三木 たかし(みき たかし、1945年1月12日 - 2009年5月11日) は、日本作曲家。本名は渡邊 匡(わたなべ ただし)。歌手女優黛ジュン(本名: 渡邊順子)は実妹にあたる。

三木 たかし
出生名 渡邊 匡(わたなべ ただし)[1]
生誕 1945年1月12日
日本の旗 日本 東京都
死没 (2009-05-11) 2009年5月11日(64歳没)
日本の旗 日本 岡山県岡山市
ジャンル 演歌
歌謡曲
ポップス
アニメソング
職業 作曲家
活動期間 1967年 - 2009年

人物編集

  • 1945年1月12日東京都生まれ。貧困家庭に育ち、借金取りが訪れると妹と押入れに籠もり、紙で書いた鍵盤をひいて遊んでいたという。「さくらの唄」 (唄・美空ひばり)を10代で作っている。
  • 1960年代半ばごろに歌手を志して作曲家船村徹に弟子入りするも、船村から「君は作曲家の方が向いている」と言われ方向転換する。
  • 2006年、下咽頭がんで声帯の一部を切除、その後声を失ってしまう[1]
  • 2009年1月13日、「NHK歌謡コンサート」で実妹・黛ジュンと30年ぶりに兄妹出演を果たした。自身作曲の「さくらの花よ 泣きなさい」を黛が歌唱しその後ろで三木がギター伴奏を披露したが、これが三木の生涯最後のテレビ出演となった。

主な作品 (アーティスト名順)編集

あ行編集

  • 石原裕次郎
    • ひとりのクラブ (渡辺たかし名義・編曲。作詞: なかにし礼)
    • 昭和たずねびと (作詞: 杉紀彦)
    • 忘れた虹 (作詞: 山上路夫)
    • 嘆きのメロディー(作詞:荒木とよひさ)
  • 泉アキ
    • 恋はハートで (作詞: なかにし礼)
    • あなただけみつめて (作詞: 並木六郎)
    • 恋の砂浜 (作詞: なかにし礼)
    • ハートは泣いている (作詞: なかにし礼)
    • 燃える年頃 (作詞: なかにし礼)
  • 五木ひろし
  • 伊藤かずえ
    • 哀愁プロフィール (作詞: 荒木とよひさ)
    • 風と光のスニーカー (作詞: 荒木とよひさ)
    • エンドレス・サマー (作詞: 荒木とよひさ)
  • 伊藤咲子
    • 木枯しの二人 (作詞: 阿久悠)
    • 青い麦 (作詞: 阿久悠)
    • 乙女のワルツ (作詞: 阿久悠)
    • 冬の星 (作詞: 阿久悠)
    • きみ可愛いね (作詞: 阿久悠)
    • いい娘に逢ったらドキッ (作詞: 阿久悠)
    • 想い出のセンチメンタル・シティ (作詞: 阿久悠)
    • 青い鳥逃げても (作詞: 阿久悠)
    • 愛のシルフィー (作詞: 阿久悠)
    • 何が私に起こったか (作詞: 阿久悠)
  • 糸川蛍子
    • 夜明けの仲間たち (作詞: 山川啓介、TBSラジオ『歌うヘッドライト』エンディングテーマ・初代)
  • 岩井小百合
  • 岩崎宏美
  • 岡崎友紀
    • 愛々時代 (作詞: 阿久悠)
    • 北上川 (作詞: 阿久悠)
  • 小田陽子
    • わかれの手紙 (作詞: 阿久悠)

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や行以降編集

その他編集

受賞歴編集

テレビ出演編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b c “三木たかしさん死去、昭和の音楽界をリード”. 日刊スポーツ. (2009年5月12日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20090512-493256.html 2015年10月11日閲覧。