メインメニューを開く

いつかA列車に乗って』(いつかえーとれいんにのって)は、2003年公開の日本のドラマ映画。

いつかA列車に乗って
監督 荒木とよひさ
脚本 灘千造(『たそがれ酒場』)
出演者 津川雅彦
加藤大治郎
真矢みき
栗山千明
峰岸徹
愛川欽也
渡辺匡
小林桂樹
音楽 三木たかし
撮影 岡雅一
編集 大畑英亮
製作会社 「いつかA列車に乗って」製作委員会
配給 シネマクロッキオ
公開 日本の旗 2003年12月20日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

1955年に公開された内田吐夢監督の『たそがれ酒場』のリメイク作品で、時代は現代に置き換えている。

テレサ・テン等の楽曲の作詞を手がけた作詞家荒木とよひさの初監督作品でもある。

2004年の第13回日本映画批評家大賞の監督賞と主演男優賞に本作の荒木とよひさと津川雅彦がそれぞれ受賞した[1]

渡辺匡が演じた江藤欽也の名は、本作で音楽監修ならびにテーマ曲の作曲を担当し、監督とテレサ・テンの数多くのヒット曲でコンビを組んだ、作曲家三木たかしの本名である。

キャッチコピーは、『人生は,忘れものをさがす旅』

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集