メインメニューを開く

セルゲイ・イグナシェヴィッチ

ロシアのサッカー選手

セルゲイ・イグナシェヴィッチSergei Ignashevich, ロシア語: Сергей Николаевич Игнашевич, 1979年7月14日 - )は、ソビエト連邦(現ロシア連邦)・モスクワ出身の元サッカー選手。元ロシア代表。ポジションはディフェンダー

セルゲイ・イグナシェヴィッチ Football pictogram.svg
Rus-Egy (13).jpg
ロシア代表でのイグナシェヴィッチ(2018年)
名前
本名 セルゲイ・ニコラエヴィッチ・イグナシェヴィッチ
Sergei Nikolaevich Ignashevich
ラテン文字 Sergei Nikolaevich IGNASHEVICH
ロシア語 Сергей Николаевич Игнашевич
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1979-07-14) 1979年7月14日(39歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
身長 186cm
体重 82kg
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998 ロシアの旗 スパルタク=オレホヴォ 17 (0)
1999-2000 ロシアの旗 クリリヤ・ソヴェトフ 31 (2)
2001-2003 ロシアの旗 ロコモティフ・モスクワ 75 (4)
2004-2018 ロシアの旗 CSKAモスクワ 381 (35)
代表歴2
2002-2018 ロシアの旗 ロシア 127 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月13日現在。
2. 2018年7月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

2000年代から2010年代にかけて、主にCSKAモスクワやロシア代表で長きにわたりセンターバックを務めた選手である。

目次

経歴編集

クラブ編集

 
CSKAモスクワでのイグナシェヴィッチ

1998年に、スパルタク=オレホヴォ・オレホヴォ=ズエヴォ(現・ズナーミャ=トルーダ・オレホヴォ=ズエヴォ)でプロデビュー。翌1999年にはクリリヤ・ソヴェトフ・サマーラへと移籍し、2シーズンを同チームで送る。その後2001年にFCロコモティフ・モスクワへと移籍。在籍中は、ロシア・リーグロシア・カップロシア・スーパーカップの3つの主要タイトル獲得に貢献。UEFAチャンピオンズリーグ 2002-03ではチームの2次リーグ進出、UEFAチャンピオンズリーグ 2003-04ではベスト16進出にも貢献した。2004年からCSKAモスクワへと移籍。リーグ2回、カップ5回、スーパーカップ4回、UEFAカップの優勝に貢献し、近年のCSKA躍進のひとりである。チームメイトでロシア代表のベレズツキー兄弟との3CBトリオは抜群の完成度を誇る。

2009年11月3日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ 2009-10のグループリーグ第4節のマンチェスター・ユナイテッドFC戦の後に行われたドーピング検査では陽性反応が出た。CSKA側はカゼ薬(Sudafed)を投与した事、メディカルスタッフの手続き上のミス、との声明を出した。UEFAの広報担当者はクラブや選手について「運動能力向上のための意図的なドーピングではない」との見方を示したものの、薬の一成分が禁止リストにあることを確認した[1]。UEFAは同年12月17日、アレクセイ・ベレズツキーとともに、1試合(グループリーグ最終節のベシクタシュJK戦)の出場停止処分を科した [2]。最終節の試合には出られなかったものの、CSKAはグループリーグを突破。UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の1stレグ2ndレグのセビージャ戦ではスタメンで出場し、ロシアクラブ初のベスト8進出に貢献をした。

ロシア・ワールドカップ敗退後の2018年7月、現役引退を発表した[3]

代表編集

UEFA EURO 2004予選ではレギュラーとして活躍したが、大会直前で怪我をしてしまいUEFA EURO 2004を棒に振る。UEFA EURO 2008本大会のグループリーグのスペイン戦ではスタメンを外されたが、ロマン・シロコフの失策によりギリシャ戦からスタメンに復帰している。2009年9月5日のリヒテンシュタイン戦で、代表通算50試合出場を達成した。 2014年には2014 FIFAワールドカップにもロシア代表として出場をしている。

UEFA EURO 2016をもって代表引退したが、ヴィクトル・ヴァシンゲオルギ・ジキヤといったレギュラー陣が重傷を負い、さらに予備登録35人に選出されていたルスラン・カムボロフFCクラスノダール戦でふくらはぎを痛め欠場する見込みとなったため、代表引退を撤回して約2年ぶりに招集された[4]

