WRC-TV仮想チャンネル4・UHFデジタルチャンネル34)は、アメリカの首都・ワシントンD.C.に認可されたNBC直営のテレビ局NBCユニバーサルの子会社であるNBCオウンド・テレビジョン・ステーションズが所有する当局は、クラスAのテレムンド直営の放送局であるWZDC-CD英語版(チャンネル44)および地域スポーツネットワークであるNBCスポーツ・ワシントン英語版の姉妹局である。WRC-TVとWZDC-CDは、ノースウェスト (ワシントンD.C.)英語版テンレイタウン英語版地区にあるネブラスカ・アベニューのスタジオと送信所設備を共有している[2]

WRC-TV
WRC-TV4.svg
ワシントンD.C.
アメリカ合衆国
ブランディングNBC 4(一般)
News 4(ニュース放送)
チャンネルデジタル: 34(UHF
WZDC-CD英語版と共有)
仮想: 4
系列4.1: NBCO&O
4.2: Cozi TV英語版
4.3: Lx[1]
所有者NBCオウンド・テレビジョン・ステーションズ
コムキャスト/NBCユニバーサル
(NBC Telemundo License LLC)
初放送1947年6月27日 (75年前) (1947-06-27)
識別信号の
意味
ラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカRCA
(NBCの元親会社)
姉妹局WZDC-CD英語版
NBCスポーツ・ワシントン英語版
旧コールサインWNBW(1947年 - 1954年)
旧チャンネル番号アナログ:
4(VHF、1947年 - 2009年)
デジタル:
48(UHF、1998年 2019年)
旧系列DT2:
NBCウェザー・プラス英語版(2004年 - 2008年)
送信所出力1,000 kW
高度244 m (801 ft)
Facility ID47904
送信所座標北緯38度56分24秒 西経77度4分53秒 / 北緯38.94000度 西経77.08139度 / 38.94000; -77.08139座標: 北緯38度56分24秒 西経77度4分53秒 / 北緯38.94000度 西経77.08139度 / 38.94000; -77.08139
免許機関FCC
公開免許情報:Profile
CDBS

歴史編集

 
WRC-TVのスタジオ・送信所施設は、かつてはNBCのワシントン事業を収容していたもので、1958年から使用されている(1962年撮影)。

WRC-TVのルーツは、1939年にNBCの当時の親会社であったラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ(RCA)によって放映された実験的なテレビ局・W3XNBにまで遡る。商用コールサインWNBW(「NBCワシントン(NB Washington)」の略)の建設許可は、1941年12月23日にチャンネル3(60〜66MHz、1946年以前はチャンネル2に番号が付けられていた)[3]で最初に発行された。NBCは、この許可を1942年6月29日に取り消すよう要求し、その後、チャンネル3の割り当てはバージニア州ハリソンバーグに再割り当てされ、1953年に元シェナンドアバレー・ブロードキャスティング・カンパニー(Shennandoah Valley Broadcasting Company)がWHSV-TV英語版を開局した[4][5]

1947年6月27日、WNBWはチャンネル4で再認可され、開局された。チャンネル4は、1946年12月に7ヶ月前に開局したWTTG(チャンネル5)に続いて、ワシントンで2番目に古い商業認可テレビ局である。WNBWは、ニューヨーク市WNBTに続き、シカゴWNBQクリーブランドWNBKロサンゼルスKNBHに続いて、NBCが所有する5つの元のテレビ局の2番目に開局した。当局はWRCラジオ(980 AM、現:WTEM英語版、93.9 FM、現:WKYS英語版)と一緒に運営されていた。

1954年10月18日、テレビ局のコールサインは、ラジオの姉妹局と一致するように現在のWRC-TVに変更された[6]。新しいコールサインは、RCAによる当時のNBCの所有権を反映していた。ラジオ局が売却されてコールサインが変更されてから約40年後、今日まで「-TV」という接尾辞が保持されている。

1955年、大学在学中にWRC-TV番組の人形劇を務めていた際、ジム・ヘンソンは当局の人形劇を制作するように依頼された。彼が制作したシリーズ『サムと友達英語版』は、マペットをフィーチャーした最初のシリーズであり、ジム・ヘンソン・カンパニー英語版を立ち上げた[7]

ジョン・F・ケネディ候補とリチャード・M・ニクソン候補間の2回目の大統領選挙討論会は、1960年10月7日に当局のスタジオから放送された。『ハントリー=ブリンクリー・リポート英語版』のデイビッド・ブリンクリー英語版のワシントンセグメントは、1956年から1970年の間にWRC-TVで始まり、1970年代の『NBCナイトリーニュース』に関するブリンクリーまたはジョン・チャンセラー英語版によるワシントンリポートまたは解説も同様だった。

現存する最も初期のカラービデオテープは、1958年5月22日のWRC-TVのワシントンスタジオの献身的な記録である。ドワイト・D・アイゼンハワー大統領(当時)がイベントで講演したように、NBC社長のロバート・W・サーノフが紹介した。アイゼンハワーが話す前に、サーノフはボタンをオンにし、それによって、白黒の信号がカラーに変換された。また、アメリカ大統領がカラーでビデオ撮影されたのはこれが初めてだった[8][9]

開局の時点で、チャンネル4はワシントンにある2つの完全ネットワーク所有の放送局の1つであり、もう1つはデュモン・テレビジョン・ネットワーク英語版のWTTGだった。デュモンは1956年に閉局され、その後30年間、WRC-TVはワシントンで唯一のネットワーク直営の放送局だった。

