUEFAのベストイレブンに選出された[3]

2016年8月、契約を2021年まで延長した[4]。2019-20シーズン、DFBポカール決勝のレバークーゼン戦で先制ゴールを決め[5]優勝に貢献、リーグ優勝、チャンピオンズリーグ優勝と3冠を獲得した。

2021年2月16日、バイエルンとの再契約交渉を打ち切り、2020-21シーズン終了後に退団することを表明[6]。5月に正式にバイエルンを退団することが発表された[7]

後にアラバは退団理由について以下のように説明した。

「成長するためには、人は『安定した場所』を離れなければならない。僕は思う。おそらく人は知らない場所へと入ったときに再び成熟の機会を得るのだと。とはいえここを離れるまでにはもう少し時間がある。まだ完全に受け入れることはできないよ。何年もの間本当に素晴らしい時を過ごした。涙を浮かべてバイエルン・ミュンヘンを離れるが、同時に自分の将来を楽しみにもしている。退団を決めたのはクラブと対立したからではない。信じられないほどの感謝を抱いているよ。バイエルンが素晴らしいサクセスストーリーを描き続けてくれることを願う」[8]

レアル・マドリード編集

2021年5月28日、レアル・マドリードと契約したことが発表された[9][10]。背番号は同年に退団したセルヒオ・ラモスが背負っていた4番[11]。10月24日のFCバルセロナ戦では、前半32分に移籍後初ゴールを決め、初のエル・クラシコで2-1の勝利に貢献した[12]

2022年8月10日に行われたUEFAスーパーカップアイントラハト・フランクフルト戦では先制ゴールを決めてタイトル獲得に貢献した[13]

代表編集

オーストリア代表として、2009年10月、フランス代表戦で代表デビューを果たした。オーストリア代表での最年少デビューとなった。2012年10月16日のW杯予選カザフスタン戦で代表初得点を挙げた。

人物編集

個人成績編集

クラブ編集

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
バイエルン・ミュンヘン 2009–10 ブンデスリーガ 3 0 1 0 2 0 0 0 6 0
2010–11 2 0 1 0 0 0 0 0 3 0
通算 5 0 2 0 2 0 0 0 9 0
ホッフェンハイム 2010–11 ブンデスリーガ 17 2 1 0 - 0 0 18 2
通算 17 2 1 0 - 0 0 18 2
バイエルン・ミュンヘン 2011–12 ブンデスリーガ 30 2 6 1 11 0 0 0 47 3
2012–13 23 3 4 0 11 2 0 0 38 5
2013–14 28 2 5 0 12 2 4 0 49 4
2014–15 19 2 3 3 6 0 1 0 29 5
2015–16 30 1 5 0 10 1 1 0 46 2
2016–17 32 4 5 1 9 0 0 0 47 5
2017–18 23 2 6 0 7 0 0 0 36 2
2018–19 31 3 4 0 7 0 1 0 43 3
2019–20 28 1 5 1 8 0 1 0 42 2
2020–2021 33 2 1 0 8 0 3 0 45 2
通算 277 22 44 6 89 5 11 0 422 33
レアル・マドリード 2021-22 プリメーラ 30 2 3 0 12 1 1 0 46 3
2022-23 0 0 0 0 0 0 1 1 1 1
通算 30 2 3 0 12 1 2 1 47 4
総通算 328 26 51 7 104 6 14 1 496 39
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 合計
出場 得点 出場 得点
バイエルン・ミュンヘンII 2009–10 3. リーガ 23 1 23 1
2010–11 10 0 10 0
総通算 33 1 33 1

代表編集

 
オーストリア代表でのアラバ(2018年)


オーストリア代表国際Aマッチ
出場得点
2009 2 0
2010 3 0
2011 11 0
2012 5 1
2013 10 5
2014 4 2
2015 7 3
2016 12 0
2017 5 0
2018 8 2
2019 5 1
2020 4 0
2021 12 0
通算 88 14

