Wet Wet Wet(ウェット・ウェット・ウェット)は、スコットランドのクライドバンクで結成されたバンド。

Wet Wet Wet
Wetwetwet-montreux.jpg
Wet Wet Wet(1988年)
基本情報
出身地 スコットランドの旗 スコットランド クライドバンク
ジャンル
活動期間
レーベル
公式サイト Wet Wet Wet » Official Website
メンバー
  • グレアム・クラーク
  • トミー・カニンガム
  • ニール・ミッチェル
  • ケヴィン・シム
旧メンバー マーティ・ペロウ

概要編集

マーティ・ペロウ(ボーカル)、グレアム・クラーク(ギター)、トミー・カニンガム(ドラム)、ニール・ミッチェル(キーボード)によって結成された4人組バンド。

映画『フォー・ウェディング』のメイン・テーマ曲となった「愛にすべてを (Love Is All Around)」は、全英シングルチャート14週連続1位と当時の記録を更新した。

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『ポップド・イン・ソウルド・アウト』 - Popped In Souled Out (1987年)
  • 『メンフィス・セッション』 - The Memphis Sessions (1988年)
  • 『ホールディング・バック・ザ・リヴァー』 - Holding Back the River (1989年)
  • 『ハイ・オン・ザ・ハッピー・サイド』 - High on the Happy Side (1992年)
  • Cloak & Dagger (1992年)
  • 『ピクチャーズ』 - Picture This (1995年)
  • 『テン』 - 10 (1997年)
  • Timeless (2007年)
  • The Journey (2021年)

ライブ・アルバム編集

  • Wet Wet Wet: Live (1990年)
  • 『エンジェル・アイズ〜ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール』 - Live at the Royal Albert Hall (1993年)
  • Live – Volume One & Two: Mail on Sunday (2006年)

シングル編集

  • 「ウィッシング・アイ・ワズ・ラッキー」 - "Wishing I Was Lucky" (1987年)
  • "Sweet Little Mystery" (1987年)
  • 「エンジェル・アイズ」 - "Angel Eyes (Home and Away)" (1987年)
  • "Temptation" (1988年)
  • "With a Little Help from My Friends" (1988年)
  • 「スウィート・サレンダー」 - "Sweet Surrender" (1989年)
  • "Broke Away" (1989年)
  • "Hold Back the River" (1990年)
  • "Stay with Me Heartache (Can't Stand the Night)" (1990年)
  • 「メイク・イット・トゥナイト」 - "Make It Tonight" (1991年)
  • "Put the Light On" (1991年)
  • "Goodnight Girl" (1991年)
  • "More than Love" (1992年)
  • "Lip Service" (1992年)
  • "Blue for You" (live) / "This Time" (live) (1993年)
  • "Shed a Tear" (1993年)
  • "Cold Cold Heart" (1993年)
  • 「愛にすべてを」 - "Love Is All Around" (1994年)
  • 「グッドナイト・ガール'94」 - "Goodnight Girl '94" (1994年)
  • 「ジュリア・セズ」 - "Julia Says" (1995年)
  • 「フォーギヴ・ミー・ナウ」 - "Don't Want to Forgive Me Now" (1995年)
  • "Somewhere Somehow" (1995年)
  • "She's All on My Mind" (1995年)
  • 「モーニング」 - "Morning" (1996年)
  • "If I Never See You Again" (1997年)
  • "Strange" (1997年)
  • "Yesterday/Maybe I'm in Love" (1997年)
  • "All I Want" (2004年)
  • "Too Many People" (2007年)
  • "Weightless" (2008年)
  • "Step by Step" (2013年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Larkin, Colin, ed (2006). “Wet Wet Wet”. Encyclopedia of Popular Music (4th ed.). Oxford University Press. ISBN 978-0-19-531373-4 
  2. ^ “Wet Wet Wet: "We're all coming up to 50 now and no-one's died!"”. Cambridge News. (2014年7月31日). http://www.cambridge-news.co.uk/Whats-on-leisure/Choice/Wet-Wet-Wet-Were-all-coming-up-to-50-now-and-no-ones-died-20140731063635.htm 2022年1月29日閲覧。 
  3. ^ Wet Wet Wet tweet their thanks to Carlisle”. ITV News (2014年8月5日). 2022年1月29日閲覧。
  4. ^ a b c Lewis, Jonathan. Wet Wet Wet Biography, Songs, & Albums - オールミュージック. 2022年1月29日閲覧。