1958年から2020年にかけて、ネブラスカ・アベニューの施設が開設されてから、WRC-TVはNBCニュースのワシントン支局を収容し、そこから政治討論番組『ミート・ザ・プレス』が開始された[10][11]2021年1月、NBCニュースは支局をキャピトル・ヒル英語版Capitol Hill)の近くに移転した[12]

テレムンド系列編集

2017年9月、NBCは、WRC-TVをベースにした新しいテレムンドが直営する放送局を立ち上げることを発表した。ワシントンD.C.の既存のテレムンド系列局であるWZDC-CD英語版(チャンネル25)の所有者であるZGSコミュニケーションズ英語版は、連邦通信委員会(FCC)の2017〜2018年インセンティブ・オークション英語版で同局のチャンネル割り当てを売却し、信号をオフにして別の放送局のチャンネルを共有することで運用を継続するために6,600万ドルの支払いを受け入れた。テレムンドのスポークスマンは、WZDC-CDのスペクトルの売却により、その意味を詳しく説明することなく、「この市場のテレムンドの提携を取り戻すことができるようになった」と述べた[13][14][15]。NBCは後に、チャンネル共有契約を通じて無線信号をWRC-TVの信号に移動することを目的としてWZDC-CDを買収した[16]

NBCは2018年1月1日にWZDC-CDを管理し、WRC-TVのデジタルサブチャンネル4.3に一時的なリレーを追加した[17]。チャンネル共有契約は同年3月7日に発効した[18]。契約に基づき、WZDCはサブチャンネルと同様にWRC-TVの物理信号を共有するが、信号のその部分を制御し、独自の仮想チャンネル番号とライセンスを保持する。WZDCの仮想チャンネルは25.1から44.1に変更され、仮想チャネル25.1も占有するWDVM-TV英語版との競合を回避した[19]

脚注編集

  1. ^ Digital TV Market Listing for WRC”. RabbitEars.Info. 2017年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月26日閲覧。
  2. ^ “Digital Signal Sources”. The Washington Post. (2008年5月20日). オリジナルの2018年6月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180601144936/http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/graphic/2008/05/20/GR2008052000207.html?sid=ST2008051902978 
  3. ^ Whatever Happened To Channel 1?”. 2021年12月12日閲覧。
  4. ^ WRC-TV History Cards”. FCC CDBS. 2021年12月12日閲覧。
  5. ^ Staff (1942年7月27日). “Four FM Permits Cancelled by FCC”. Broadcasting: p. 18. https://www.americanradiohistory.com/Archive-BC/BC-1942/1942-07-27-BC.pdf 
  6. ^ "RCA replaces NBC in O&O calls." Broadcasting – Telecasting, October 4, 1954, pg. 78. [1][リンク切れ]
  7. ^ Sickels, Robert C. (Aug 8, 2013). 100 Entertainers Who Changed America: An Encyclopedia of Pop Culture Luminaries [2 volumes: An Encyclopedia of Pop Culture Luminaries]. ABC-CLIO. pp. 253–258. ISBN 978-1598848311. https://books.google.com/books?id=kXCjAQAAQBAJ&q=Rowlf+the+Dog+commercials+Purina+Dog+Chow&pg=PA254 2014年9月23日閲覧。 
  8. ^ RCA-NBC Firsts in Color Television”. 2006年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。
  9. ^ Eisenhower WRC-TV 1958 (oldest known colour videotaping)”. YouTube. 2015年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。
  10. ^ NBC News D.C. bureau moves out of longtime building, headed to new facility near Capitol” (英語). NewscastStudio. 2020年12月9日閲覧。
  11. ^ “NBC looking at studio space away from Nebraska Ave.” (英語). Politico. (2017年4月26日). https://www.politico.com/story/2017/04/26/playbook-nbc-news-washington-bureau-237617 
  12. ^ Werpin, Alex (2021年1月25日). “NBC News Officially Debuts New D.C. Studios Near Capitol Hill”. hollywoodreporter.com. The Hollywood Reporter. 2021年11月15日閲覧。
  13. ^ Diana Marszalek (2017年9月11日). “Telemundo Launching a Washington O&O in December”. Broadcasting & Cable (NewBay Media). オリジナルの2017年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170912022554/http://www.broadcastingcable.com/news/local-tv/telemundo-launching-washington-oo-december/168520 2017年9月12日閲覧。 
  14. ^ “NBCUniversal to launch Telemundo station”. Washington Business Journal (American City Business Journals). (2017年9月12日). オリジナルの2017年9月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170913231006/https://www.bizjournals.com/washington/news/2017/09/12/nbc-washington-to-launch-telemundo-station.html 2017年9月13日閲覧。 
  15. ^ Telemundo ends affiliate deal with ZGS to launch O&O in D.C.”. Media Moves (2017年9月11日). 2017年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月13日閲覧。
  16. ^ Miller, Mark K. (2017年12月4日). “NBCU Adding ZGS Stations To Telemundo” (英語). TVNewsCheck. オリジナルの2017年12月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171206074450/http://www.tvnewscheck.com/article/109362/nbcu-adding-zgs-stations-to-telemundo 2017年12月4日閲覧。 
  17. ^ Tsoflias Siegel, Stephanie (2018年2月1日). “Telemundo Completes Acquisition of ZGS Communications” (英語). TVSpy. オリジナルの2018年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180202071520/http://www.adweek.com/tvspy/telemundo-completes-acquisition-of-zgs-communications/199942 2018年2月1日閲覧。 
  18. ^ Suspension of Operations of a Digital Class A Station”. FCC LMS. 2018年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。
  19. ^ Cómo re-escanear tu TV para recibir Telemundo 44” (スペイン語). Telemundo Washington DC. 2018年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。

外部リンク編集