代表での得点編集

# 日付 場所 対戦相手 スコア 結果 試合
1. 2012年10月16日   ウィーンエルンスト・ハッペル・シュターディオン   カザフスタン 3-0 4-0 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
2. 2013年3月22日   フェロー諸島 5-0 6-0
3. 2013年3月26日   ダブリンアビバ・スタジアム   アイルランド 2-2 2-2
4. 2013年6月7日   ウィーン、エルンスト・ハッペル・シュターディオン   スウェーデン 1-0 2-1
5. 2013年9月10日   アイルランド 1-0 1-0
6. 2013年10月15日   トースハウントースヴェリュール   フェロー諸島 0-3 0-3
7. 2014年9月8日   ウィーン、エルンスト・ハッペル・シュターディオン   スウェーデン 1-0 1-1 UEFA EURO 2016予選
8. 2014年10月9日   キシナウスタディオヌル・ジンブル   モルドバ 0-1 1-2
9. 2015年3月27日   ファドゥーツラインパーク・シュタディオン   リヒテンシュタイン 0-3 0-5
10. 2015年9月8日   ソルナフレンズ・アレーナ   スウェーデン 0-1 1-4
11. 2015年11月17日   ウィーン、エルンスト・ハッペル・シュターディオン   スイス 1-1 1-2 親善試合
12. 2018年3月23日   クラーゲンフルトヴェルターゼー・シュターディオン   スロベニア 1-0 3-0
13 2018年9月6日   ウィーン、レトナ・スタジアム   スウェーデン 2–0 2–0
14 2019年11月16日   ウィーン、エルンスト・ハッペル・シュターディオン   北マケドニア 1–0 2–1 UEFA EURO 2020予選

タイトル編集

クラブ編集

バイエルン・ミュンヘン
レアル・マドリード

個人編集

  • オーストリア年間最優秀選手 2011, 2012, 2013, 2014
  • UEFAチャンピオンズリーグ 年間ベストチーム(スカッドオブザシーズン) 2019-20 20-21

脚注編集

  1. ^ アラバがオーストリアの最優秀選手に”. UEFA.com (2011年12月20日). 2011年12月26日閲覧。
  2. ^ “David Alaba's suspension for the Champions League final is the most regrettable of all”. The Independent. (2012年5月8日). オリジナルの2012年5月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120510060416/http://blogs.independent.co.uk/2012/05/08/david-alabas-suspension-for-the-champions-league-final-is-the-most-regrettable-of-all/ 
  3. ^ Cristiano Ronaldo, Lionel Messi and Angel di Maria in UEFA Team of the Year... but no British players make select XI”. Daily Mail (2015年1月9日). 2015年1月10日閲覧。
  4. ^ David Alaba extends stay at FC Bayern” (2016年3月18日). 2016年3月22日閲覧。
  5. ^ Bayern Munich secure domestic double with 4-2 Cup win over Leverkusen” (英語). www.espn.com (2020年7月4日). 2020年7月5日閲覧。
  6. ^ ダヴィド・アラバ、今夏のバイエルン退団を発表”. キッカー日本語版 (2021年2月17日). 2021年2月17日閲覧。
  7. ^ 最年少での最多優勝、オールラウンダー、外国籍選手最多記録 - ありがとう、ダヴィド・アラバ!”. FCバイエルン・ミュンヘン (2021年5月21日). 2021年5月22日閲覧。
  8. ^ バイエルン退団決定のアラバ、理由は「より成熟するため」”. Qoly. 2022年6月9日閲覧。
  9. ^ 公式声明:アラバ選手に関して”. レアル・マドリード (2021年5月28日). 2021年5月29日閲覧。
  10. ^ アラバ、レアル・マドリードの新入団選手”. レアル・マドリード (2021年5月28日). 2021年5月29日閲覧。
  11. ^ アラバ:「これは世界最大のクラブへ来るという夢の実現」”. レアル・マドリード (2021年7月21日). 2021年7月22日閲覧。
  12. ^ アラバ:「僕はとても幸運に恵まれている。最初のクラシコで最初のゴールを決めた」” (日本語). レアル・マドリード (2021年10月24日). 2021年10月26日閲覧。
  13. ^ RマドリードがUEFAスーパー杯を制して今季初タイトル! フランクフルト・鎌田は先発フル出場で躍動”. yahoo.co.jp (2022年8月11日). 2022年8月11日閲覧。
  14. ^ アーセナルファンと明かしたアラバ、将来的なリーガ&プレミア移籍に興味かサンスポ 2019年3月2日

外部リンク編集