自国開催となる2018 FIFAワールドカップのメンバーにも、チーム最年長の38歳で選出された。決勝トーナメント1回戦のスペイン戦ではオウンゴールを献上するも、全5試合にフル出場し、チームのベスト8進出を支えた[5]

引退後編集

CSKAモスクワに留まり、ユースチームで指導に当たっている[6][7]

人物編集

  • 既婚者であり、3人の子供を授かっている。3人目の子供には彼のファーストネームと同じ「セルゲイ」と名付けている。
  • ロシアリーグ・ベストプレーヤー33のディフェンダー部門で2001年から現在まで、13年連続1位に選ばれている。
  • 2011年7月26日、慈善団体のハッピー・ワールドが主催する、病気で苦しむ子供たちへのチャリティープログラムに、コレクションとして持っている名選手のユニフォームを出品する事が発表された[8]。ユニフォームは8月17日から8月24日にかけて、オークションサイトのmolotokに出品され、売り上げの全額が寄付された[9]

個人成績編集

クラブ ディヴィジョン シーズン リーグ カップ 欧州カップ戦 Total
試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点
スパルタク=オレホヴォ 1部 1999 17 1 1 0 - 18 1
Total 17 1 1 0 0 0 18 1
クリリヤ・ソヴェトフ プレミア 2001 6 1 1 0 - 7 1
2002 25 1 2 0 - 27 1
Total 31 2 3 0 0 0 34 2
ロコモティフ・モスクワ プレミア 2001 23 0 1 0 10 1 34 1
2002 29 1 1 0 14 2 44 3
2003 25 3 2 0 8 2 35 5
Total 77 4 4 0 32 5 113 9
CSKAモスクワ プレミア 2004 22 1 9 0 16 2 47 3
2005 22 5 5 1 7 0 34 6
2006 26 2 4 0 8 0 38 2
2007 26 3 4 1 5 0 35 4
2008 28 4 2 0 6 0 36 4
2009 29 3 4 0 5 0 38 3
2010 28 2 2 0 10 1 40 3
2011-12 38 5 5 2 12 1 55 8
2012-13 20 0 1 0 2 0 23 0
Total 239 25 37 5 75 4 351 34
通算 364 32 45 5 107 9 516 46

代表での得点編集

獲得タイトル編集

FCロコモティフ・モスクワ
PFC CSKAモスクワ
  • ロシアサッカー・プレミアリーグ:4回 (2005, 2006, 2012-13, 2013-14)
  • ロシア・カップ:5回 (2005, 2006, 2008, 2009, 2011, 2013)
  • UEFAカップ:1回 (2005)
  • ロシア・スーパーカップ:5回 (2004, 2006, 2007, 2009, 2013)

脚注編集

  1. ^ UEFA hand down one-match bans for CSKA Moscow's positive drug test pair Sergei Ignashevich and Alexei Berezutski” (English). dailymail (2009年12月17日). 2015年9月28日閲覧。
  2. ^ Yahoo!ニュース (2009年12月19日). “ドーピング疑惑のCSKA2選手、1試合の出場停止”. 2009年12月20日閲覧。
  3. ^ World Cup 2018: Ignashevich retires after Russia's World Cup exit | Goal.com” (英語). www.goal.com. 2019年2月20日閲覧。
  4. ^ フランス通信社 (2018年5月15日). “ロシア代表引退のイグナシェヴィッチが復帰、W杯メンバー入り”. 2018年5月24日閲覧。
  5. ^ FIFA.com. “2018 FIFA World Cup Russia™ - Players - Sergei IGNASHEVICH - Sergei Ignashevich - FIFA.com” (英語). www.fifa.com. 2019年2月20日閲覧。
  6. ^ Sergei Ignashevich joins PFC CSKA youth team” (英語). pfc-cska.com. 2019年2月20日閲覧。
  7. ^ Игнашевич Сергей Николаевич, Россия”. premierliga.ru. 2019年2月20日閲覧。
  8. ^ Акция «Прими участие в спасении Коли Рагулина» совместно с ПФК ЦСКАhworldfund.ru、2011年8月26日閲覧。
  9. ^ На благотворительном аукционе собрано более 200 тысяч рублей!..CSKAモスクワ公式サイト、2011年8月26日閲覧。

外部リンク編集