メインメニューを開く

あきれたあきれた大作戦』(原題:The In-Laws)は、1979年制作のアメリカ合衆国コメディ映画アーサー・ヒラー監督。

あきれたあきれた大作戦
The In-Laws
監督 アーサー・ヒラー
脚本 アンドリュー・バーグマン
製作 アーサー・ヒラー
ウィリアム・サックハイム
製作総指揮 アラン・アーキン
出演者 ピーター・フォーク
アラン・アーキン
音楽 ジョン・モリス
撮影 デヴィッド・M・ウォルシュ
編集 ロバート・スウィンク
製作会社 ワーナー・ブラザース
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年6月15日
日本の旗 1980年1月12日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $9,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$38,200,000[2]
テンプレートを表示

2003年リメイクされた(日本でのタイトルは『セイブ・ザ・ワールド』)。

目次

あらすじ編集

ワシントンD.C.にある財務省の印刷局から、ある一味がドル紙幣の原版を盗み出した。

数日後、ニューヨーク郊外にある歯科医を営むシェルドン・コーンペットは、自宅で娘バーバラの結婚相手トミー・リカルドの両親ヴィンスとジーンと初対面するが、実はこの2人こそ、例の原版を盗んだ一味のボスとその妻だった。

これをきっかけにシェルドンは、南米某国の独裁者まで巻き込んだ巨大な謀略に巻き込まれてしまうのだった。

キャスト編集

※()は日本語吹き替え(初回放送:テレビ朝日日曜洋画劇場1985年2月24日)

脚注編集

  1. ^ Box Office Information for The In-Laws. The Wrap. Retrieved April 4, 2013.
  2. ^ The In-Laws, Box Office Information”. The Numbers. 2012年9月27日閲覧。

外部リンク編集